女王蜂「HALF」歌詞の意味(解釈)とは?

アニメ

女王蜂の「HALF」がiTunesランキングで上位にランクインしました。


女王蜂の「HALF」はどのような曲なのでしょうか。

女王蜂「HALF」歌詞

簡単な英語しかわかんない
踊るの大好き 健康第
憧れとコンプレックス 大渋滞
カーステでノリノリ カーストは飽き飽き

試されてる いつもいつでも
恵まれてるかどうかを
楽しくしていたい
泣きたくないから
問いただす 神様がいなくても

もうカッコつけてくしかないじゃん
そのまま このまま
降り注ぐひかり
ねえ半分なんて思ったことないぜ
このまま そのまま
突き進むひかり

意地悪なんかじゃ止まんない
笑わせたいのに 上手にできない
誰かのせいにはしたくないよ
生まれてみないから生まれてきただけ

新しい普通と幸せそんなに遠くはないでしょう
それでも今も誰かが 撃ち放つ悲しみと怒りの HALF

損をしたりちょっと辛いそんな日もあるけど
茨の道で花が咲くなら 絶対に逃せない

もうカッコつけてくしかないじゃん
そのまま このまま
降り注ぐひかり
ねえ半分なんて思ったことないぜ
このまま そのまま
突き進むひかり

PR

女王蜂「HALF」歌詞の意味考察

”簡単な英語しかわかんない
踊るの大好き 健康第一
憧れとコンプレックス 大渋滞
カーステでノリノリ カーストは飽き飽き”

これは若者を表現しているように思います。

色々と憧れているけれど、ちょっとしたことで拒絶反応を起こします。

そのくせ楽しいことが大好きで騒ぐのが好きなのです。

”試されてる いつもいつでも
恵まれてるかどうかを
楽しくしていたい
泣きたくないから
問いただす 神様がいなくても”

今の世の中は金持ちか金持ちじゃないか、容姿端麗かそうでないかなど、その人の境遇が人を見る上でとても重要になります。

なぜなら少しでも恵まれている人と知り合いになると、自分も自慢できるからかもしれません。

”もうカッコつけてくしかないじゃん
そのまま このまま
降り注ぐ光に
半分なんて思ったことないぜ
このまま そのまま
突き進むひかり”

自分の実力より自分を良く見せることでしか、自分を認めてもらうことができないと言っているのではないでしょうか。

しかしその半分も自分の実力はないのです。

それでも周りは止まってくれないので、突き進むまでです。

”意地悪なんかじゃ止まんない
笑わせたいのに 上手にできない
誰かのせいにはしたくないよ
生まれてみないから生まれてきただけ”

世の中には人のことを蹴落とそうと、嫌がらせをしてくる人が、思った以上にたくさんいます。

だからいい雰囲気に持っていきたいのに、腹が立つことばかりに飲まれてしまうのです。

それでも誰かのせいにするとすぐに批判の目にさらされます。

生まれたからには幸せになりたいのに、どうしてこんなに自分の幸せを阻害するものが、世の中には溢れているのかと嘆いているのかもしれません。

”新しい普通と幸せそんなに遠くはないでしょう
それでも今も誰かが 撃ち放つ悲しみと怒りの HALF”

普通のことができていることとそれに準ずる幸せをひしひしと感じている人がいれば、どこかに必ず苦しみを味わっている人がいるのです。

人生は幸せと苦しみが交互にやってくると言いたいのかもしれません。

”損をしたりちょっと辛いそんな日もあるけど
茨の道で花が咲くなら 絶対に逃せない”

たとえどんなに辛いことが続いたとしても、それがずっと続くことは絶対にないと言っています。

さらに辛い時にこそ、何か自分にとって大切なことが隠れているので、注意しなければならないのです。

”もうカッコつけてくしかないじゃん
そのまま このまま
降り注ぐひかりに
半分なんて思ったことないぜ
このまま そのまま
突き進むひかり”

辛かろうが楽しかろうが、毎日をがむしゃらに生きるべきなのです。

それが自分を成長させ、社会を前に進ませます。

楽しいことばかりをやっていてもいけません。

時には困難なことにわざと飛び込むことも必要なのです。

自分を成長させるためには、困難な状況でも楽しむことができる精神力を養うことも大切なのではないでしょうか。

女王蜂

女王蜂は4人組のロックバンドです。

2011年からデビューし、2018年に「HALF」がアニメ『東京喰種:re』のエンディングテーマに抜擢されました。

これからの活躍に期待です。