Nulbarich「Kiss You Back」歌詞の意味(解釈)とは?

Nulbarichの「Kiss You Back」とても良い歌です。

Nulbarichの「Kiss You Back」はどのような曲なのでしょうか。

Nulbarich「Kiss You Back」歌詞

Seven days in a week dream flies
叶わなかった
What I’ve been dreaming of
I was young

毎日夢を描いてる

(叶わなかった)

若い頃、夢みていたことを今でも目指してるんだ

過ぎ去ったmany nights
Still
そんな my way その真上から take my hand
Then
包み込むように paint my everyday and night

(過ぎ去った)幾夜も

まだ

(そんな)自分の道(その真上から)僕の手を取ってよ

そして

(包み込むように)毎日を描こう

You have whatever I want now
Baby, you never look down
例えこの空が falls down

君は僕が持っているものを全て持ってるじゃないか

下を見てはいけない

(例えこの空が)落ちようとも

Hey, you never say no
全てが終わろうとも
Tell me why are you so strong
君は笑ってtold me

ノーなんて言っちゃダメだ

(全てが終わろうとも)

なんで君はそんなに強いのか教えてくれないか

(君は笑って)教えてくれたんだ

I’m not strong
思い通りじゃboring
that’s what you were saying
I feel you

僕はそんなに強くない

(思い通りじゃ)退屈なんだ

君が言ったことを僕は思い出してる

When I reach to the blue sea
映し出すeverything
その笑みで
全部スマイルに
Just wanna stay cute

いつか青い海にたどり着いたら

(映し出す)全てを

(その笑みで)

(全部スマイルに)

いつも可愛い自分でいたいよ

The sun kisses you back
誰よりもdressing you
The sun shines for you now
そのままでいて
I’m into you

太陽はキスを返してくれるよ

(誰よりも)君を導いてる

太陽の光は君のためにあるんだよ

(そのままでいて)

僕は君の中にいるから

Light me up always
I don’t want you gone gone
I’m going home

いつも照らしてくれる

一緒にいたいんだ

だから帰るよ

もっとそばで
触れていたい your love

(もっとそばで)

触れていたい 君の愛に

I went out to explore the world
I’ve been going up the hill all day
凍えそうでも
You always warm me up

僕は世界を探しにいくんだ

いつも上を目指してる

(凍えそうでも)

君が僕を温めてくれるから

ねぇ今すぐ教えて
その目の奥の全て
I just want to know
目を逸らさないで
I found my story

(ねぇ今すぐ教えて

その目の奥の全て)

知りたいだけなんだ

(目を逸らさないで)

自分のやるべきことを見つけたんだ

The sun kisses you back
誰よりもdressing you
The sun shines for you now
そのままでいて
I’m into you

太陽はキスを返してくれるよ

(誰よりも)君を導いてる

太陽の光は君のためにあるんだよ

(そのままでいて)

僕は君の中にいるから

Light me up always
I don’t want you gone gone
I’m going home

いつも照らしてくれる

一緒にいたいんだ

だから帰るよ

もっとそばで
触れていたい your love

(もっとそばで)

触れていたい 君の愛に

(just spread the word)
どんな時もその smile いつも通り
(just spread the word)
Come and see there’s an angel floating softly

((世界を広げよう))

どんな時もその(笑顔)いつも通り

((世界を広げよう))

ほら天使がふわふわ飛んでるのが見えるだろう

The sun kisses you back
誰よりもdressing you
The sun shines for you now

太陽はキスを返してくれるよ

(誰よりも)君を導いてる

太陽の光は君のためにあるんだよ

The sun kisses you back
誰よりもdressing you
The sun shines for you now

太陽はキスを返してくれるよ

(誰よりも)君を導いてる

太陽の光は君のためにあるんだよ

そのままでいて
I’m into you

(そのままでいて)

僕は君の中にいるから

Light me up always
I don’t want you gone gone
I’m going home

いつも照らしてくれる

一緒にいたいんだ

だから帰るよ

もっとそばで
触れていたい your love

(もっとそばで)

触れていたい 君の愛に

PR

Nulbarich「Kiss You Back」歌詞の意味考察

”毎日夢を描いてる
(叶わなかった)
若い頃、夢みていたことを今でも目指してるんだ”

子どもの頃の夢をずっと追いかけていようと言ってくれているのではないでしょうか。

夢を追うことはとても大切なことなのです。

”(過ぎ去った)幾夜も
まだ
(そんな)自分の道(その真上から)僕の手を取ってよ
そして
(包み込むように)毎日を描こう”

誰かと一緒なら、高みを目指せるのではないでしょうか。

”君は僕が持っているものを全て持ってるじゃないか
下を見てはいけない
(例えこの空が)落ちようとも”

君は生きていられているんだから、なんだってできると言っています。

君にだってなんでもできるのです。

辛いからといって、行動しないならそれはもったいないのです。

何があっても動き出すことが、何より大切です。

”ノーなんて言っちゃダメだ
(全てが終わろうとも)
なんで君はそんなに強いのか教えてくれないか
(君は笑って)教えてくれたんだ”

最後まで諦めてはいけないと言っているのではないでしょうか。

笑うことが強さだと言っているのかもしれません。

どんなに悪口を言われても、笑顔でい続けるのです。

”僕はそんなに強くない
(思い通りじゃ)退屈なんだ
君が言ったことを僕は思い出してる”

予定通りに行くことの方が、危険だと言っているのかもしれません。

苦難が起きても解決するのです。

そうすれば、あなたにしか経験できなかったことを体験できるのではないでしょうか。

それがこれからの糧になるのです。

”いつか青い海にたどり着いたら
(映し出す)全てを
(その笑みで)
(全部スマイルに)
いつも可愛い自分でいたいよ”

苦難を乗り越えた先には、皆を笑顔にする力を得られるのです。

自分が成功したら、周りの人に幸せを与えたいと言っているのではないでしょうか。

それまでは可愛く生きるのです。

”太陽はキスを返してくれるよ
(誰よりも)君を導いてる
太陽の光は君のためにあるんだよ
(そのままでいて)
僕は君の中にいるから”

外には必ず太陽が昇っているのです。

太陽はいつもあなたを応援してくれています。

君が太陽に微笑みかけたら、笑顔を返してくれない日はないのです。

そしてこの歌も。

だからどんなことがあってもくじけないで欲しいのです。

”いつも照らしてくれる
一緒にいたいんだ
だから帰るよ
(もっとそばで)
触れていたい 君の愛に”

愛する人と一緒ならば、輝けるのかもしれません。

君も太陽と同じような存在なのです。

いつも一緒にいるのであれば、いい影響を与えられるよう努力したいです。

”僕は世界を探しにいくんだ
いつも上を目指してる
(凍えそうでも)
君が僕を温めてくれるから”

どんな時でも前に進むことを忘れてはいけません。

どんなことがあっても、一緒にいてくれる人がいるのですから。

”(ねぇ今すぐ教えて
その目の奥の全て)
知りたいだけなんだ
(目を逸らさないで)
自分のやるべきことを見つけたんだ”

自分のやるべきことを見つけたら、ひたすらやり続けて欲しいと言っています。

自分のやるべきことは自分が一番よく知っているのです。

”((世界を広げよう))
どんな時もその(笑顔)いつも通り
((世界を広げよう))
ほら天使がふわふわ飛んでるのが見えるだろう”

世界を広げることはできるようです。

想像するだけで可愛い天使は見えるのです。

そんな素敵な想像力で、人々はいい方向へ向かうことができるのではないでしょうか。

この歌はとてもかっこよく、可愛く、綺麗で、おしゃれで、素晴らしい言葉ばかりの最上級の曲だと思います。

この歌をいつも胸に置いていたいです。

Nulbarich

Nulbarich(ナルバリッチ)は2016年結成された五人組のバンドです。まだまだ経歴の浅いバンドですが、その圧倒的な才能はすでに怪物級ではないでしょうか。

その名前は「Null(ゼロ、形なく限りなく無の状態)」「but(しかし)」「Rich(祝福、満たされている)」をくっつけたもののようです。

名前すらとても深く素晴らしいです。

これから世界を牽引するバンドになると思います。

多くの人がこの方々の曲を聞けるようになることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です