Mr.Children「足音 ~Be Strong」歌詞の意味(解釈)とは?

Mr.Children

Mr.Childrenの「足音 ~Be Strong」の歌詞の意味を考察していきます。

Mr.Childrenの「足音 ~Be Strong」はどのような曲なのでしょうか。

Mr.Children「足音 ~Be Strong」歌詞

作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

新しい靴を履いた日は それだけで世界が違って見えた
昨日までと違った自分の足音が どこか嬉しくて

あてもなく隣の町まで 何も考えずしばらく歩いて
「こんなことも最近はしてなかったな…」って ぼんやり思った

舗装された道を選んで歩いていくだけ
そんな日々
だけど もうやめたいんだ
今日はそんな気がしてる

夢見てた未来は
それほど離れちゃいない
また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ!
時には灯りのない
寂しい夜が来たって
この足音を聞いてる 誰かがきっといる

疲れて歩けないんなら 立ち止まってしがみついていれば
地球は回っていって きっといい方向へ 僕らを運んでくれる

どんな人にだって心折れそうな日はある
「もうダメだ」って思えてきても大丈夫
もっと強くなっていける

今という時代は
言うほど悪くはない
また一歩 次の一歩 靴紐を結び直して
喜びを分かち合い
弱さを補い合い
大切な誰かと歩いていけるなら

もう怖がんないで 怯まないで 失敗なんかしたっていい
拒まないで 歪めないで 巻き起こってる
すべてのことを真っ直ぐに受け止めたい

夢見てた未来は
それほど離れちゃいない
また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ!
例えば雨雲が
目の前を覆ったって
また日差しを探して歩き出そう
時には灯りのない
孤独な夜が来たって
この足音を聞いてる 誰かがきっといる

Mr.Children「足音 ~Be Strong」歌詞の意味考察

“新しい靴を履いた日は それだけで世界が違って見えた
昨日までと違った自分の足音が どこか嬉しくて”

新しいことに果敢にチャレンジした方がいいと、言っているのではないでしょうか。

自分のこれまでの成功に過信することなく、新しいことを試していくのです。

“あてもなく隣の町まで 何も考えずしばらく歩いて
「こんなことも最近はしてなかったな…」って ぼんやり思った”

何もできないときは、ただただ歩くだけでいいのかも知れません。

そんな忙しくない時間を過ごすことも重要なのです。

“舗装された道を選んで歩いていくだけ
そんな日々
だけど もうやめたいんだ
今日はそんな気がしてる”

皆が通ってきた絶対に安全なやり方をしていては、面白くないと言っている気がします。

危険でリスクがあることにチャレンジすることで、得られるものがあるのです。

“夢見てた未来は
それほど離れちゃいない
また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ!
時には灯りのない
寂しい夜が来たって
この足音を聞いてる 誰かがきっといる”

どんなことがあろうとも歩み続けるのです。

困難なことがあったとしても、辛いことがあったとしても、必ず光が待っています。

その努力は無駄にはなりません。

“疲れて歩けないんなら 立ち止まってしがみついていれば
地球は回っていって きっといい方向へ 僕らを運んでくれる”

時に自分を見失いそうになるくらい落ち込んでも、時間は動いていきます。

辛いことが多すぎて、自信をなくしてしまったときは少し休めばいいのです。

その間もあなたは生きているのです。

“どんな人にだって心折れそうな日はある
「もうダメだ」って思えてきても大丈夫
もっと強くなっていける”

辛いことがあったとしても、それはチャンスの始まりだと言っている気がします。

をれを乗り越えたとき、あなたは成長しているのです。

そんなあなたは今までのあなたよりも輝いています。

“今という時代は
言うほど悪くはない
また一歩 次の一歩 靴紐を結び直して
喜びを分かち合い
弱さを補い合い
大切な誰かと歩いていけるなら”

苦しいことがあったとしても、修正を繰り返しながら挑み続けるのです。

一人ではできないことでも、誰かと助け合いながら前に進むことができます。

“もう怖がんないで 怯まないで 失敗なんかしたっていい
拒まないで 歪めないで 巻き起こってる
すべてのことを真っ直ぐに受け止めたい”

辛いことがあっても、悲しいことがあったとしも、逃げることなく、真正面から受け止めることが大切だと言っている気がします。

誰かとともに受け止めるのです。

誠実にその状況を受け止めるのです。

決して逃げてはいけません。

その状況を乗り越えた時に、成長したあなたがいるのですから。

“夢見てた未来は
それほど離れちゃいない
また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ!
例えば雨雲が
目の前を覆ったって
また日差しを探して歩き出そう
時には灯りのない
孤独な夜が来たって
この足音を聞いてる 誰かがきっといる”

どんなに悲しいことが訪れたとしても、前を見て歩み続ければ、その困難を切り抜けた時に、誰かがあなたを出迎えてくれるはずです。

その先には素晴らしい未来が待っているのです。

PR

厳しいことの捉え方

普通は嫌なことは起きない方がいいと思うでしょう。

幸せなことばかりが起きればいいと思うのです。

しかし今までの人生の中で幸せなことばかりが続いたことはありません。

良いことがあれば必ず悪いことがあります。

それは変えることできません。

ですが、もしも悪いことが起きたとしても、それを良いことだと思えれば、全て良いことに変わると思います。

悪いことが起きたとしても、これを乗り越えれば自分は成長すると思えたら、悪いことも良いことになるのです。

そうすれば、何が起きても幸せなのかも知れません。