WANIMA「Drive」歌詞の意味(解釈)とは?

WANIMA

WANIMAの「Drive」がiTunesランキングで上位にランクインしました。

WANIMAの「Drive」はどのような曲なのでしょうか。

WANIMA「Drive」歌詞

光る星を繋ぎ合わせ 夜を超え朝が来るまで
過ぎ去る昨日までを許して 今日は何処へ行こうか

情けない思いを燃やして
HEY 見えるように掲げて
HEY 踏み込んで曲がったコーナー
HEY 痛み 不安 恥 吹っ飛ばして

さらけ出して 轟かせて 驚かして
HEY 擦り減らしゴールまで
HEY ぬかるんだ ここが正念場
HEY 不可能を可能に変えて

誰も何も信じられなかった
殻にこもりスカしていた 後にも戻れなくて
絵に描いたような未来は真っ黒 真っ逆さま
何も手に入れてない 諦めた方が楽で…
今に見てろよってもう言い飽きた

くだらない毎日がただ通り過ぎて
宛のない思い 溜まって捨てた
苦しくて 悔しくて でも最後はきっと…
確かめてみたくて

駆け抜けて
追い続けた後ろ姿 目を逸らさず
はぐれないように手を伸ばした
遠く遠くよみがえる懐かしい声
あの日の笑ってる横顔
嘘も本当も溢れ出して掻き混ぜ

逃げ込んだ暗闇に弾かれ
戻らない日々をまた受け入れた
優しく強く 鮮やかに彩る 面影残して
ただ真っ直ぐ 陽はまたのぼり 胸を焦がした

あの頃がただ眩し過ぎて
やり場のない思い 黙っていれば…
あたりまえの幸せなんて 最初からずっと…
噛み締めてみたくて

駆け抜けて
追い続けた後ろ姿
目を逸らさず はぐれないように
手を伸ばした
遠く遠くよみがえる懐かしい声
今でも 数え切れない程
嘘も本当も溢れ出して掻き混ぜ

逃げ込んだ暗闇に弾かれ
戻らない日々をまた受け入れた
優しく強く 鮮やかに彩る 明日を信じて
ただ真っ直ぐ 息を切らし踏み出せば…

いつだって どこにいたって
だれだって なにをしたって
その時はやってくるから…
優しく強く 鮮やかに彩る 面影残して
ただ真っ直ぐ だからもうすぐ…
陽はまたのぼり 胸を焦がした

光る星を繋ぎ合わせ 夜を超え朝が来るまで
過ぎ去る昨日までを許して 今日は何処へ行こうか

足並みを揃え 眠らずに夢を見てる
人混みを掻き分け 思い描いて 朝から晩まで
誰もが口を揃え 無理だと言い聴かす
振り向かず駆け出せ 思い描いて 掴む幸せ

HEY 見えるように掲げて
HEY 踏み込んで曲がったコーナー
HEY 痛み 不安 恥 吹っ飛ばして
さらけ出して 轟かせて 驚かして

HEY 擦り減らしゴールまで
HEY ぬかるんだ ここが正念場
HEY 不可能を可能に変えて
雨あがり ほら 虹が架かっていた

PR
WANIMA「Drive」ジャケット写真

WANIMA「Drive」歌詞の意味考察

”光る星を繋ぎ合わせ 夜を超え朝が来るまで
過ぎ去る昨日までを許して 今日は何処へ行こうか”

希望を信じて苦しいことが続いたとしても、毎日明日を目指して乗り越えていこうと言っています。

どんなに辛いことがあったとしても、必ず朝はやってきます。

いいことは必ずやってくるのです。

だから大丈夫です。

”情けない思いを燃やして
HEY 見えるように掲げて
HEY 踏み込んで曲がったコーナー
HEY 痛み 不安 恥 吹っ飛ばして”

最後まで諦めないで、踏ん張って前に進もうと言っているのではないでしょうか。

痛みや不安や恥は前に進む時には必要ないのです。

”さらけ出して 轟かせて 驚かして
HEY 擦り減らしゴールまで
HEY ぬかるんだ ここが正念場
HEY 不可能を可能に変えて”

もうダメだと思ってしまった時が一番の踏ん張りどころなのかもしれません。

実はそこからがスタートなのです。

なぜならみんながそこで諦めるからです。

もうダメだと思えた時に、不可能が可能になるのかもしれません。

”誰も何も信じられなかった
殻にこもりスカしていた 後にも戻れなくて
絵に描いたような未来は真っ黒 真っ逆さま
何も手に入れてない 諦めた方が楽で…
今に見てろよってもう言い飽きた”

何をやってもうまくいかないことがあるのかもしれません。

そんな時はやる気を失い、何もする気が起きなくなるのではないでしょうか。

それでも過去に戻ることはできません。

いっそ諦めてしまった方が楽なほど、目の前の景色は暗いのです。

どんなに頑張っても、希望すら見えない時でも、諦めずに前に進みたいものです。

”くだらない毎日がただ通り過ぎて
宛のない思い 溜まって捨てた
苦しくて 悔しくて でも最後はきっと…
確かめてみたくて”

何度も諦めそうになったようです。

そんな時は時間だけが過ぎていきます。

怠けているわけではないのに、結果は出ません。

それが苦しくて悔しいけれど、いつも自分の才能を確かめたいという思いがあるのです。

自分だけは自分の才能を諦めたくないのです。

なぜなら自分の才能は自分が一番よく知っているからです。

”駆け抜けて
追い続けた後ろ姿 目を逸らさず
はぐれないように手を伸ばした
遠く遠くよみがえる懐かしい声
あの日の笑ってる横顔
嘘も本当も溢れ出して掻き混ぜ”

本当は夢を追い続けている自分が一番輝いていると言っているのではないでしょうか。

そんな自分が一番好きなのです。

どんなことがあっても、何かを諦める理由にはなりません。

何があっても前に進むことができれば、また状況は変わります。

”逃げ込んだ暗闇に弾かれ
戻らない日々をまた受け入れた
優しく強く 鮮やかに彩る 面影残して
ただ真っ直ぐ 陽はまたのぼり 胸を焦がした”

辛いことがあっても、自分は生きているのです。

朝日はまた登り、自分を輝かせてくれます。

辛いことがあっても、大丈夫です。

必ず自分を取り戻せる日がやってきます。

”あの頃がただ眩し過ぎて
やり場のない思い 黙っていれば…
あたりまえの幸せなんて 最初からずっと…
噛み締めてみたくて”

過去にうまく行っていたことがある人の話なのでしょうか。

今はあの時ほど幸せじゃないのです。

それが悔しいのかもしれません。

”駆け抜けて
追い続けた後ろ姿
目を逸らさず はぐれないように
手を伸ばした
遠く遠くよみがえる懐かしい声
今でも 数え切れない程
嘘も本当も溢れ出して掻き混ぜ

逃げ込んだ暗闇に弾かれ
戻らない日々をまた受け入れた
優しく強く 鮮やかに彩る 明日を信じて
ただ真っ直ぐ 息を切らし踏み出せば…”

どんなことがあっても、きっと光り輝く未来が待っています。

だからは今は前に踏み出すだけなのです。

”いつだって どこにいたって
だれだって なにをしたって
その時はやってくるから…
優しく強く 鮮やかに彩る 面影残して
ただ真っ直ぐ だからもうすぐ…
陽はまたのぼり 胸を焦がした”

何があっても、必ず楽しい日々がやってきます。

大丈夫です。

どんなに辛いことがあっても、悩む必要はありません。

必ず、いいことは後からたっぷり味わえるのですから。

”光る星を繋ぎ合わせ 夜を超え朝が来るまで
過ぎ去る昨日までを許して 今日は何処へ行こうか”

どんなに苦しい時でも、どこかに必ず希望は落ちてるはずなのです。

その光を手繰り寄せて、やがて光り輝く未来を手に入れるのです。

”足並みを揃え 眠らずに夢を見てる
人混みを掻き分け 思い描いて 朝から晩まで
誰もが口を揃え 無理だと言い聴かす
振り向かず駆け出せ 思い描いて 掴む幸せ”

周りの人みんなが無理だと言っても諦める理由にはなりません。

最後まで動き続ける人だけが成功します。

”HEY 見えるように掲げて
HEY 踏み込んで曲がったコーナー
HEY 痛み 不安 恥 吹っ飛ばして
さらけ出して 轟かせて 驚かして

HEY 擦り減らしゴールまで
HEY ぬかるんだ ここが正念場
HEY 不可能を可能に変えて
雨あがり ほら 虹が架かっていた”

きっととても辛いことがあったなら、明日は虹が見えるほど良いことがあるはずです。

悪いことはいつも終わるのです。

だから悪いことがあっても、何かを辞める理由にはなりません。

この歌はいつも駆け抜けることが大切だと言っている気がします。

人生にはいろんなことがあるのです。

もしかしたら悪いことの方が多いかもしれません。

でも悪いことが起きた時でも、前に進み続けることができれば、人生は必ず良い方向へ向かっていきます。

きっと大丈夫です。

また笑える日が必ずやってくるのですから。

映画『OVER DRIVE』【羽住英一郎監督監修スペシャルロングトレーラー】考察

この歌は兄弟の絆を描いた物語なのですね。

同じ方向を向いて、駆け抜けていく兄弟の絆を描いているのかもしれません。

”駆け抜けて
追い続けた後ろ姿 目を逸らさず
はぐれないように手を伸ばした
遠く遠くよみがえる懐かしい声
あの日の笑ってる横顔
嘘も本当も溢れ出して掻き混ぜ”

こちらは兄弟の子供の頃のことを言っているようです。

子供の頃はずっと兄の背中を追いかけていたのです。

それが楽しくて、嬉しくて。

でもいつからか、二人は別々の人生を歩むようになります。

大人になって、それぞれの気持ちができ始めるのです。

それでも兄弟で同じ方向を見続けることは、とても素晴らしことではないでしょうか。

兄弟だからこそ、言い合えることがあるのです。

そんな二人だからこそ、どんなことにも立ち向かえるのではないでしょうか。