THE RAMPAGE「Fandango」歌詞の意味(解釈)とは?

THE RAMPAGEの「Fandango」がMusic Stationで披露されます。

THE RAMPAGEの「Fandango」はどのような曲なのでしょうか。

THE RAMPAGE「Fandango」歌詞

We can get down oh baby
we can get down…
Shake it now! Shake it now! Shake it!

砂埃巻き上げ 踏み鳴らす Footwork
魂と魂が 出会い集う場所
肩越し手招く 意味深な熱視線が
乾いた心に 火をつけたなら

始めよう
自由に踊れ 自由に歌え Rock しな宴を
The Fandango
情熱の赤い絨毯の上 弾けるBlood & Wine
The Fandango
自由に踊れ 自由に歌え Rock しな宴を
The Fandango
燃え上がれ 灰になるまで
Shake it now! Shake it now! Shake it!

鮮やかに Do the Fandango (The Fandango)
縦横無尽に Do the Fandango (The Fandango)
魅せつけろ Do the Fandango (The Fandango)
フロアごと
Shake it now! Shake it now! Shake it!

INCREDIBLE
予想以上の騒動朝が来ても Still hot
THE RAMPAGE PHENOMENON
右脳左脳に本能 全身が騒ぎ Jump around
Shimmy shimmy ya Shimmy shimmy yeah
Day & Night
共にトリコロールの空をFly

Get ready Go get it
鳴らせ Rum-pum-pum-pum Party up!
Turn it up!

The time is now
自由に踊れ 自由に歌え Rock しな宴を
The Fandango
情熱の赤い絨毯の上 弾けるBlood & Wine
The Fandango
自由に踊れ 自由に歌え Rock しな宴を
The Fandango
燃え上がれ 灰になるまで
Shake it now! Shake it now! Shake it!

鮮やかにDo the Fandango (The Fandango)
縦横無尽にDo the Fandango (The Fandango)
魅せつけろDo the Fandango (The Fandango)
フロアごと
Shake it now! Shake it now! Shake it!

火をつけて Fandango
6packがドレスコード
自然とSweat透ける Skinny line
Blue MoonのLight 照らす VVIP

自由に踊れ 自由に歌涙 Rick しな宴を
The Fandangg
燃え上がれ 灰になるまで
Shake it now! Shake it now! Shake it!

鮮やかに Do the Fandango (The Fandango)
縦横無尽に Do the Fandango (The Fandango)
魅せつけろ Do the Fandango (The Fandango)
フロアごと
Shake it now! Shake it now! Shake it!

鮮やかに Do the Fandango (The Fandango)
縦横無尽に Do the Fandango (The Fandango)
魅せつけろ Do the Fandango (The Fandango)
フロアごと
Shake it now! Shake it now! Shake it!

PR

THE RAMPAGE「Fandango」歌詞の意味考察

”We can get down oh baby
we can get down…
Shake it now! Shake it now! Shake it!”

get down も shake it も踊るという意味です。

踊ろうよと誘っている感じだと思います。

”砂埃巻き上げ 踏み鳴らす Footwork
魂と魂が 出会い集う場所
肩越し手招く 意味深な熱視線が
乾いた心に 火をつけたなら”

ダンスホールは魂と魂が集う場所だと言っているようです。

ダンスをしにきている人は様々な思いを抱えているのです。

しかしそこでは魂をさらけ出しているので、素直な気持ち同士が触れ合っています。

そんな状況で人々は日常を忘れ、ストレスを発散しているのかもしれません。

”始めよう
自由に踊れ 自由に歌え Rock しな宴を
The Fandango
情熱の赤い絨毯の上 弾けるBlood & Wine
The Fandango
自由に踊れ 自由に歌え Rock しな宴を
The Fandango
燃え上がれ 灰になるまで
Shake it now! Shake it now! Shake it!”

Fandangoとはスペインの陽気な舞踏の一種です。

Fandangoに乗せて、陽気な気分で日常を忘れるまで、踊ろうと言っているのではないでしょうか。

踊りまくれば、嫌なことも全て忘れられるのかもしれません。

”鮮やかに Do the Fandango (The Fandango)
縦横無尽に Do the Fandango (The Fandango)
魅せつけろ Do the Fandango (The Fandango)
フロアごと
Shake it now! Shake it now! Shake it!”

鮮やかとは際立って目立つという意味です。

縦横無尽とは自由に思うがままにという意味です。

自分が主役だと言わんばかりに、ダンスを披露して、人目を気にせず自分の思うままに振る舞うのです。

そうすればフロア全体がダンスしているかのような、とても幸せな空間が演出できると言っているのではないでしょうか。

”INCREDIBLE
予想以上の騒動朝が来ても Still hot
THE RAMPAGE PHENOMENON
右脳左脳に本能 全身が騒ぎ Jump around
Shimmy shimmy ya Shimmy shimmy yeah
Day & Night
共にトリコロールの空をFly”

ダンスフロアで盛り上がれば、翌朝嫌なことがあってもストレスなんて感じないのです。

RAMPAGEは大暴れという意味です。

昨日の騒ぎはまだ自分をストレスレスにしてくれます。

shimmy は異常の振動を指します。

トリコロールは三つの色という意味です。

フランス国旗はこのトリコロールの配色を使用しています。

三つの色の空を舞おうというのは夕焼け、青空、曇り空、どんな時も共に駆け抜けようと言っているのかもしれません。

ダンスで盛り上がったら、翌日にどんなことが起きたとしても乗り越えられるのです。

”Get ready Go get it
鳴らせ Rum-pum-pum-pum Party up!
Turn it up!”

Get ready Go get itは手に入れようという意味です。

Rum-pum-pum-pumはレゲエでよく使用される用語です。

Turn it upは上げようという意味です。

何かを手に入れるために、レゲエの音楽を奏でて盛り上がろうと言っているのかもしれません。

”火をつけて Fandango
6packがドレスコード
自然とSweat透ける Skinny line
Blue MoonのLight 照らす VVIP”

VVIPは超重要人物という意味です。

ダンスフロアで気の向くままに踊れば、あなたは超重要人物なのです。

盛り上がれるだけ盛り上がれば、嫌なことも忘れられるのです。

この歌はどんな日も元気に駆け抜けるために、夜は日常を忘れてストレス発散することが重要だと言っているような気がします。

MV考察

中央に積まれているのは、PCなどのディスプレイです。

今はそんなものが全く機能していないのです。

なぜなら盛り上がっている時にはそんなものはゴミ同然だからかもしれません。

今はどんな仕事のタスクもコードも忘れて、弾けまくればいいと言っているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です