GANGPARADE「GANG 2」歌詞の意味(解釈)とは?

歌詞考察

GANGPARADEの「GANG 2」のMVが公開されました。

GANGPARADEの「GANG 2」はどのような曲なのでしょうか。

GANGPARADE「GANG 2」歌詞

夢の続きが絡まってく
体に絡まってく
もうすぐ僕ら 動き出すさ

夢の可能性を図っていく
お願いだ 待っててよ
そうして馬鹿して後に戻れない

きっと諦められない

大なり小なりの 針の山
裸足でたったら 湧き出た涙が溢れ出すの
千の目 睨むとも
こうしたいのは 今だけ
もどかしい思い どうしよう

次第に挟まっていく
時代に挟まっていく
夜明けが僕ら 合図なんだ

夢の可能性 遠ざかっていく
お願いは 何度でも
済んだこと 悔やんで忘れはしない

ずっと諦められない
どうせと君 言うのなら愛せない
はみ出た分だけ 新たな続きが溢れ出すの
幾多のドラマから
選択を迫られて
もどかしい思い どうしよう

もどかしい思い 凭れた
明日の夕日が見れずに
そして祈りは壊れた
嫌!! 高みを目指して
否!! 諦めずともにいこう

どうせと君 言うのなら愛せない
はみ出た分だけ 新たな続きが溢れ出すの
幾多のドラマから
選択を迫られて
もどかしい思い どうしよう

大なり小なりの 針の山
裸足でたったら 湧き出た涙が溢れ出すの
千の目 睨むとも
こうしたいのは 今だけ
もどかしい思い どうしよう

GANGPARADE「GANG 2」歌詞の意味考察

”夢の続きが絡まってく
体に絡まってく
もうすぐ僕ら 動き出すさ”

どうしても夢を諦められない思いを、表現いているのではないでしょうか。

どんなに笑われても止まらない思いが、誰にでもあるのではないでしょうか。

他人の思いがどんなに下らなくても、笑うような人にはなりたくないです。

”夢の可能性を図っていく
お願いだ 待っててよ
そうして馬鹿して後に戻れない”

夢を持った時、本当にそれが叶うのか考えることがあります。

もしかしたら自分には実現できないかもしれないと思ったとして、それは諦める理由になるのでしょうか。

“きっと諦められない”

“大なり小なりの 針の山
裸足でたったら 湧き出た涙が溢れ出すの
千の目 睨むとも
こうしたいのは 今だけ
もどかしい思い どうしよう”

夢を追う中で諦めてしまいそうになることがあります。

自分の実力が夢には到底敵わないと気づいた時です。

そんな時の周りの反応は「ほら、馬鹿だな」という感じで自分を馬鹿にしたように見えるのです。

そこで諦める人が多いのかもしれませんが、そこで諦めるならそれは夢ではないのです。

どうしても実現したい夢ならそこからが始まりなのではないでしょうか。

そこから実力を育み、夢へと近づいていくのです。

”次第に挟まっていく
時代に挟まっていく
夜明けが僕ら 合図なんだ”

どんなに打ちのめされても、夜は毎日明けるものだから、それと共に新たな自分で未来を歩くのです。

過去など関係ありません。

大切なのは今から何をするかなのです。

”夢の可能性 遠ざかっていく
お願いは 何度でも
済んだこと 悔やんで忘れはしない”

済んだことを後悔して悩んで囚われていては、どんどん夢からは遠ざかっています。

大事なことは失敗した時に悩んで抱え込まず、未来への架け橋にしていくことなのです。

”ずっと諦められない
どうせと君 言うのなら愛せない
はみ出た分だけ 新たな続きが溢れ出すの
幾多のドラマから
選択を迫られて
もどかしい思い どうしよう”

「どうせ私になんてできるはずがない」なんていう人は必要ないと言っている気がします。

いつもやる前から勝手に可能性を壊す人には魅力がないのです。

どんなに可能性が低くとも、諦めなければ必ず光はやってきます。

頑張ったら自分が望んだものでなくとも、その頑張りが何か新しい可能性を運んでくれます。

もどかしいとは思うようにならず、いらだたしいという意味です。

夢の叶え方がわからないから、自分の計画とは違う結果ばかり起きるものです。

でもそれも夢へと近づく道のりではないでしょうか。

それらを一つずつ乗り越えて強くなっていくのです。

”もどかしい思い 凭れた
明日の夕日が見れずに
そして祈りは壊れた
嫌!! 高みを目指して
否!! 諦めずともにいこう”

凭れたとは胃もたれのことをさすのではないかと思います。

真意はわかりませんが、マイナスの意味が込められているようです。

もどかしく思い、疲れているのかもしれません。

少し疲れた時は一度全て辞めてしまっていいのです。

それでもまた始めてしまうのが夢なのですから。

夢を叶えることは誰にでもできるものではありません。

だから叶えた時はすごいのです。

夢を叶えられた人は単純に諦めなかった人です。

ではその人はどうして諦めなかったのでしょうか。

それだけやりたいという思いが強かったからではないでしょうか。

どんなに辛いことが多いからと言って、それは諦める理由にはなりません。

人の夢を馬鹿にする人は、自分は夢を叶えたことがないと宣言しているようなものです。

そんな人の意見には耳を傾けなくていいのです。

大事なのは自分がそれを叶えた時に見える景色を、追い続けることではないでしょうか。

MV考察

一人一人また一人と諦める人が増えていきます。

なぜなら夢を追う過程で辛いことはたくさあるからです。

壁ならいくらでも立ちはだかってきます。

何度越えようともまたやってくるのです。

だからみんなどんどん諦めていきます。

その人たちを周りは灰色に見えるのではないでしょうか。

しかし夢を追う人はそれだけで色鮮やかに輝くのです。

諦める?諦めない?

あなたは灰色と色鮮やかな色、どちらを選ぶのでしょうか。

立ち向かっていく人はそれだけで輝いています。

どうせ崩れるなら、懸命に立ち向かった後にしたいです。

なぜならそういう人は休んだらまた懸命になれるからです。