indigo la End「ハルの言う通り」歌詞の意味(解釈)とは?

indigo la End

indigo la Endの「ハルの言う通り」のMVが公開されました。

indigo la Endの「ハルの言う通り」はどのような曲なのでしょうか。

indigo la End「ハルの言う通り」歌詞

触れ合う度に あなたは怒って
寂しい時は 妙に甘えながら
着飾る

何てズルいの 教会行こうよ
待ち人から 奪われないように
祈ったのに

バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ
最果て まで一気に嵩む(かさむ)
たゆたうことなく一気にバイバイ
ためらうことなき恋傀儡
少しだけ泣いた

周回する恋の季節風と あなた
一緒に吹いて 消えてった
何も言えずのままが美しいって
そればかり 思っていた春

どうなったらいいとか
こうなったら幸せだとか
神頼みに近い薄い色した過去の感情
後悔にしかすがりつけないのは
きっと神様が決めたんだろう

春が嫌いです こんなんじゃもっと
冬に甘えたツケを払わなきゃだ
最低

バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ
最果て まで一気に嵩む
たゆたうことなく一気にバイバイ
ためらうことなき恋傀儡
少しだけ泣いた

周回する恋の季節風と あなた
一緒に吹いて 消えてった
何も言えずのままが美しいって
そればかり 思っていた春

気高いあのハルの言う通り
苦しくなった4月の夜
手紙みたいな感情のダダ漏れが
落ちて流れて争って
結果何か寂しくなった
美は仇(あだ)となり 溢れ返った

バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ
最果て まで一気に嵩む
たゆたうことなく一気にバイバイ
ためらうことなき恋傀儡
少しだけ泣いた

一生最愛さ 一生最愛さ
だから記憶の隅に置いといて
何も言えずのままが詞になって
結局傷付けると思うのは勘違いなの?

PR

indigo la End「ハルの言う通り」歌詞の意味考察

”触れ合う度に あなたは怒って
寂しい時は 妙に甘えながら
着飾る”

あなたはいつも自分を隠してると言っているのではないでしょうか。

素直に寂しいとか嬉しいとか言わないのです。

”何てズルいの 教会行こうよ
待ち人から 奪われないように
祈ったのに”

待ち人とは自分に良い影響を与えてくれる人のことです。

あなたを幸せにしてくれる運命の人に奪われないように、私は頑張ったのかもしれません。

つまり私は運命の人ではないのです。

運命の人ではない私は運命の人と対決しているのかもしれません。

そして運命の人ではない私は運命を変えられるよう神に祈ったのでしょう。

”バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ
最果て まで一気に嵩む(かさむ)
たゆたうことなく一気にバイバイ
ためらうことなき恋傀儡
少しだけ泣いた”

熱恋とは熱烈に愛することです。

最果てとはこれより先はないところのことをさします。

嵩むとはかさが増える、数量が増すという意味です。

熱烈に愛していた恋が、なんの前触れもなく一気に終わったのかもしれません。

急に人生が変わることはあるのです。

恋傀儡とは恋の操り人形のことです。

そんな状況に本当は苦しんでいるけれど、いさぎよくさよならと言ったのです。

そんなあっという間の出来事に、少ししか泣くことができませんでした。

恋の前では無力だった自分を表現しているのかもしれません。

運命の相手ではない自分なりに頑張ったのに、やはり運命には逆らえなかったのです。

悲しくて悲しくてどうしようもないのに、どうすることもできません。

”周回する恋の季節風と あなた
一緒に吹いて 消えてった
何も言えずのままが美しいって
そればかり 思っていた春”

もしかするとこの恋は単なる通過点に過ぎないのかもしれませんが、私にとってはあなたとの恋をそんなふうに割り切ることができないのです。

本当は言いたいことは山ほどあるけど、何も言わずに消えたのです。

そのほうがかっこいいと思っていたからだと言っているのでしょうか。

”どうなったらいいとか
こうなったら幸せだとか
神頼みに近い薄い色した過去の感情
後悔にしかすがりつけないのは
きっと神様が決めたんだろう”

君との未来をたくさん描いていたのに、それは全部無駄な時間だったのです。

希望という幸せは一瞬のうちに崩れてゴミになりました。

今は悔しい悲しい現実だけが残っているのです。

こんな辛さをなぜ経験しないといけないのかと神を恨んでいます。

”春が嫌いです こんなんじゃもっと
冬に甘えたツケを払わなきゃだ
最低”

春は周りが幸せそうに写るけれど、私にとっては辛い季節だったのです。

冬の間は幸せばかりで、辛さに適応する力を失っていたのかもしれません。

こんな結果になるのであれば、あの浮かれていた時にもっと必死に頑張るべきだったのです。

こうならないように何かできたかもしれないのですから。

”気高いあのハルの言う通り
苦しくなった4月の夜
手紙みたいな感情のダダ漏れが
落ちて流れて争って
結果何か寂しくなった
美は仇(あだ)となり 溢れ返った”

君を失って感情の行き場を失ったので、手紙を書いて彼女に送ろうとしたけれど、そんなことをすると余計に寂しくなるだけでした。

仇とはかたき、敵、仕返しの相手のことをさします。

あの時かっこつけて何も言わなかったことが原因で、自分の感情は溢れてしまっているのです。

本当はあの時思っていることのすべてを相手に伝えるべきだったのです。

”一生最愛さ 一生最愛さ
だから記憶の隅に置いといて
何も言えずのままが詞になって
結局傷付けると思うのは勘違いなの?”

君はずっと一番好きな相手だと言っています。

それは確かにわかるのです。

どんなことがあろうと、君が一番好きなことは変わりないのです。

だけどその感情はこれからはどこかに置いておくのです。

何も言えなかったから、こうして詞になりました。

相手を傷つけたくなかったから、自分の想いを抑えたのです。

だってあんなに愛していたのに、なんで突然いなくなるんだよって、本当は怒りたかったのです。

こんなに苦しいならきちんと言うべきだったと後悔しているのかもしれません。

もし正直に言っていたら状況は変わっていたのでしょうか。

おそらくまた同じことが起きても、僕は同じことをするのでしょう。

これは絶対に叶わない恋を描いた物語かもしれません。

主人公は自分が運命の相手ではないかもしれないとわかっていたのです。

何としてもその運命を変えたいと奮闘しているのではないでしょうか。

相手を想うが故に自分を苦しい状況へ持って行ったのです。

それがとても切ないです。

MV考察

このMVは本当の自分と周りに見せている自分が、違うということを表現しているように思います。

人は心がズタズタになっていたとしても、平気なふりをするものなのです。

本当はそんなことをせずに、思いの丈をぶつけるべきなのかもしれません。

しかし大抵の人は遠慮してしまうのです。

自分の感情はいつも箱の中にしまっています。

外からは見えそうで見えないのです。

時々その部分が出てきてしまう時があります。

それはもう自分でも抑えることができないほどの感情が心にできた時なのです。

それはどのような形で出てくるのでしょうか。

川谷さんは歌詞やメロディとして出てくると言っているのではないでしょうか。

芸術とはそういうものなのでしょうか。

しかし表現することができない人はどうなるのでしょうか。

タイトルの意味

ハルとは誰のことなのでしょうか。

もう一人の自分のことかもしれません。

こうしたらよかったと思うもう一つの選択のことです。

別れ際で思いの丈を打ち明ける選択肢もありましたが、主人公はそれをしませんでした。

それによって苦しくなることは自分でもわかっていたのです。

それがハルが予測したことです。でも自分はそれをしませんでした。

自分は自分の制止を振り切って、苦しむ方を選んだのです。

それは相手への愛があったからです。

indigo la End

indigo la End(インディゴラエンド)はゲスの極み乙女。の川谷絵音さんがボーカルを務めるロックバンドです。

川谷さんはゲス極の前にindigo la Endを立ち上げていました。

その2年後にゲスの極み乙女。を立ち上げたのです。

現在はどちらも精力的に活動をしています。