降谷建志「ワンダーラスト」歌詞の意味(解釈)とは?

映画

降谷建志さんの「ワンダーラスト」の歌詞の意味を考察していきます。

降谷建志さんの「ワンダーラスト」はどのような曲なのでしょうか。

降谷建志「ワンダーラスト」歌詞

焼き付いて離れないんだよ
赤く腫らした傷が
あの日交わしたキスが
振り切って駆けてくんだ
見たこもないもの眺めたいんだよ

どうしたってここにはいられないなら 走れ先へ

Oh no one can stay this moment
そう今日が叫ぶ声
僕は向こうへ

そっと掛け違うように 君を忘れてく
それと同時に月を 君に尋ねてく

きっとキリがいないほどの
夜が剥がれてく
それと同時に次を
僕は重ねてく

ほら春の終わり 
ワンダーラスト
Oh ワンダーラスト

みぞおちに残る痛みも
希望の日に注ぐ光も
今現在を彩る旅の果て
走れ先へ

Oh no one of them this story
So 今日が小説のように
僕は無謀に

そっと掛け違うように 日々を忘れていく
それと同時に月を君に尋ねてく

きっとキリがないほどの
夜が剥がれてく
それと同時に次を僕は重ねてく
You are right 春が終わり 
ワンダーラスト
きっとそれで良いんだよ

もどかしいくらいに求めようとして
もどかしいくらいに求めようとして

もっと遠くへ ずっと遠くへ行こう
春が待つ
ワンダーラスト

(公開されたものを耳コピしたものです。)

降谷建志「ワンダーラスト」歌詞の意味考察

“焼き付いて離れないんだよ
赤く腫らした傷が
あの日交わしたキスが
振り切って駆けてくんだ
見たこもないもの眺めたいんだよ”

青春を思い出しているのかも知れません。

まだまだ先へ駆け出していきたいのです。

あの日見た青春をまた感じたいのです。

“どうしたってここにはいられないなら 走れ先へ”

時は流れていくので、全力で駆けぬけようと言っている気がします。

”Oh no one can stay this moment
そう今日が叫ぶ声
僕は向こうへ”

誰もここには留まれれないので、どうせならもっと先へ行こうと言っているのではないでしょうか。

“そっと掛け違うように 君を忘れてく
それと同時に月を 君に尋ねてく”

君を忘れたいけど、また君を求めてしまうと言っているのかも知れません。

違う君を求めてしまうのです。

“きっとキリがいないほどの
夜が剥がれてく
それと同時に次を
僕は重ねてく”

君がいない世界を生きていくのだけれど、僕は気にせず駆けていくと言っているのではないでしょうか。

どんなに辛いことがあっても、止まらず駆け抜けていくのです。

“ほら春の終わり 
ワンダーラスト
Oh ワンダーラスト”

ワンダーラストとは放浪癖のことです。

春は終わり季節は流れていくのです。

ずっと駆け抜けていたいという気持ちを伝えているのかも知れません。

“みぞおちに残る痛みも
希望の日に注ぐ光も
今現在を彩る旅の果て
走れ先へ”

まだ深く残る痛みがあるけれど、希望が待っていると言っています。

走り続けなければ、話は続かないのです。

“Oh no one of them this story
So 今日が小説のように
僕は無謀に”

あなたの人生はいくつかある中の一つの物語なのかも知れません。

今日は小説の物語のようなものなのです。

今日を進むことで新しい物語が続いていくのです。

“きっとキリがないほどの
夜が剥がれてく
それと同時に次を僕は重ねてく
You are right 春が終わり 
ワンダーラスト
きっとそれで良いんだよ”

君と別れたからと言って、悲しい思いを引きずるのではなく動いていこうと、言ってくれている気がします。

どんなに辛いことがあっても、動き続ければ、また良いことがやってくるのです。

“もどかしいくらいに求めようとして
もどかしいくらいに求めようとして”

もどかしいとは思うようにならずいらだたしいという意味です。

うまくいかないからといって、一つのことに執着してはいけないと言っているのではないでしょうか。

流動的に流れていくべきなのです。

何か一つにこだわることなく、どんどん次を求めていくべきだと言っている気がします。

この先に何が待ち受けているのかはわかりません。

悪いことがあっても、動いていればまた何かが始まるのです。

何が起きても進み続ければ状況は変わっていくのです。

PR

MV考察

周りのことなど気にせず、一瞬一瞬に集中しようと言っているのではないでしょうか。

その時に集中するのです。

1廟1秒に集中して、物事に取り組むのです。

相手がどんなに強くても、気にすることはありません。

一瞬一瞬に集中するのです。

そして状況を見極め、相手を研究するのです。

何があろうと諦めてはいけないのです。

何か打開策があるはずです。

何かの隙をついて挑めば、勝利が待っているかも知れません。

状況はいつでも変わっていくのです。

状況を変えるのは自分かも知れません。

難しそうなことでも、冷静に対処すれば、危機は切り抜けられるかも知れません。

状況が悪いからと言って、諦めてはいけないのです。

虹色デイズ

映画『虹色デイズ』は男子高校生4人の青春の日々を描いた物語です。