レン(楠木ともり) 「To see the future」歌詞の意味(解釈)とは?

アニメ

レン(楠木ともりさん) の「To see the future」がiTunesランキングで上位にランクインしました。

レン(楠木ともりさん) の「To see the future」はどのような曲なのでしょうか。

レン(楠木ともり) 「To see the future」歌詞

作詞:Jazzin’park(久保田真悟 & 栗原暁)
作曲:Jazzin’park(久保田真悟 & 栗原暁)

窮屈なリアル 息がつまる
逃げられない 毎日
居場所を探す 交差点
一歩 踏み出せたら…

或いは誰かに 期待しすぎかな?
確かめるように キミに触れた

なりたい自分も なれない自分も
必要とされるなら
力になる 生きてゆける

明けない夜は ないよ ないよ
だから You say“Good night”
朝の光が 光が 僕ら導くから
迷いも不安も この手の中に
目を閉じ To See the future

ガラス窓に ぶつかる
通り雨の 行き先
逃げ道だらけの 僕らを
連れてってくれないか

3つ数えたら 消えてしまうかな?
尋ねるように キミに触れた

なりたい自分も なれない自分も
受け入れられたとき
力になる 強くなれる

消せない傷は ないよ ないよ
だから You say“Good night”
月の光が 光が 優しくつつむから
悲しみも喜びも この手の中に
目を閉じ To see the future

不自由な僕たちは
なんだって 信じたくなるよ
いじわるな神様は
きっと全部知ってるんだろう

明けない夜は ないよ ないよ
だから I say“Good night”
朝の光が 光が 明日へ導くから
迷いも不安も この手の中に
おやすみ To See the future

To See the future

PR

レン(楠木ともり) 「To see the future」歌詞の意味考察

”窮屈なリアル 息がつまる
逃げられない 毎日
居場所を探す 交差点
一歩 踏み出せたら…”

ゲームの世界や映画の世界アニメの世界を見ていない時のリアルな世界では私たちは皆同じに見えます。

交差点で信号が変わるのを待つ私は横に並ぶ人と同じ景色のような存在だと思ってしまうことがあり、つまらなくなってしまいます。

でもそんな世界で一歩踏み出して、アニメの主人公のような人生を送れたらと思っているのかもしません。

アニメの主人公ならどんな時も、生きがいを感じ生きているように見えるからです。

”或いは誰かに 期待しすぎかな?
確かめるように キミに触れた”

ゲームに登場する魅力的なキャラクターは現実にはいません。

いるのは心に突き刺さることを平気で言う人たちばかりなのかもしれません。

そう考えてみると、空想の世界の方が数倍魅力に満ちているのです。

”なりたい自分も なれない自分も
必要とされるなら
力になる 生きてゆける”

そんな世の中で私のような人間も必要とされていると思えたら、やりがいも生きがいも、まとえるかもしれません。

しかし現実はそうではないと嘆いているのです。

”明けない夜は ないよ ないよ
だから You say“Good night”
朝の光が 光が 僕ら導くから
迷いも不安も この手の中に
目を閉じ To See the future”

それでも苦しい現実はいつか必ず晴れる時がやってきます。

面白くないリアルにも、必ず光り輝く彩り溢れる現実がやってくるのです。

だから現実もそんなに悪くありません。

大切なのはどう思いながら生きていくかです。

”ガラス窓に ぶつかる
通り雨の 行き先
逃げ道だらけの 僕らを
連れてってくれないか”

雨は空から降ってきて、水になって目の前から消えていきます。

それを見て僕らを連れていってしまってくれないかと思うほど、現実に嫌気がさしているようです。

”3つ数えたら 消えてしまうかな?
尋ねるように キミに触れた”

本当は心の中で、いつ消えてもいいと思っている自分がいるのです。

消えてなくなって、もっと面白いことが起きるならその方がいいのです。

”なりたい自分も なれない自分も
受け入れられたとき
力になる 強くなれる”

もしも自分をきちんと受け入れることができれば、その瞬間から世界は変わっていきます。

誰かに期待されても、それに応えなければいけない義務なんてはありません。

あなたはあなたです。

今はその程度の能力しかありません。

でも成長しないなんてことはあり得ないのです。

今できなくとも、必ずできるようになります。

そうやってできることを増やしていくのです。

大人であろうとも。

だから期待に応えられなくて、怖がって落ち込む必要なんてありません。

”消せない傷は ないよ ないよ
だから You say“Good night”
月の光が 光が 優しくつつむから
悲しみも喜びも この手の中に
目を閉じ To see the future”

傷つく日もあるでしょう。

自分のことを周りはどう見ているのか気になって苦しくなることもあります。

それはそれでいいのです。

でも大事なのはそれに囚われてはいけないと言う事です。

大事なことは未来をきちんと見続けることなのです。

過去ではなく未来に目を向けるのです。

未来には必ず今よりも成長したあなたがいるのです。

”不自由な僕たちは
なんだって 信じたくなるよ
いじわるな神様は
きっと全部知ってるんだろう”

この部分はどういうことを言っているのか分かりません。

不自由な僕たちとはどういう状況でしょうか。

もしかすると僕たちは何でもかんでも信じてしまうほどの能力しかないと、言っているのかもしれません。

なぜなら事実を検証しようとするにはお金もかかるし、普通の人よりも頭が良くなければならないからです。

そんなことのできない私たちは提示された情報を信じることしかできません。

それが正しい情報かどうかを確かめる術を持っていないので、また嘘を信じて不利益を被ることもあるかもしれません。

そんな私達を見て、神様は笑っているのでしょうか。

”明けない夜は ないよ ないよ
だから I say“Good night”
朝の光が 光が 明日へ導くから
迷いも不安も この手の中に
おやすみ To See the future

To See the future”

それでも苦しいことばかりが繰り返されるわけではないと言っています。

必ず映画を見たり、アニメを見たりできる時間がやってきます。

現実にだって嬉しいことが急に現れたりすることがあるのです。

明けない夜はないのですから、今日はとりあえず寝て、明日に期待するのです。

この歌は、現実がいかに殺伐としているかを訴えているようです。

しかしそれは考え方が原因である可能性もあるのです。

きちんとやるべきことを見つけられた人には、現実はアニメや映画よりも難しく、面白いものになるのです。

大丈夫です、あなたにもきっとやるべきことが訪れます。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインを見て

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」はとても面白いです。

映画「レディ・プレイヤー1」の設定と似ています。

VRゲームが浸透した世の中で、人々はゲームを楽しみながら、現実を味わうのです。

現実とゲームが逆転した世の中ではゲームの世界が現実のようです。

もしそうなったとしても、それがリアルになっていく気がするのです。

ゲームの中が現実になった時、それは面白いことばかりではないと気づくのです。

そう現実とはもしかすると苦しいことがあるから、リアルなのかもしれません。