Mr.Children「HANABI」歌詞の意味(解釈)とは?

Mr.Children

もうすぐ公開される映画「コード・ブルー」の主題歌はMr.Childrenの「HANABI」です。

Mr.Childrenの「HANABI」はどのような曲なのでしょうか。

Mr.Children「HANABI」歌詞

作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

どれくらいの値打ちがあるだろう?
僕が今生きているこの世界に
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてんのかなぁ

手に入れたものと引き換えにして
切り捨てたいくつもの輝き
いちいち憂いていれるほど
平和な世の中じゃないし

一体どんな理想を描いたらいい?
どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問いかけは
日常に葬られてく

君がいたらなんていうかなぁ
「暗い」と茶化して笑うのかなぁ
その柔らかな笑顔に触れて
僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに

決して捕まえることの出来ない
花火のような光だとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
僕はこの手を伸ばしたい

誰も皆 悲しみを抱いてる
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?

考えすぎで言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振舞う自分は
それ以上に嫌い

笑っていても
泣いて過ごしても平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
何度でも君に逢いたい

めぐり逢えたことでこんなに
世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ

滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら

逢いたくなったときの分まで
寂しくなったときの分まで
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
君を強く焼き付けたい

誰も皆 問題を抱えている
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

PR

Mr.Children「HANABI」歌詞の意味考察

”どれくらいの値打ちがあるだろう?
僕が今生きているこの世界に
すべてが無意味だって思える
ちょっと疲れてんのかなぁ”

今していることに本当に意味があるのかと思い悩むことが、あるのではないでしょうか。

それは人生を真剣に生きているからなのでしょうか。

”手に入れたものと引き換えにして
切り捨てたいくつもの輝き
いちいち憂いていれるほど
平和な世の中じゃないし”

憂うとは気力が薄れて晴れ晴れとしない状態のことです。

何かを手に入れるために、今まで大切にしてきたことを捨てた時もあったのです。

それに罪悪感を感じ、後悔しているのかもしれません。

しかし明日も仕事をしなければならないので、いちいち止まっていることはできないのです。

”一体どんな理想を描いたらいい?
どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問いかけは
日常に葬られてく”

自分が描く理想や希望は叶いそうもないので、無意味かもしれないと思っているのかもしれません。

きちんとそれについて考えたいけれど、仕事に追われる毎日でそんな余裕はないのです。

”君がいたらなんていうかなぁ
「暗い」と茶化して笑うのかなぁ
その柔らかな笑顔に触れて
僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに”

こんな行き場のない悩みを忘れさせてくれる君がいることが、唯一の救いかもしれません。

”決して捕まえることの出来ない
花火のような光だとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
僕はこの手を伸ばしたい”

絶対に叶わないかもしれない無意味な夢だとしても、僕は追いかけたいと言っています。

希望を追い続けることは、どんなことより大切なのかもしれません。

それが叶わないかどうかなど関係ないのです。

追い続けることに意味があると言っているのではないでしょうか。

”誰も皆 悲しみを抱いてる
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?”

臆病風とは恐ろしいと思うことです。

どんな人でも幸せになりたいと思うのは同じです。

それだけは変わらないのです。

波風が立つとは平和だった世の中や家庭にもめごとや騒ぎが起きることです。

恐怖を覚えて世界が騒ぎになっている、この状況を好機に捉えなければいけないのです。

怖いと思って何もしないのではなく、立ち向かうことが大切だと言っているのではないでしょうか。

”考えすぎで言葉に詰まる
自分の不器用さが嫌い
でも妙に器用に立ち振舞う自分は
それ以上に嫌い”

考えすぎて何もしない自分が嫌だけれど、うまくやっているふうの自分も何か違うように思っているのです。

どんなこともちゃんと考えて、行動したいと言っているのではないでしょうか。

”笑っていても
泣いて過ごしても平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?”

笑っていても泣いていても時間が経っていくのであれば、笑っている方が得なのです。

同じように時が進むのであれば、楽しいことをするべきではないでしょうか。

未来は楽しいと思った方がいいのです。

そう思えることで、今はどんどん楽しくなるのではないでしょうか。

”さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
何度でも君に逢いたい”

いつか別れがあるとわかっていても、今を楽しみたいと言っている気がします。

どうせ会えなくなるなら、最初から会わない方がいいなんて考えは間違えていると言っているのです。

どんなことが待ち受けていようと、今を満喫するべきなのです。

その時々をきちんと生きるのです。

”めぐり逢えたことでこんなに
世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ”

どんなに辛くても君だけが僕を癒してくれるから、君に会わなければ損なのです。

そのことにきちんと感謝の気持ちを抱いて、君に伝えることも大切です。

”滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら”

何が起きてもどんどん綺麗になっていく心でありたいのです。

心が乱れて人を傷つけたりすることをせず、日々浄化していくそんなふうでありたいのではないでしょうか。

人と触れ合うことで、心は綺麗になるのです。

”逢いたくなったときの分まで
寂しくなったときの分まで
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回
君を強く焼き付けたい

誰も皆 問題を抱えている
だけど素敵な明日を願っている
臆病風に吹かれて 波風がたった世界を
どれだけ愛することができるだろう?
もう一回 もう一回
もう一回 もう一回”

こんなに悩みばかりの生活だから、都度自分の心を綺麗にしていくことが重要だと言っているのではないでしょうか。

大切な人に会った時、人は心が綺麗になります。

だから一人で悩み、自分を追い込まず、大切な人とそれを分かち合うことが必要なのです。

劇場版『コード・ブルー』

劇場版『コード・ブルー』は今までの最終回よりも上回るスケールの大災害が起きます。

それをクルー達と力を合わせながら乗り越えていくのです。

公開は7月27日です。