エレファントカシマシ「Easy Go」歌詞の意味(解釈)とは?

エレファントカシマシの「Easy Go」はドラマ『宮本から君へ』の主題歌です。

エレファントカシマシの「Easy Go」はどのような曲なのでしょうか。

エレファントカシマシ「Easy Go」歌詞

1234
そうさ俺にはやることがある
最高の未来 この胸に抱きしめる
行け男よ 行くぜ 行くぜ
最高の瞬間と永遠をお前と感じたいのさ

そう 強者どもの夢の後に散る
21世紀のこの荒野に
愛と喜びの花を咲かせましょう
神様 俺は今人生のどの辺り
So let’s go

Easy Easy
転んだらそのままで胸を張れ
涙に滲んだ過去と未来を(Baby)
俺は何度でも立ち上がるぜ

(ドラマで流れているものを耳コピしています。)

エレファントカシマシ「Easy Go」歌詞の意味考察

”1234
そうさ俺にはやることがある
最高の未来 この胸に抱きしめる
行け男よ 行くぜ 行くぜ
最高の瞬間と永遠をお前と感じたいのさ”

俺の野望は最高の未来を手に入れることなのです。

そのためには何が何でもやり抜くという覚悟が感じられます。

最高の未来はお前と一緒に味わうのです。

活力が湧いてくる歌詞です。

”そう 強者どもの夢の後に散る
21世紀のこの荒野に
愛と喜びの花を咲かせましょう
神様 俺は今人生のどの辺り
So let’s go”

強者とは力や権力の強い人のことをさします。

この世の中は権力者以外には住みにくい世の中なのではないでしょうか。

権力者はとても幸せな生活をしています。

そんな住みにくい社会でも、幸せになってやろうと言っているのです。

その野望はまだ全然果たせていないから、休んでいる暇などないのです。

”Easy Easy
転んだらそのままで胸を張れ
涙に滲んだ過去と未来を(Baby)
俺は何度でも立ち上がるぜ”

この世界で幸せに生きることは簡単なことかもしれません。

失敗しても落ち込んではいけません。

失敗は誇らしいことなのです。

どんなに辛いことがあっても、立ち上がり続ければそれは幸せなのです。

何があっても必ず幸せになる方へ進むのです。

バカにされても、貧乏でも惨めでもいいのです。

どんな状況でも笑い、明日を目指すことができれば、それは幸せだと言っているのではないでしょうか。

宮本から君へ

『宮本から君へ』はテレビ東京で金曜日の深夜に放送されているドラマです。

新人営業マン宮本が社会に揉まれながら成長していく青春グラフィティーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です