Superfly「愛をこめて花束を」歌詞の意味(解釈)とは?

Superfly

Superflyさんの「愛をこめて花束を」はカラオケで人気です。

Superflyさんの「愛をこめて花束を」はどのような曲なのでしょうか。

Superfly「愛をこめて花束を」歌詞

作詞:越智志帆・多保孝一・いしわたり淳治
作曲:多保孝一

二人で写真を撮ろう 懐かしいこの景色と
あの日と同じポーズで おどけてみせて欲しい

見上げる空の青さを 気まぐれに雲は流れ
キレイなものは 遠くにあるからキレイなの

約束したとおりあなたと
ここに来られて本当に良かったわ
この込み上がる気持ちが 愛じゃないなら
何が愛かわからないほど

愛をこめて花束を 大袈裟だけど受け取って
理由なんて訊かないでよね
今だけすべて忘れて 笑わないで受けとめて
照れていないで

昨日とよく似た今日は 何気ない分かれ道を
分かって選びそびれた 臆病のせいでしょう

私は泣くのが得意で
最初から慰めを当てにしてたわ
何度も間違った道 選び続けて
正しく ここに戻って来たの

巡り巡る時を超え いつもあなたの所へと
この心 舞い戻ってゆく
無理に描く理想より 笑い合える今日の方が
ずっと幸せね

violet, indigo, black and blue
flame, yellow, purple, sky blue,
pink, yellow green, ash, brown……
あなたに贈る色は……?

巡り巡る時を超え いつもあなたの所へと
この心 舞い戻ってゆく
ありがとうも言い出せずに 甘えていた
今日ここへ来るまでは

愛をこめて花束を 大袈裟だけど受け取って
理由なんて訊かないでね
今だけすべて忘れて 笑わないで受けとめて
本当のわたしを

いつまでもそばにいて

PR

Superfly「愛をこめて花束を」歌詞の意味考察

”二人で写真を撮ろう 懐かしいこの景色と
あの日と同じポーズで おどけてみせて欲しい”

何かとても切なくなりますが、どういう意味でしょうか。

懐かしい場所へ久しぶりに二人はやってきたようです。

もうだいぶ月日が経っているのでしょう。

おどけるとはふざけるという意味です。

若い時みたいにふざけてみてと言っています。

このあと何が起きるのか気になります。

”見上げる空の青さを 気まぐれに雲は流れ
キレイなものは 遠くにあるからキレイなの”

この歌詞はとても意味深です。

キレイなものは遠くにあるからキレイだと言っています。

誰かが遠くに行ってしまうのでしょうか。

あるいは手の届かない美しい人のことを表現しているのでしょうか。

”約束したとおりあなたと
ここに来られて本当に良かったわ
この込み上がる気持ちが 愛じゃないなら
何が愛かわからないほど”

まだ彼女はあなたに愛を伝えていないのかもしれません。

これは友達とやってきた思い出の場所なのでしょうか。

彼女は今まで薄々彼への気持ちに気づいていましが、今やっと確信したようです。

なぜならあなたとここへきたことを、こんなに喜んでいる自分がいるからです。

私はあなたの楽しそうな姿を見て、可愛いとか抱きしめたいとかそういう気持ちになったのかもしれません。

”愛をこめて花束を 大袈裟だけど受け取って
理由なんて訊かないでよね
今だけすべて忘れて 笑わないで受けとめて
照れていないで”

私はあなたに花束をあげるけれど、その意味は伝えていないようです。

でもきっと真剣な顔で、あなたに渡しているのでしょう。

直接好きだなんて言えませんが、あなたに私が好きだとわかるようなヒントを見せるのです。

その時だけはどうか気づいて欲しいと言っています。

本当は花束をあげたわけではないのではないでしょうか。

あなたにサインを送ったのかもしれません。

心を込めた笑顔のような。

”昨日とよく似た今日は 何気ない分かれ道を
分かって選びそびれた 臆病のせいでしょう”

私は本当は自分の気持ちを伝えたいけれど、今日も想いを伝えることができませんでした。

それは私が臆病だからなのかと悩んでいます。

本当は私もあなたと一緒になりたいのに、なかなかそれが実現できなくて悩んでいます。

でもそれは彼が私の気持ちに気づいてくれていないからだという理由もあるでしょう。

もしかしたら彼は自分のことを好きではないからかもしれません。

でもなんとなく彼も私に興味があると思っているのではないでしょうか。

二人でどこかに出かけるほどの仲なのですから。

”私は泣くのが得意で
最初から慰めを当てにしてたわ
何度も間違った道 選び続けて
正しく ここに戻って来たの”

慰めとは苦しんでる人に優しい言葉をかけて気持ちを静めることです。

今までいろんな恋をしてきたようです。

でももう彼女の心は決まっています。

早く自分の心を癒して欲しいと言っているのかもしれません。

”巡り巡る時を超え いつもあなたの所へと
この心 舞い戻ってゆく
無理に描く理想より 笑い合える今日の方が
ずっと幸せね”

彼のことは昔から好きだったのだと思います。

だから思い出の場所へやってきて嬉しかったと冒頭で言ったのではないでしょうか。

彼のことを気になっているのはわかっていたけれど、彼はいつも私のことには興味がないような素振りを見せるのでしょうか。

もう彼女は彼以外の男性のことを、考えられなくなってしまったのかもしれません。

気持ちを伝えたいけれど、やっぱり自信がないようです。

でも今は一緒にいてくれるだけで、彼女は幸せなのです。

”violet, indigo, black and blue
flame, yellow, purple, sky blue,
pink, yellow green, ash, brown……
あなたに贈る色は……?”

あなたのことが好きすぎることを表現しているのでしょうか。

もう私の全てはあなたに向いていると言っている気がします。

どんな感情も全てあなたのものなのです。

”巡り巡る時を超え いつもあなたの所へと
この心 舞い戻ってゆく
ありがとうも言い出せずに 甘えていた
今日ここへ来るまでは”

今日まではあなたに甘えていたと言っています。

でもこれからは違うのです。

何か決意のようなものを感じます。

こんなに好きなのだから、もうあなたの心を待つのはやめて、あなたへ告白するのではないでしょうか。

もう後悔したくないのです。

これはあなたへの本当の愛なのではないです。

もし断られたとしても、本当の気持ちを真剣に伝えることができるので、きちんとした返事が返ってくるだけで嬉しいのかもしれません。

”愛をこめて花束を 大袈裟だけど受け取って
理由なんて訊かないでね
今だけすべて忘れて 笑わないで受けとめて
本当のわたしを”

彼女は彼女なりに想いを込めて花束を渡したようです。

もう結果など気にしないのかもしれません。

彼女は本当の愛をプレゼントしたのですから。

この歌は素直に好きだと言えない女性特有の告白の仕方を描いたのかもしれません。

男はちゃんと言葉に出してもらわなければ確信することができませんが、女性は直接声に出すことができないので、サインを出すのでしょうか。

そんなサインに男性は気づくべきなのです。

男が全然気づかなければ、時には女性も意を決して告白することがあります。

その告白は本気なのです。

それは本当の気持ちです。

なので、男性は女性から告白されたら、笑ったりせず真剣に応えるべきだと言っているのかもしれません。

MV考察

MVでは長年連れ添った夫婦の愛を再確認するような動画になっているようにも思えます。

あるいは小さな子どもたちの恋なのかもしれません。

愛は恋から生まれ、誰かに送るために咲きます。

その花は必ず誰かの元に咲くのです。

その愛はきちんと道を歩き、なすべきところへ向かうのかもしれません。

告白とは結果がどうなろうが関係のないものかもしれません。

伝えて咲き誇ることが重要なのです。