ジェジュン「Sign」歌詞の意味(解釈)とは?

ジェジュンさんの「Sign」の歌詞の意味を考察したいと思います。

ジェジュンさんの「Sign」はどのような曲なのでしょうか。

ジェジュン「Sign」歌詞

乾いた唇 そっと触れて
ためらう指先 月が見てる
声を封じた 二人きりの
最後の合図は 胸の奥に

目の前 崩れて行く
あの日々鮮やかなまま
時よ止まれ

Stay this time
Will you give me a sign tonight
I swear it’s true
I’ll show you my lasting love

この瞬間は一緒にいよう

今夜俺に合図をくれないか

これは真実だって誓う

これが最後の恋だよ

(後悔されたものを耳コピしたものです)

ジェジュン「Sign」歌詞の意味考察

”乾いた唇 そっと触れて
ためらう指先 月が見てる
声を封じた 二人きりの
最後の合図は 胸の奥に”

とても緊迫した状況が伝わってくる歌詞です。

なぜか乾いている唇に触れた指先がためらっているので、ドキドキしているようにも思えます。

それを見ているのは月のみなので、辺りに誰もいないことがわかります。

二人きりのはずなのに、声を交わさない二人の状況はどういうものなのでしょうか。

”目の前 崩れて行く
あの日々鮮やかなまま
時よ止まれ”

これは最後の瞬間なのでしょうか。

あの日々の時が止まって欲しいと言っています。

何があったのでしょうか。

”この瞬間は一緒にいよう
今夜俺に合図をくれないか
これは真実だって誓う
これが最後の恋だよ”

もうすぐ離れ離れになってしまいますが、二人は愛し合っているようです。

続きがとても気になります。

PR

MV考察

君がいなくなってしまったのかもしれません。

君が僕の前からいなくなってしまったのではないでしょうか。

それを後悔している曲だと思います。

燃え盛る炎の中に彼女が消えていくので、もしかすると死別したのかもしれません。

いなくなってしまった彼女へ向けたStayという言葉、Swear(誓う)という言葉がとても切なく悲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です