けやき坂46『期待していない自分』歌詞の意味(解釈)とは?

けやき坂46の「期待していない自分」のMVが公開されました。

けやき坂46の「期待していない自分」はどのような曲なのでしょうか。

けやき坂46「期待していない自分」歌詞

道の途中で躓いて
振り返ってみても何も無い
僅かな段差でも有れば
言い訳出来たのに

いつも僕だけ一人
上手くいかないのは何故
背中丸めて俯きながら
答えを探そうか

青空のせいじゃない
ずっと見上げてた訳じゃない
期待しないって事は
夢を捨てたって事じゃなくて
それでもまだ何か待ってる事

足下ずっと見ていれば
躓く事なんて無いだろう
景色を見ない人生は幸せなのかな

慎重に生きろなんて
大人達は言うけれど
行きたい方へ歩きたくなる
いけないことなのか

雨空は悪くない
傘で空が見えなかっただけ
その日の天気次第で
下を向いたり見上げてみたり
そんな落ち着かない青春よ

良い所何も無い
僕に何が出来るんだろ
誰よりも自分の事
分かってないんだ

青空のせいじゃない
ずっと見上げてた訳じゃない
期待しないって事は
夢を捨てたって事じゃなくて
それでもまだ何か待ってる事

けやき坂46「期待していない自分」歌詞の意味考察

”道の途中で躓いて
振り返ってみても何も無い
僅かな段差でも有れば
言い訳出来たのに”

何もないところで躓く自分がいたのかもしれません。

他の人なら躓かないようなところで躓いて、自分を惨めに思っているのでしょうか。

”いつも僕だけ一人
上手くいかないのは何故
背中丸めて俯きながら
答えを探そうか”

自分だけはなぜかうまくいかないようです。

何をやってもうまくいくことがないので、続かせることも困難です。

周りの人は皆順調にいっているように見えると、それが焦りになります。

自分はもしかしたらあほなのかもしれないと思ってしまったら大変です。

”青空のせいじゃない
ずっと見上げてた訳じゃない
期待しないって事は
夢を捨てたって事じゃなくて
それでもまだ何か待ってる事”

自分にはあまり期待しない方がいいと言っているのでしょうか。

そう思うことが、次の活力につながると言っている気がします。

何もうまくいくことがないのであれば、期待をしなければいいのです。

やってもうまくいかないことが普通だと思えばいいと言っている気がします。

別に何もできなくていいのです。

なぜなら何かに挑戦するだけでも、すごいことだからです。

”足下ずっと見ていれば
躓く事なんて無いだろう
景色を見ない人生は幸せなのかな”

躓かない方がかえって意味のない人生かもしれません。

いろんなことに手を出しているから、躓くのです。

でもそのほうが、成長できるんだと言ってくれている気がします。

”慎重に生きろなんて
大人達は言うけれど
行きたい方へ歩きたくなる
いけないことなのか”

失敗を恐れてはいけないのです。

失敗していいので、やりたいことをやるべきです。

やりたいことをやっていれば、人生は楽しくなります。

”雨空は悪くない
傘で空が見えなかっただけ
その日の天気次第で
下を向いたり見上げてみたり
そんな落ち着かない青春よ”

何かに挑戦していて、辛いことがあることは全然恥ずかしいことではないと言っています。

いろんな感情を経験して、大人になっていくのです。

”良い所何も無い
僕に何が出来るんだろ
誰よりも自分の事
分かってないんだ”

良いところが無いのは仕方がないことではないでしょうか。

何も良いところが無いから、今からそれを積み重ねていくのです。

”青空のせいじゃない
ずっと見上げてた訳じゃない
期待しないって事は
夢を捨てたって事じゃなくて
それでもまだ何か待ってる事”

今は何をやってもうまくいかないのが正解だと思います。

何かをやっても、全然成果が出ないので、すぐに諦めてしまいます。

それで正解だと思います。

今は何が本当に面白いものなのか、選ぶ時期なのでは無いでしょうか。

初めからうまくいくようなものがあったとしたら、そんなにつまらないものはないと思います。

だとしたら、誰もやらないのではないでしょうか。

うまくいかないものだからこそ、やりがいがあるのです。

大事なことはあまり期待をせずに、やり続けることだと言っている気がします。

何か一つのことを見つけられたとしたら、あとは成果が出るまで挑戦するのです。

成果が出ないからといって、アホなのではないのです。

成果が出ないのが正解なのです。

MV考察

何かにもがく若者を表現しているように思います。

頑張ってはいるけれど、何も成し遂げられません。

大人になり始めた、子どもたちは大人と同じようにやってみても、バカにされてしまうのです。

一生懸命考えたことも、全然評価されなくて、自分には才能なんてないのではないかと思い、やめてしまいます。

別にそれで良いと思います。

それで止めるのであれば、初めからあなたにはその才能はなかったのです。

それでもやり続けてしまうものがあると思います。

そういうものは勝手に伸びていくのです。

2 thoughts on “けやき坂46『期待していない自分』歌詞の意味(解釈)とは?

  1. 足下ずっと見ていれば、躓くことなんてないだろう、景色を見ない人生は幸せなのかな、

    慎重に生きろなんて大人たちは言うけれど、行きたいほうへ歩きたくなる、いけないことか、
    一番心に残る歌詞であり、たくさんの人々に勇気を与える希望の言葉

  2. なにか自分だけにしかやれないこと、輝けるアイデンティティー俺だけが持ってない
    それさえ手に入れば胸が張れるのに一生懸命頑張ると誓うのに
    他の人が「どうしても君じゃなきゃ意味が無い、他の人には頼めない」と輝かしい誇れるミッションを
    もたらしてくれる奇跡、
    これをあてどもなく待っている状態
    しかし怠惰と断罪はできまい
    ナイーブな青年未満全般が、彼らの感受性最大限で痛いほど希求する
    普遍的な夢物語であるから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です