秦基博「鱗」歌詞の意味(解釈)とは?

秦基博さんの「鱗」の歌詞の意味を考察していきます。

秦基博さんの「鱗」はどのような曲なのでしょうか。

秦基博「鱗」歌詞

作詞:秦基博
作曲:秦基博

少し伸びた前髪を かき上げた その先に見えた
緑がかった君の瞳に 映り込んだ 僕は魚

いろんな言い訳で着飾って 仕方ないと笑っていた
傷付くよりは まだ その方がいいように思えて

夏の風が 君をどこか 遠くへと 奪っていく
言い出せずにいた想いを ねぇ 届けなくちゃ
君を失いたくないんだ

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

季節の変り目は 曖昧で 気づいたら すぐ過ぎ去ってしまうよ
まだ何ひとつも 君に伝えきれてないのに

夏の風に 君を呼ぶ 渇いた声 消されぬように
あふれそうな この想いを もう ちぎれそうなくらい
叫んでみるんだ

君に今 伝えたくて 歌ってるよ
たとえ どんな明日が ほら 待っていても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ

秦基博「鱗」歌詞の意味考察

“少し伸びた前髪を かき上げた その先に見えた
緑がかった君の瞳に 映り込んだ 僕は魚”

君の瞳に映る僕は魚だと言っています。

どういう意味なのでしょうか。

“いろんな言い訳で着飾って 仕方ないと笑っていた
傷付くよりは まだ その方がいいように思えて”

言い訳を言ったり、どうしようもなかったんだと言って、自分のせいにするのを避けていたのかも知れません。

自分は傷つきたくないため、自分以外のせいにしていたのです。

“夏の風が 君をどこか 遠くへと 奪っていく
言い出せずにいた想いを ねぇ 届けなくちゃ
君を失いたくないんだ”

でも本当は君を失いたくないと、言わなければいけないと言っています。

本当の思いを伝えないければいけないのです。

“君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ”

本当は君に会いたいのです。

君に会ったせいで、自分が虚しくなっても構いません。

大事なのは今の思いだと言っている気がします。

自分を守るものなど脱ぎ捨てて、あなたに告白するのです。

“季節の変り目は 曖昧で 気づいたら すぐ過ぎ去ってしまうよ
まだ何ひとつも 君に伝えきれてないのに”

想いを伝えなければ、時間だけがどんどん過ぎてしまいます。

やらなければならないこと、やるべきことを後回しにしてしまうのです。

“夏の風に 君を呼ぶ 渇いた声 消されぬように
あふれそうな この想いを もう ちぎれそうなくらい
叫んでみるんだ”

真剣な想いは伝わります。

真実の愛は伝わるのです。

一生懸命向けた君への思いは、必ずその人の心に突き刺さるのです。

“君に今 伝えたくて 歌ってるよ
たとえ どんな明日が ほら 待っていても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ”

告白した後のことを考えていてはいけません。

自分を守ることも許されません。

今は自分の心に従って、思いの丈をぶつけるのです。

“君に今 会いたいんだ 会いに行くよ
たとえ どんな痛みが ほら 押し寄せても
鱗のように 身にまとったものは捨てて
泳いでいけ 君のもとへ 君のもとへ それでいいはずなんだ”

告白した後何があっても良いのです。

うまくいかなくても、やるべきことをやるのです。

その後に自分が傷つくとわかっていても、逃げてはいけないのです。

前に進んで、幸せを掴み取るのです。

もう感情は溢れかえっているのですから。

PR

MVのメッセージ

MVの冒頭に秦さんの想いが綴られています。

”今この不安の中にいる全ての皆さんに、少しでも元気になってもらえればという想いでこの歌を歌いました。

この歌が皆さんの中で、今日を、明日を信じて生きていく力に変わってくれることを、心から願います。”

「鱗」は恋の歌だと思っていましたが、やる前に諦めたりせず、怖じ気ずくことなく、前に進むことを説いている歌なのかも知れません。

自分のやりたいことをやるのです。

怖がってなどいないで、前に進むのです。

やろうとしていることで、自分に災難が降りかかるかも知れませんが、それを恐れていては良いことも掴めません。

明日を信じて、果敢にトライすることが重要なことなのではないでしょうか。

たとえ嫌なことがあったとしても、それがまた新たなるチャンスを呼ぶのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です