『崖っぷちホテル』が教えてくれる教訓

ドラマ『崖っぷちホテル』は視聴率は芳しくありませんが、学ぶべきことがたくさんあります。

岩田剛典さん演じる宇海直哉という人物が一流の考え方を教えてくれるのです。

【1話教訓】やりたいことがあるならばやる

戸田恵梨香さん演じる副支配人はかつては一流ホテルだった【グランデ インヴルサ】を再び輝かせたいと思っていましたが、どうすればいいかわからずにいました。

それで自分は総支配人という仕事に向いていないのではないかと思い嘆くのです。

宇海さんは総支配人に「やりたいことがあるのなら、やればいいじゃないか」と言います。

その言葉を信じて、総支配人は宇海さんをスカウトします。

宇海さんは一流ホテルの偉い人です。

誰もがそんな無謀な依頼は無謀だと思うでしょう。

しかし総支配人は自分の本当の思いを打ち明けて、真剣に懇願したのです。

その言葉は宇海の心を動かし、副支配人と一緒に働くことに興味を抱く結果となりました。

ここで大事なことは「現実を見る前に、自分で勝手に判断してはいけない」ということではないかと思います。

周りの3流従業員たちは、総支配人が狂ってるのではないかと思っていましたが、宇海がその依頼を受けると驚いた顔をします。

もちろん現実ではこのようにうまくいかないかもしれませんが、誠意をもって訴えることで人の心は動くかもしれないと思うのです。

宇海は今にも潰れてしまいそうなホテル・グランデ インヴルサ(ボルトガル語で「大逆転」という意味)を復活させれば、まさに大逆転だと言ったのです。

面白そうだから引き受けるというのです。

ここにも現実にやってみないと、どうなるかわからないという意味が込められているように思います。

そして一流の人はできそうにないことを、可能に変えていくことに喜びを感じるのかもしれません。

【2話教訓】客を客を楽しませるために自分を信じてやり遂げる

宇海さんはケーキフェアにやってきた客がケーキを食べずに泣いてしまったのを見て、その原因を探るよう試みます。

普通ならば、そんなことは不可能だと思うでしょうが、復活を夢見る宇海は今までホテルに寄せられた手紙を片っ端から読み始めるのです。

徹夜しても見つかる保証はありません。

最後までやって見つからないことだってあるのです。

そんなリスクがあるにも関わらず、あれこれ考えず自分の信じたことをやり続けます。

これは行き先が見えない時でも、自分のことを信じてやり続けることが大切だと言っている気がしました。

その原動力となっているのが、お客さんを楽しませたい、感動させたいと心から思うからではないでしょうか。

宇海さんは客が喜んでくれることが、ホテルの評判をあげると知っていたのです。

そのためには自分のできることをやり遂げ、それがダメなら達成できるまでやり続けることが成功への近道だと教えてくれている気がするのです。

【3話教訓】客が何を欲しているのか見極める

3話では様々な客に関わることになります。

その中には仕事が大変で、子ども・裕司(田中奏生)をきちんと育てられない父親が登場します。

裕司は父親が忙しそうにしているのは自分を養うためだとわかっているため、なんとか父親のためになる料理を作りたいと思いシェフと一緒にディナーを作る企画に応募しました。

そんな裕司の気持ちにいち早く気づいた宇海は、彼に疲労回復効果の高い山菜をこっそり教えてあげるのです。

裕司は父親のために山菜の天ぷらを用意し、今までの感謝の気持ちを伝え、疲労回復効果が高い山菜の天ぷらだと告げるのです。

父親はとても感動し、涙を流しながらディナーを食べます。

裕司は他の企画で訪れていたビジネスマンが商談に失敗したことを知ったのか、その人にも山菜の天ぷらをお裾分けするのです。

この回で教えられたことは、客が何をしたいのかを見極めることが大切だということです。

裕司君がなんのために客になったのか、何を解決したかったのかを考えることで、最高のサービスを演出することができるのです。

大事なことは自身のお客さんが何をしにここへやってきているのかを考えることです。

そしてそれがわかったらその願いを叶えられるよう全力でサポートする。

これこそがビジネスを成功させるヒントとなるような気がしました。

【4話教訓】困ったらできることをできる限るする

この回では主力従業員が三人も辞めたいと言い出しました。

理由は近くに一流ホテルが立つからということでした。

これを受けて宇海がとった行動はとても大胆でした。

問題が起きた時に一番重要なことは、その問題は何をすれば解決するかと考えることです。

この場合は主力メンバーを引き止めることが一番重要だと思います。

一流ホテルが立つことは止められるわけがありません。

普通はそう考えるのが当たり前だと思います。

しかし宇海さんはホテルを建設することを考え直してもらうよう働きかけたのです。

もちろんドラマだからできたことかもしれませんが、現実でも誰もが目をつむるような動かし難いことでも、それが大きな原因であればそれに働きかけることも重要ではないかと思いました。

誰もが目を背ける所に実はチャンスが待っているのかもしれません。

そしてやめようとしている従業員がいたら、どうして辞めようとしているのかを考え、その原因をどうすれば解決できるのか考えることも重要なのです。

もう一つ、どんなに変わった人、変な人にでもきちんと誠意をもって対応していれば、後から良いことがやって来る可能性があります。

この考え方は偽善的に思えるかもしれませんが、結果的には誠意ある行動をしているので問題ないかと思います

もちろん誠意ある行動が実を結ばないことの方が多いかもしれません。

それでも日々謙虚な行動を心がけることで、運が舞い込みやすくなるように思います。

【5話教訓】大人が夢を叶えるためにはどうするか

宇海は子どもが夢を叶えるには自分の力を信じて前を向いて笑顔でいることが大切だと言いました。

大人が夢を叶えるには他人を信じて、頭を下げて笑顔でいることだと言っています。

どちらにせよ笑顔でいることが大切だと言っていました。

笑顔でいるとはどういうことでしょうか。

できないと思ったりせず、できると思えることなのではないでしょうか。

どんなことが起きたとしても、笑顔でいること、これがとても重要なのです。

夢を叶えるとは、諦めないことだと思っています。

それを実現するためには前に進むことが必要です。

そしてそれを実現させるためにはプライドを捨てて、様々な人に頼ることなのではないでしょうか。

夢は自分一人では叶えられないのです。

大事なことは謙虚な気持ちでいることでしょうか。

他人を信じるということがとても胸に刺さります。

私は今、人を信じることができなくなっています。

自分と考え方が違う人、思い通りにいかないことがあればすぐに悪口をいう人が周りにいてとても困っています。

正直そんな人たちに頭を下げることはできないと思っていました。

しかしそういう人たちとも協力することが大切だと言われている気がします。

人が夢を叶えるにはとても大きな心が必要だということかもしれません。

ドラマ詳細

ドラマ『崖っぷちホテル』はかつては一流ホテルだったグランデ インヴルサが今では最低の評判のホテルに変わっていました。

そこで働く従業員の大半が3流以下の仕事しかしていなかったからです。

そこへバリストンホテルという一流ホテルの偉い人・宇海(岩田剛典)が泊まりにきます。

彼はプールを使って各部屋にダイヤモンドのような輝きを放つ光を復活させることでこのホテルの素晴らしさを味わいました。

その行いによって、離れかけていた常連客の心を掴みます。

意思だけは一流の総支配人の訴えによって、一流のホテルマン宇海が副支配人に加わることになります。

さてこのホテルは彼が加入したことによってどこまで輝きを取り戻せるのでしょうか。

教訓を得られるドラマ

ドラマ『崖っぷちホテル』は視聴率こそあまりよくありませんが、人生においてとても大事なことを教えてくれる良いドラマだと思います。

最近思うのですが、視聴率はあまり当てにならないのではないでしょうか。

視聴率が悪くとも、一流のドラマはいくいらでもあるのです。

私はこのドラマを見る時間を何よりも大切にしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です