CHEMISTRY「Heaven Only Knows」歌詞の意味(解釈)とは?

CHEMISTRYの「Heaven Only Knows」の歌詞の意味を考察します。

CHEMISTRYの「Heaven Only Knows」はどのような曲なのでしょうか。

CHEMISTRY「Heaven Only Knows」歌詞

季節外れの花 風に揺れてる
二人過ごした最後の日のように

誰からも許される愛じゃなかった
あなたとのせいだ
誰よりも愛してた愛されていた
ただ若すぎた

Heaven only knows
あの愛を手放した後にも
いくつかの恋の真似事通り過ぎたけど

Heaven only knows
You are never know
探し続けている
身体中熱くしたあの季節の答えを
ずっと一人で

悲しみははいつでも遅れて気づく
あの頃はまだ知らなかったみたい
二人ならなんだって越えていけると
信じていたけど
何一つ変えられず
手も届かずに イラつくだけで

Heaven only knows
優しさを分け合えてたらきっと
まだ今も同じ景色を見ていたはずだよ

Heaven only knows
You are never know
忘れられずにいる
あなたとの青い約束 儚い誓いを
一つ残らず

幻でも構わないから
もう一度あの日へ(負けない)

Heaven only… Heaven only knows
あの愛を手放した後にも
いくつかの恋の真似事通り過ぎたけど

Heaven only knows
You are never know
探し続けている

身体中熱くしたあの季節の答えを
ずっと一人で

(公開されたものを耳コピしたものです)

CHEMISTRY「Heaven Only Knows」歌詞の意味考察

”季節外れの花 風に揺れてる
二人過ごした最後の日のように”

最後の夜は、場違いの二人がお互いに話すこともなく、ただ心を無くして揺れる花のように見えるのかもしれません。

今後もう会うことはないので、用がないはずなのに、これまでの関係が不器用に二人を惹きつけているのかもしれません。

”誰からも許される愛じゃなかった
あなたとのせいだ
誰よりも愛してた愛されていた
ただ若すぎた”

誰からも許される恋ではなかったと言っています。

もしかすると二人は外部から引き裂かれただけで、まだ愛し合っている可能性があります。

”Heaven only knows
あの愛を手放した後にも
いくつかの恋の真似事通り過ぎたけど”

天国だけが知っていると言っていますが、これはどういうことでしょうか。

天国でならば、君と一緒になれると言っているのでしょうか。

それとも本当は二人は結ばれるべきなのにと嘆いているのでしょうか。

あなたと別れた後の恋は、偽りの愛でしかなく、いつもあなたのことを胸に描いていたようです。

”Heaven only knows
You are never know
探し続けている
身体中熱くしたあの季節の答えを
ずっと一人で”

私はどうしてもあなたを忘れられないようです。

あの時どうすれば、二人は幸せでいられたのか、私はずっと悩んでいるのです。

あなたは忘れてくれていていいのかもしれません。

これは自分だけの問題なのです。

”悲しみははいつでも遅れて気づく
あの頃はまだ知らなかったみたい
二人ならなんだって越えていけると
信じていたけど
何一つ変えられず
手も届かずに イラつくだけで”

順調な時に気づかなかった数々の過ちが、今の私を締め付けているのかもしれません。

どうしても元に戻すことはでないことをわかっているのに、あなたのことを忘れることができないません。

愛し合う二人なら、必ず元に戻れると思っていたのに、そう考えていたのは私だけだったのかもしれません。

私はあなたをひどく傷つけていたのです。

そのことに気づくとすらなく。

”Heaven only knows
優しさを分け合えてたらきっと
まだ今も同じ景色を見ていたはずだよ”

愛をきちんと表現できていたら、二人はまだ一緒に暮らしていたかもしれません。

私に愛が足りなかったと嘆いているように思います。

”Heaven only knows
You are never know
忘れられずにいる
あなたとの青い約束 儚い誓いを
一つ残らず”

私はあなたと交わした誓いを今でも胸に刻んでいるのです。

しかしそれはなんとも脆く消えてしまいました。

誓いなど意味がありません。

本当は私が誓いを破ってしまったのではないでしょうか。

そんなものをいつまでも抱いていても意味がないのです。

”幻でも構わないから
もう一度あの日へ(負けない)”

もう一度あの日を取り戻したいと思うほど、あの日々を恋しく思っているのです。

そんなに後悔するほど取り戻したいものだったはずなのに、その幸せが続いてしまうと、ありがたさに気づかないのではないでしょうか。

この歌は失恋して嘆き続ける人の気持ちを描いた曲です。

Heavenとは自分の中に作ったあなたと結ばれる世界なのかもしれません。

それは幻想で、あなたの心には存在しないものです。

あなたと過ごした天国のような日々を、気づかないうちに壊していたのは私なのです。

もう何度も私はあなたを傷つけてしまっていたのではないでしょうか。

今頃後悔してももう遅いはずですが、どうしてもあの幸せな日々を忘れることはできないのです。

PR

MV考察

CHEMISTRYの二人は何度も同じ廊下を歩いています。

元に戻ることはできませんが、ホテルの廊下を歩くことを繰り返す世界に紛れ込んでしまいました。

もうどこにもあなたはいないのに、ずっと探しているのです。

過去に戻ることもできず、やり直すこともできないのに、何とか修復しようとしているのです。

それが何ともやるせなく悲しいMVとなっています。

失恋は人には耐え難い辛いことです。

誰もが心を乱し、壊れてしまうのです。

それは時しか解決できません。

今は苦しみを苦しみ抜くべきなのです。

前に進むためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です