King & Prince「シンデレラガール」歌詞の意味(解釈)とは?

ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の主題歌はKing & Princeの「シンデレラガール」です。


King & Princeの「シンデレラガール」はどのような曲なのでしょうか。

King & Prince「シンデレラガール」歌詞

キミは シンデレラガール
My precious one
You’re the only flowering heroine

どんなときも ずっとそばで
まぶしい その笑顔⾒せて

やがて シンデレラガール
魔法が解ける⽇が来たって
いつになっても いくつになっても
ボクはキミを守り続ける

I wanna be your sunshine (sunshine)
Always makes me happy!!

PM11時間近の にぎわう街並みに
まだサヨナラ⾔うには 全然早すぎるのに
わりと⾨限きびしいって そんなのちゃんと分かってるって

だけどやっぱ いざとなると帰したくない
次に会える約束も そこそこに駆け出す⼈
⻑い階段駆け上がって ⼈波に消える

キミは シンデレラガール
My precious one
You’re the only flowering heroine
いつになっても いつになっても
となりでその笑顔⾒せて

やがて シンデレラガール
魔法が解ける⽇が来たって
いつになっても いくつになっても
ボクはキミを守り続ける
I wanna be your sunshine (sunshine)
Always makes me happy!!

キミは シンデレラガール
My precious one
You’re the only flowering heroine
どんなときも ずっとそばで
ボクの⼼ 灯しつづけて
キミは シンデレラガール

My precious one
You’re the only flowering heroine
いつになっても いつになっても
となりでその笑顔⾒せて
やがて シンデレラガール

魔法が解ける⽇が来たって
いつになっても いくつになっても
ボクはキミを守り続ける
I wanna be your sunshine (sunshine)
Always makes me happy!!

PR

King & Prince「シンデレラガール」歌詞の意味考察

”キミは シンデレラガール
My precious one
You’re the only flowering heroine”

シンデレラガールとは若くして突然の幸福を得た女の子のことをさします。

キミは大事な存在なのです。

flowerは動詞になると栄えるとか花を咲かせるという意味になります。

あなただけが唯一光るヒロインなのです。

これは全ての女性に向けて言っているのではないでしょうか。

あなたは特別な人であり、最も輝いている女性なのです。

そう思えたら人生が変わるのではないでしょうか。

”どんなときも ずっとそばで
まぶしい その笑顔⾒せて”

キミはいつでも笑っていて欲しいという思いが込められているような気がします。

どんなことがあってもキミが笑顔でいれるよう支えると言っているのではないでしょうか。

”やがて シンデレラガール
魔法が解ける⽇が来たって
いつになっても いくつになっても
ボクはキミを守り続ける”

シンデレラは不幸な運命を辿るはずだった女性が、ガラスの靴の魔法が解けるまで王子と幸せな時間を過ごす話です。

劇中、王子は本当にシンデレラに恋をし、魔法が解けてもその関係は続けるのです。

キミも同じだと言っているのではないでしょうか。

ボクがキミを幸せにすると言いたいのです。

だからキミはボクと出会えて良かったということです。

”I wanna be your sunshine (sunshine)
Always makes me happy!!”

ボクはいつも君を照らす光になりたい

キミがいつもボクを幸せにしてくれるから、ボクはキミを導く光になりたいのです。

キミが輝ける場所を提供したいのです。

”PM11時間近の にぎわう街並みに
まだサヨナラ⾔うには 全然早すぎるのに
わりと⾨限きびしいって そんなのちゃんと分かってるって”

どんなキミでも受け入れると言っています。

どんなにわがままでも、どんなにひどい人でも、ボクはキミを愛すると言っているのではないでしょうか。

”だけどやっぱ いざとなると帰したくない
次に会える約束も そこそこに駆け出す⼈
⻑い階段駆け上がって ⼈波に消える”

別れはいつでも寂しいと言っています。

キミとは絶対にまた会いたいのです。

姿が消えてしまうだけでも恋しく思うようです。

”キミは シンデレラガール
My precious one
You’re the only flowering heroine
いつになっても いつになっても
となりでその笑顔⾒せて”

ボクがキミを幸せにするから、キミはできるだけ一緒にいて欲しいと言っています。

”キミは シンデレラガール
My precious one
You’re the only flowering heroine
どんなときも ずっとそばで
ボクの⼼ 灯しつづけて
キミは シンデレラガール”

キミはボクの心を綺麗にしてくれるのです。

キミがいるだけで希望が生まれ、活力が湧いてくるのです。

キミがいることでボクに与える影響は大きいと言っているのではないでしょうか。

この歌はキミを幸せにするから、どうかいつまでもそばにいて欲しいと訴えた曲です。

とても素敵な気分になれる歌です。

King & Prince

King & Princeは2018年1月17日にデビューしました。

ジャニーズJr.時代はMr.KingとMr.Princeというグループで活動していました。

その2グループが揃った時、メンバーの平野さんが中心となって、社長にデビューを懇願したそうです。

花のち晴れ〜花男 Next Season〜

『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』は花より男子のF4が卒業して10年後の英徳学園を描いたドラマです。

主演に杉咲花を迎え、男性陣には旬の中川大志さんが起用されました。

さらにKing&Princeの平野さんとメンズノンノ専属モデルの中田圭祐さん、鈴木仁さんが起用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です