宇多田ヒカル新曲「初恋」歌詞の意味(解釈)とは?

ドラマ

宇多田ヒカルさんの新曲「初恋」が先行リリースされました。

宇多田ヒカルさんの新曲「初恋」はどのような曲なのでしょうか。

宇多田ヒカルさんの「初恋」歌詞

うるさいほどに高鳴る胸が
柄にもなくすくむ足が今
静かに頬をつたう涙が
私に知らせるこれが初恋か

I need you

人間なら誰しも当たり前に恋をするものだと
ずっと思っていた だけど
もしもあなたに出会わずにいたら
誰かにいつか こんな気持ちにさせられたとは
思えない

うるさいほどに高鳴る胸が
勝手に走り出す足が 今
確かに頬をつたう涙が
私に知らせる これが初恋と

I need you

どうしようもないことを
人のせいにしては 受け入れてる振りをしていたんだ
ずっと

もしもあなたに出会わずにいたら私は
ただ生きていたのかもしれない
生まれてきた意味も知らずに

言葉一つで傷つくようなやわな私を捧げたい今
二度と訪れない季節が終わりを告げようとしていた
不器用に

欲しいものが手の届くとこに見える
追わずにいられるわけがない
正しいのかなんて本当は誰も知らない

風に吹かれ震える梢が
日のさす方へと伸びていくわ
小さなことで喜び合えば
小さなことで傷つきもした
狂おしく高鳴る胸が
優しく肩を打つ雨が今
こらえても溢れる涙が
私に知らせるこれが初恋か

I need you

宇多田ヒカル「初恋」歌詞の意味考察

”うるさいほどに高鳴る胸が
柄にもなくすくむ足が今
静かに頬をつたう涙が
私に知らせるこれが初恋か

I need you”

胸がどうしようもないくらい高鳴り、経験したことのない不安を初めて経験します。

その全てを引き起こしているのが、一人の人だと知っています。

その人は私に涙さえ流させるのです。

どうして?

どうして、この人に私はこんなに動かされているのか。

“人間なら誰しも当たり前に恋をするものだと
ずっと思っていた だけど
もしもあなたに出会わずにいたら
誰かにいつか こんな気持ちにさせられたとは
思えない”

初恋の相手とは初めて恋を教えてくれる人です。

それは初めてなので、その前には味わったことのない感情です。

それはその後の恋とは違う、奇跡のような味わい深い感情だと言っているのではないでしょうか。

初恋はそれだけ特別なものなのです。

これはあなたにしか味わえなかった感情だと言っています。

”うるさいほどに高鳴る胸が
勝手に走り出す足が 今
確かに頬をつたう涙が
私に知らせる これが初恋と”

恋というものを初めて知った時の感情を様々な言葉で表現しています。

あの人のためなら、なぜか全力で走っているのです。

あの人を見たい、あの人を助けたい。

そう思えてしまうのが、恋だと言っているのかもしれません。

そしてあの人が元気だったなら、私は嬉しくて泣いてしまうのです。

これは宇多田さんの感受性でしか描けなかった言葉ではないでしょうか。

”どうしようもないことを
人のせいにしては 受け入れてる振りをしていたんだ
ずっと”

本当は全然共感できないことにも、共感している振りをずっとしていたのです。

これは偽りの自分を表現しているのです。

しかし初恋だけは完全に真からの自分の感情なのです。

”もしもあなたに出会わずにいたら私は
ただ生きていたのかもしれない
生まれてきた意味も知らずに”

こんな感情があったから、人生は楽しくて、生きていく活力がみなぎるのです。

これを知らなかったら生まれてきた意味すら知らないままだったと言っています。

恋とは人に生まれてきた意味を与えてくれるものなのだと、言っているのではないでしょうか。

”言葉一つで傷つくようなやわな私を捧げたい今
二度と訪れない季節が終わりを告げようとしていた
不器用に”

これはもしかすると初恋が敗れた時のことを言っているのかもしれません。

初恋は得てして叶わない方が多いのではないでしょうか。

それでも、私の全てでこの恋にぶつかりたいのです。

なぜなら生まれて初めての幸せな瞬間をあなたがくれるから。

”欲しいものが手の届くとこに見える
追わずにいられるわけがない
正しいのかなんて本当は誰も知らない”

あなたを好きな気持ちを表現しています。

あなたを手に入れたいと思うのは、当然のことです。

でももしかしたら相手は私を好きではないかもしれません。

想いを告げない状況で、告白をすることが正しいかなど、誰もわかるはずがないのです。

だから想いを伝えるのではないでしょうか。

”風に吹かれ震える梢が
日のさす方へと伸びていくわ
小さなことで喜び合えば
小さなことで傷つきもした
狂おしく高鳴る胸が
優しく肩を打つ雨が今
こらえても溢れる涙が
私に知らせるこれが初恋か

I need you”

梢は樹木の先の部分をさします。

迷わずに自分が幸せだと思える方へ進むべきだと言っている気がします。

相手を困らせるかもしれない、なら私も困ると思うなら告白するべきではないのです。

もし告白しても、自分が辛くなっても新しい未来が開けるから大丈夫だと思えたら告白するのです。

恋をしているとちょっとしたことでも嬉しくて、些細なことでも苦しくなると言っています。

恋とは生きていく中でそんなに特別で、儚いものなのかもしれません。

どんなに未来を不安がっても、恐怖が押し殺しそうになったとしても、それを突き破って出てくるのが、愛で恋なのです。

好きな人への気持ちは何よりも増しているのかも知れません。

もちろん相手のことを考えるのは重要なことです。

相手のことを考えた上で、相手が傷つかないのであれば、その気持ちをぶつけることも必要なのではないでしょうか。

今回の宇多田さんは全身全霊で恋する人がどんなふうになるのかを描いているのかもしれません。

PR

MV考察

私は何かに気づいたのかも知れません。

今まで信じていたものが、全てガラクタのように思えてきたのです。

だから、太陽の光に自分の手をあてて、影を作ったのです。

これは本当に手なのか。

今までの常識が崩れていきます。

風が花を揺らし、私の心も揺らしています。

それは老人であろうと、少女であろうと同じです。

風とは恋なのかも知れません。

風とは愛なのかも知れません。

風とは悲しみなのかも知れません。

人間は知りたいのです。

数々の本が本棚に並べられています。

世界の万物を知りたいように、あなたへの探究心が止まらなくなってしまったこと表現しているのではないでしょうか。

木はなぜ緑色をしていて、花はなぜ咲いているのか。

どうしてあの人に私は恋をしているのか。

こんなに知りたくて、落ち着かない感情ですが、一つ確かなことは、それがどうしようもなく心地いいということです。

希望に満ち、光がさし、恵が降ってくるのです。

恋はあらゆるものを生き返らせ、命を与えるものだと言っているのかも知れません。

「First Love」との違い

「初恋」と「First Love」が似ている気がします。

「First Love」は宇多田ヒカルさんが15〜6歳の時に書いた曲です。

「First Love」は初恋をしたけれど、告白して過去のものになった時点の曲です。

それでも彼女は初恋の相手をただ一つの存在だと言いました。

“I’ll remember to love
You taught me how
You are always gonna be the one”

「初恋」でも同じことを言っている気がします。

”もしもあなたに出会わずにいたら
誰かにいつか こんな気持ちにさせられたとは
思えない”

と言って、恋の気持ちを教えてくれたのはあなただと言っているのです。

「初恋」ではまだ告白をしていません。

「初恋」は人が愛するとどうなるか、そしてどうして告白をしてしまうのかを説いた曲ではないでしょうか。

15〜6歳の時に書かれた”初恋”の曲には、恋が敗れても関係ないわ。だってまだまだ恋があるものと、15〜6歳の時の顔とは思えない大人っぽい表情でMVに出演されていました。

20年経ち本当の大人になった宇多田さんはたくさんの恋を経験し、恋とは何かを書かれたのだと思います。

これから先、宇多田さんはどんな恋の歌を贈り出してくれるのでしょうか。

メロディ

この曲は”神秘的な””大切な”ものという感情が伝わってくるメロディとなっている気がします。

恋をする気持ちはとても神秘的で特別なものだと言っているのではないでしょうか。

宇多田さんのメロディは、そういう心情がきちんと伝わってくるところが稀有だと思います。

もしもあなたに出会わずにいたら〜から始まる部分では気持ちの高ぶりを表現して、次のうるさいほど〜から始まる一節でそれは神秘的なことだよと言ってくれている気がします。

後半の欲しいものが手の〜から始まる一説では気持ちの高ぶりを表現していますが、この部分では決意の感情の方が色濃く出ている気がします。

どうしてこんなにも感情をメロディに投影できるのでしょうか。

宇多田さんの才能に驚かされ、聴き入ってしまうのです。

まとめ

宇多田ヒカルさんの新曲はこれまで描かれてきたものとは違う、初恋(「First Love」以来二度目)をテーマにした歌でした。

少し可愛くて、恋の芯をつくような歌詞です。

メロディは単調でサビというものはないようにも思います。

宇多田さんにとっては固定的な音楽の決まりなど存在しないのかもしれません。

これは恋というものの記憶を辿って紡ぎ出した宇多田さんだからこそかけた感情の結晶ではないでしょうか。

彼女の才能をまた聴くことが出来てとても嬉しいです。

どうかこれからも素敵な歌を世に届けてください。

ありがとうございます。