THE SIXTH LIE「Hibana」歌詞の意味(解釈)とは?

THE SIXTH LIEの「Hibana」はアニメ『ゴールデンカムイ』のエンディングテーマ曲です。

THE SIXTH LIEの「Hibana」はどのような曲なのでしょうか。

THE SIXTH LIE「Hibana」歌詞

夜を刺す無数の遠吠えが
天を貫いた
僕らみんなたった一つの満月に
そうやって手を伸ばして

目的地の消された地図持って
燃える炎 交わし合って
荒れた未来図は 続いてるけど
痛みもぜんぶ受け取って
連れていくんだと 深く胸に誓って

ぶつかって 傷付いて
いつかまた ここに来るんだ
一切の現実も
燃え尽きれば美しい

駆け抜ける 白の世界で
迷いを捨てた火花が今、散った

遠くを見つめる瞳が
夜に輝いた
あの日から続く願いを
背負って生きたいだけ

一寸先が闇の中だって
見てる場所は ただ一点
儚ささえも強みになるけど
終わりはきっと突然に
やって来るんだと深く胸に刻んで

旅立って さまよって
いつかまた、ここに来るんだ
一切の現実も
燃え尽きれば美しい
今はまだ、終われないんだ

救いを求めて 呪われた運命を
僕ら受け入れて 走り続けていく
この指先まで染み渡った衝動を抱えて

過ぎ去った星達は
明日もまたそこにいるんだ
くすぶった感情の
煙は高く昇って

ぶつかって 傷付いて
いつかまた、ここに来るんだ
一切の現実も
燃え尽きれば美しい
駆け抜ける 白の世界で
迷いを捨てた火花が今、散った

THE SIXTH LIE「Hibana」歌詞の意味考察

”夜を刺す無数の遠吠えが
天を貫いた
僕らみんなたった一つの満月に
そうやって手を伸ばして”

犬の遠吠えは夜の雰囲気を一気に変える力があります。

月を見つめる視線にも、同じような力があると言っているのかもしれません。

それはおそらく、闇から希望を見出す心なのではないでしょうか。

”目的地の消された地図持って
燃える炎 交わし合って
荒れた未来図は 続いてるけど
痛みもぜんぶ受け取って
連れていくんだと 深く胸に誓って”

行きさきは判明していませんが、力を合わせて進んで行くのです。

困難なことがあったとしても、動じている暇などありません。

進むことしか許されないのです。

”ぶつかって 傷付いて
いつかまた ここに来るんだ
一切の現実も
燃え尽きれば美しい”

どんなことがあったとしても、帰るべき場所があると言っているのではないでしょうか。

現実がどんなに苦しくても、腹立たしいことがあったとしても、怒りが通り過ぎれば、また幸せはやってくるのです。

”駆け抜ける 白の世界で
迷いを捨てた火花が今、散った”

雪だらけの極寒の地だろうと、目的をきちんと胸に刻んでいれば、恐れるのものはないのです。

”遠くを見つめる瞳が
夜に輝いた
あの日から続く願いを
背負って生きたいだけ”

一度目的を決めたのであれば、最後までそれに挑戦し続けるべきなのです。

一切の妥協は許されません。

”一寸先が闇の中だって
見てる場所は ただ一点
儚ささえも強みになるけど
終わりはきっと突然に
やって来るんだと深く胸に刻んで”

儚いとは消えてなくなりやすい。もろくて長続きしないことをさします。

未来に困難な状況が待ち受けていようとも、目的がしっかりしていれば、迂回するわけにはいきません。

目的は達成されると信じ続けていれば、明日にでも終わる可能性はあるのです。

一見難しいように見えることでも、諦めさえしなければ、必ず手に入れることができるのです。

”旅立って さまよって
いつかまた、ここに来るんだ
一切の現実も
燃え尽きれば美しい
今はまだ、終われないんだ”

帰ってこられる場所があるから頑張れるのではないでしょうか。

家族や心地いい家があるのであれば、挑戦しないのは怠慢なのです。

何が何でも自分のすべきことを見つけて挑戦すればいいのです。

”救いを求めて 呪われた運命を
僕ら受け入れて 走り続けていく
この指先まで染み渡った衝動を抱えて”

状況がどんなに悪かろうとも、希望を忘れてはいけないのかもしれません。

希望さえあれば、状況は変えることができるのです。

”過ぎ去った星達は
明日もまたそこにいるんだ
くすぶった感情の
煙は高く昇って”

どんなことがあろうとも、希望は消えません。

あとはやる気の問題だと言ってくれている気がします。

”ぶつかって 傷付いて
いつかまた、ここに来るんだ
一切の現実も
燃え尽きれば美しい
駆け抜ける 白の世界で
迷いを捨てた火花が今、散った”

決意したのであれば、最後までやり遂げる必要があります。

どんなことがあろうとも、諦める理由にはなりません。

困難が待ち受けていようとも、信じてくれる人と帰る場所があるのであれば、挑み続けるべきなのです。

とても力強い歌詞となっています。

PR

THE SIXTH LIE

THE SIXTH LIE(ザ シクスライ)は2015年に結成されたSF的世界観が特徴の3人組バンドです。

2017年にはイギリス・フランス・ドイツ・カナダを回るツアーを開催したそうです。

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイはとても上質な物語です。

ゴールデンカムイ日露戦争の直後の世の中で、囚人たちに掘られた刺青の地図を頼りに、金塊のありかを目指して、奔走する主人公たちの物語です。

不死身の杉元と呼ばれた日露戦争の生き残り兵士と、アリシアというアイヌ人が力を合わせて、一攫千金を狙う物語は少しグロい部分もありますが、見応えのある大人のアニメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です