『ラプラスの魔女』主題歌Alan Walker「Faded」歌詞(翻訳)の意味(解釈)とは?

映画

映画『ラプラスの魔女』の主題歌はAlan Walkerさんの「Faded」です。

Alan Walkerさんの「Faded」はどのような曲なのでしょうか。

Alan Walker「Faded」歌詞

You were the shadow to my light
Did you feel us
Another start
You fade away
Afraid our aim is out of sight
Wanna see us
Alive

君は私にとって影のような存在だった 私は光

君はそんなふうに思ってくれていただろうか

違うものが始まって君は消えていった

私たちの目標がなくなっていることを恐れているの

元気な二人を見たい

 

Where are you now
Where are you now
Where are you now
Was it all in my fantasy
Where are you now
Were you only imaginary

君は今どこにいるの

どこにいるの

どこへいった

それは全て私の妄想なの

どこにいるの

君は幻想なだけ

 

Where are you now
Atlantis
Under the sea
Under the sea
Where are you now
Another dream
The monsters running wild inside of me

君はどこにいるの

アトランティス

海の底の

海の底

今どこにいる

これは夢か

私の中で魔物が荒れ狂ってるの

 

I’m faded
I’m faded
So lost
I’m faded
I’m faded
So lost
I’m faded

いつもの自分じゃなくなって

どうしていいかわからないまま

すっかり自分を見失ってる

いつもの自分じゃなくなって

どうしていいかわからないまま

すっかり自分を見失ってる

 

These shallow waters, never met
What I needed
I’m letting go
A deeper dive
Eternal silence of the sea
I’m breathing
Alive

こんな浅瀬じゃ会えない

もっと深くに

行かないと

いけないの

海の静けさは

息ができるから

生きてると実感できる

 

Where are you now
Where are you now
Under the bright
But faded lights
You set my heart on fire
Where are you now
Where are you now

どこにいったの

どこにいるの

光はあるの

その光は消えかけている

君は私の心に火を点けた

どこにいるの

どこなの

 

Where are you now
Atlantis
Under the sea
Under the sea
Where are you now
Another dream
The monsters running wild inside of me

どこなの

アトランティス

海の底

海の底なの

どこなの

夢の中なの

私の中で魔物が走り回ってるわ

 

I’m faded
I’m faded
So lost
I’m faded
I’m faded
So lost
I’m faded

本当の自分がなくなってしまいそう

おかしくなっていく

もう失いそうなの

Faded 歌詞 © Warner/Chappell Music, Inc, Sony/ATV Music Publishing LLC, Kobalt Music Publishing Ltd.

PR

Alan Walker「Faded」歌詞の意味考察

”君は私にとって影のような存在だった 私は光
君はそんなふうに思ってくれていただろうか
違うものが始まって君は消えていった
私たちの目標がなくなっていることを恐れているの
元気な二人を見たい”

君は光と影のようにいつも一緒にいてくれる人だった。

そして君もそういうふうに思ってくれればいいと思っていたようです。

しかし違うものが始まって君は消えていきました。

いつしか二人に目標がなくなっていったようです。

活き活きしていた二人をもう一度見たいと思っているのに、それができないのでしょうか。

”君は今どこにいるの
どこにいるの
どこへいった
それは全て私の妄想なの
どこにいるの
君は幻想なだけ”

君はどこにいるのかと悲しく思っているようです。

君がどこにもいないので、もう本当は君は存在しなかったのではないかと思っています。

君のことをどうしても取り戻したいようです。

”君はどこにいるの
アトランティス
海の底の
海の底
今どこにいる
これは夢か
私の中で魔物が荒れ狂ってるの”

君を失って後悔していることを表現しているのかもしれません。

失ってみてはじめて君の大切さに気づいて、君に酷いことをしてしまったと嘆いている様子を表現しているようです。

”いつもの自分じゃなくなって
どうしていいかわからないまま
すっかり自分を見失ってる
いつもの自分じゃなくなって
どうしていいかわからないまま
すっかり自分を見失ってる”

君を失ってしまってもう何も手につかなくなってしまったようです。

”こんな浅瀬じゃ会えない
もっと深くに
行かないと
いけないの
海の静けさは
息ができるから
生きてると実感できる”

これはどういうことを伝えようとしているのでしょうか。

君のことをもっと真剣に考えないと、君が戻ってくるような言葉をかけられないと言っているのでしょうか。

君がいなくなった理由を、きちんと僕は理解していないと思っているのかもしれません。

君に戻ってきてもらうためには、君が考えていることをもっと深く考える必要があると思ってしまっているのです。

そんなことを波音を聞きながら一人で考えているのでしょうか。

”どこにいったの
どこにいるの
光はあるの
その光は消えかけている
君は私の心に火を点けた
どこにいるの
どこなの”

もうすでに君への思いも薄れてしまっていると言っているのかもしれません。

それでも今はどうしても君のことを考えてしまうのではないでしょうか。

この歌はいつも側にいてくれた人がどういうわけか、急にいなくなってしまったことが悲しくて書かれた歌かもしれません。

私はその原因が二人で追いかけていた目標がなくなってしまったことが原因だと思っているようですが。本当のところはどうだかわかりません。

新しい目標も訪れましたが、それには君は乗り気でなかったようです。

何か二人の中で、転機がありそれがきっかけで、君が離れていったのかもしれないのです。

ずっと一緒にいてくれた人です。

私はそんなにすぐに忘れることはできません。

どうしても今までの日々を取り戻したいから、必死で君の気持ちを考えようとしていますが、君は戻ってきてくれないののです。

一度壊れてしまった愛は簡単には取り戻せません。

とても悲しく切ない恋の歌です。

ラプラスの魔女

映画『ラプラスの魔女』は自然現象を操ることができないと犯すことが不可能な犯罪が2件連続して起きました。

その後、現れた広瀬すず演じる謎の少女は自然現象を予測してみせました。

彼女は事件の秘密を握る人物を追っていると言っています・・・。