イルカ「なごり雪」歌詞の意味(解釈)とは?

イルカさんの「なごり雪」は不朽の名作です。

イルカさんの「なごり雪」はどのような曲なのでしょうか。

イルカ「なごり雪」歌詞

作詞:伊勢正三
作曲:伊勢正三

汽車を待つ君の横で
ぼくは時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる

「東京で見る雪はこれが最後ね」と
さみしそうに 君がつぶやく

なごり雪も 降る時を知り
ふざけすぎた 季節のあとで

今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった

動き始めた
汽車の窓に 顔をつけて
君は何か 言おうとしている

君の口びるが
「さようなら」と動くことが
こわくて 下を向いてた

時が行けば 幼い君も
大人になると 気づかないまま

今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった

君が去った ホームに残り
落ちてはとける 雪を見ていた

今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった

PR

イルカ「なごり雪」歌詞の意味考察

”汽車を待つ君の横で
ぼくは時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる”

いつ汽車が来てしまうか、ぼくはハラハラしながら時計を見ているのかもしれません。

君が旅立ってしまうことが、寂しいのに見ているのは君のことではなく時計なのです。

季節外れの雪は切なさを演出させるものではないでしょうか。

”「東京で見る雪はこれが最後ね」と
さみしそうに 君がつぶやく”

東京で見る雪が最後ということは、ぼくを見ることも最後だと言っているように聞こえます。

君はさみしそうにつぶやきました。

この時の君は何を思っていたのでしょうか。

つぶやくとはいえ、それがぼくにも聞こえています。

君はぼくにも聞こえるように言ったのかもしれません。

東京で見る雪がこれで最後になることを少しでも悔んでいたのでしょうか。

”なごり雪も 降る時を知り
ふざけすぎた 季節のあとで”

季節外れの雪が降る時を知りと言っているので、ぼくは雪が降ったことをプラスに捉えているようです。

ふざけすぎたとは冗談を言って戯れたりすることです。

季節とは二人の関係を言っているように思います。

二人はとても仲が良かったのに、今は温かい季節のはずの初春を冷たくさせる別れを経験しているのです。

”今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった”

別れの時、涙や苦しさなど言いたくなかったのではないでしょうか。

君はやっと訪れた春を迎えて、去年の春よりも大人になったと言っているのです。

去年より綺麗になって、それはとても晴れ晴れしい日なのです。

そこに涙など相応しくありません。

これは君の門出の日なのですから。

”動き始めた
汽車の窓に 顔をつけて
君は何か 言おうとしている

君の口びるが
「さようなら」と動くことが
こわくて 下を向いてた”

最後の時、本当は君の顔を見ていたかったのに、君の言う「さよなら」がぼくをどれだけ悲しませるかわからないので、見ることができなかったようです。

君がいなくなることはやっぱり辛いのです。

どんなに元気な姿を装っても、その現実を受け入れることはできません。

”時が行けば 幼い君も
大人になると 気づかないまま”

この部分でこれは親が娘を見送る歌ではないかと思いました。

幼い君とは親が口にする言葉ではないでしょうか。

娘がいなくなるのは辛いことです。

悲しいことです。

でもそれは彼女が大人になったということなのです。

引き止める親などいません。

”君が去った ホームに残り
落ちてはとける 雪を見ていた”

落ちてはとける雪は涙に似ています。

お父さんは一人駅のホームに残され、泣いていたのかもしれません。

もう娘の笑顔はそこにはないのです。

”今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっと きれいになった”

頑張ってほしい、君を育てたぼくはこの日のために、君を大切にしてきたのですから。

東京からの旅立ち

東京で見る雪が最後と言っているので、君は東京から出ていったようです。

東京から地方へ行くのか、海外へ向かうのでしょうか。

海外へ向かうから、もう雪を見るのが最後だと言っているのかもしれません。

これはなかなか会えなくなる彼女を見る最後の日だったのではないでしょうか。

東京で見る雪という言葉が、この別れの重さを物語っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です