[ALEXANDROS]「KABUTO」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

[ALEXANDROS]の新曲「KABUTO」のMVが公開されました。

[ALEXANDROS]の新曲「KABUTO」はどのような曲なのでしょうか。

[ALEXANDROS]「KABUTO」歌詞

I wanna make you happy
But you say you don’t want me
Tell me how much you want it
I’m gonna make it, gonna make it

君を幸せにしたい

でも君は俺を好きじゃないみたいだ

どれくらいそうだと言っているんだ

俺は君をその気にさせるよ

 

I wanna make something
Get everything out of nothing
I put that inside your mouth
It means something, means something

何か作りたい

全てを無から作り出すんだ

俺は何かの意味をなすものを

君の与えるさ

 

It’s time to set a fire in you
Go as far as I can see to find what you’re into

君に火をつける時が来た

君が夢中になるものをどこまでも探しにいこう

 

I wanna make you happy
But you say you don’t want me
Tell me how much you want
And I’m gonna fake it, gonna fake it

君を幸せにしたいんだ

でも君は俺を欲しくないと言った

教えてくれ、それはどういう意味なんだ

知りたいんだよ

 

I’m gonna make something out of nothing
But I want everything
I’ll put that inside your mouth
And as you feel it, we’ll mean something to this world

何か欲しかったとしたら

俺は無から何かを作り出すよ

そして君に与えてあげる

そして君がこの世界に生きる意味を感じさせてあげるんだ

 

It’s time to set a fire in you
Go as far as I can see to find what you’re into
And now it’s time to set a fire in you
Go as far as I can see to find what you’re into

君に火をつける時間だ

君が気にいるものをなんだって探しにいこう

そう君は何か始めるべきなんだ

なんだって探しにいくよ

(公開されている部分を耳コピしたものです。)

PR

[ALEXANDROS]「KABUTO」歌詞の意味考察

”君を幸せにしたい
でも君は僕好きじゃないみたいだ
どれくらいそうだと言っているんだ
俺は君をその気にさせるよ”

君が自分を好きではないとわかっているようです。

それでも、君をその気にさせると言っているのです。

どうやってその気にさせるのでしょうか。

”何か作りたい
全てを無から作り出すんだ
俺は何かの意味をなすものを
君の与えるさ”

君をその気にさせるために、君にとって重要な何かを作り出して与えたいと言っています。

人をその気にさせるには、その人にとって必要なものを与えればいいと言っているのではないでしょうか。

”君に火をつける時が来た
君が夢中になるものをどこまでも探しにいこう”

もしも何が欲しいかわからないのであれば、欲しいものを探さないといけないと言っている気がします。

自分がしたいものが何なのかを探すことが重要だと言っているのではないでしょうか。

”君を幸せにしたいんだ
でも君は俺を欲しくないと言った
教えてくれ、それはどういう意味なんだ
知りたいんだよ”

好きな人をその気にさせるには、なぜ自分ではダメなのかを知る必要があると言っている気がします。

相手はどうして自分ではダメだと思っているのかを知るべきなのです。

それがわかれば、勝機があるかもしれません。

まずは相手のことをよく知る必要があると言っているようにも思えます。

”何か欲しかったとしたら
俺は無から何かを作り出すよ
そして君に与えてあげる
そして君がこの世界に生きる意味を感じさせてあげるんだ”

したいことが見つかったら、生きていると実感できると言っているのではないでしょうか。

それを探すためならば自分はなんでもすると言っているような気がします。

俺は君のためになることを何かしてあげたいのです。

”君に火をつける時間だ
君が気にいるものをなんだって探しにいこう
そう君は何か始めるべきなんだ
なんだって探しにいくよ”

好きになるということ、それは相手のために何かしてあげたいと思うことだと言っているのではないでしょうか。

好きな人を振り向かせるには、その人がしたいものが何なのかを洗い出し、それを一緒に見つけに行くことが重要だと言っている気がします。

誰でも生きがいとなるものを見つけたいと思っているのかもしれません。

それに協力してくれる人を求めているのです。

一緒に自分の将来を考えてくれるような人がいたとしたら、もしかしたらその人を好きになるかもしれないのです。

何かやりたいことを見つけるべきだとも言ってくれていようです。

そしてそれを一緒に探してくれる人や、一緒に実現しようとしてくれる人を大切にすべきだという意味かもしれません。

MV考察

自分のやりたいことを早く見つけて、それを習得しないと、もったいないと言っているような気がします。

音楽でも、バレエでもなんでもいいから自分が死ぬほど没頭できるものを見つけるべきなのです。

それを見つけたらあとはひたすらやり続けることで、とても有意義な時間を過ごせるのです。

One thought on “[ALEXANDROS]「KABUTO」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

  1. この考察素敵ですね、わかりやすかったです!
    歌詞カードに公式の和訳乗ってましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です