モーニング娘。「女と男のララバイゲーム」歌詞の意味(解釈)とは?

モーニング娘。’17がLIVEで「女と男のララバイゲーム」(2010年)を歌う動画が話題になっています。


モーニング娘。の「女と男のララバイゲーム」はどのような曲なのでしょうか。

モーニング娘。「女と男のララバイゲーム」歌詞

作詞:つんく
作曲:つんく

早く 捕まえて
もっとしっかり
愛情込め
温めて

早く 連れてって
もっと激しく
夢語って
抱きしめて

Ah また 浮気して
そう何度も
許してなど
あげないわ

だけど そのうちに
またあなたの
胸の中で
スヤスヤね

ねえ 安心させて
不安 感じてる毎日
ねえ 最初のように
愛をささやいてよね

付き合って 別れて
女と男の運命(さだめ)
その恋愛よりももっと
上などあるの?

疑って 許して
女と男の浪費
戻せない時間を
後悔しちゃう 人生

早く あやまって
もっときちんと
心を込め
いいわけて

早く 許させて
もっと上手に
儀式だから
こんなのは

Ah また 甘えてる
そうわかってる
ほしいものなら
買ってあげる

でもね 私にも
記念日とか
素敵なのを
買ってちょうだい

ねえ 何度も繰り返す
彼が変わっても一緒
AH 幸せ何処(いずこ)
涙が乾かないの

口説き 口説かれて
女と男の末路
上手にだまされるも
賢い方法

帰るか 抱かれるか
女と男の二択
損得なんかはきっと
どうでもいいのが 人生

口説き 口説かれて
女と男の末路
上手にだまされるも
賢い方法

帰るか 抱かれるか
女と男の二択
損得なんかはきっと
どうでもいいのが 人生

PR

モーニング娘。「女と男のララバイゲーム」歌詞の意味考察

”早く 捕まえて
もっとしっかり
愛情込め
温めて

早く 連れてって
もっと激しく
夢語って
抱きしめて”

私を魅了してほしいと言っている気がします。

”Ah また 浮気して
そう何度も
許してなど
あげないわ

だけど そのうちに
またあなたの
胸の中で
スヤスヤね”

浮気されてその時は頭にくるけれど、何日か経つと許してしまうようです。

どんなことをされても、あなたが好きだと言っているのかもしれません。

”ねえ 安心させて
不安 感じてる毎日
ねえ 最初のように
愛をささやいてよね”

一度でも浮気をされると、いつか自分から離れていってしまうのではないかと不安になるから、そんなことはないと言ってほしいのです。

浮気をされてしまうと、不安が膨らんでいくことを伝えているのかもしれません。

”付き合って 別れて
女と男の運命(さだめ)
その恋愛よりももっと
上などあるの?”

結局恋愛など最後には別れが待っていると嘆いているのです。

永遠の愛を信じられなくなっているようです。

”疑って 許して
女と男の浪費
戻せない時間を
後悔しちゃう 人生”

好きな人に嫌なことをされただけで、すぐに捨ててしまうことを後悔しているのかもしれません。

相手を信用できなくなることが辛いようです。

本当は信じてあげることが大切なのかもしれません。

”早く あやまって
もっときちんと
心を込め
いいわけて

早く 許させて
もっと上手に
儀式だから
こんなのは”

浮気をしてしまっても、きちんと愛を込めて謝ってくれれば問題ないと言っています。

その時に愛を感じることができれば許すことができるのです。

バレても隠したり嘘をつくから許せないと言っているのではないでしょうか。

本当は早く仲直りしたいのです。

”Ah また 甘えてる
そうわかってる
ほしいものなら
買ってあげる

でもね 私にも
記念日とか
素敵なのを
買ってちょうだい”

愛し合っているのであれば、お互いを喜ばせることが重要だと言っている気がします。

プレゼントも互いに交換し合うから素敵なのです。

”ねえ 何度も繰り返す
彼が変わっても一緒
AH 幸せ何処(いずこ)
涙が乾かないの

口説き 口説かれて
女と男の末路
上手にだまされるも
賢い方法”

男はどうせ浮気をしてしまうのだから、その都度悩んでいたら辛いだけだと言っている気がします。

浮気に気づいても知らないふりをしている方が、うまくいくのかもしれないのです。

それも愛なのだと言っているのでしょうか。

”帰るか 抱かれるか
女と男の二択
損得なんかはきっと
どうでもいいのが 人生”

男と女の間で損得なんて考えてはいけないと言っています。

損益や利益などどうでもいいから、気持ちが重要だと言っている気がします。

その人と一緒に居たければ、そのためにどうするかだと言っているのではないでしょうか。

浮気をする相手とどうしても一緒にいたいのであれば、その人と一緒にいれる方法を見いだすのです。

浮気をする相手など嫌だという気持ちがその人といることよりも勝るのなら、きっぱり別れるべきだと言っています。

この歌は一緒にいたいのであれば、その方法を見いだすべきだと言っている気がします。

大事なのは一緒にいたいかどうかなのです。

タイトルの意味

ララバイとは子守唄のことをさします。

子守唄とは子どもが泣いて眠らない時に歌ってあげる歌です。

落ち着かせてあげると子どもは寝るのです。

女と男も泣くのをとめる演技のゲームだと言っているような気もします。

もちろん愛を込めて子守唄を歌う人もいますが、おとなしくなってほしいから歌を歌うだけの人もいるのです。

相手に心を伝える時に感情がこもっていなければ、見透かされるのです。

感情をこめているふりをして、相手を騙すことができれば、それも正解だと言っているように思います。

この歌が言っているのは演技をするのであれば、バレなければ罪はない、しかしバレた時はその代償が大きいということです。

それが恐ければ誠実に生きるべきなのです。

でも男女の関係ではなかなかそれができないのではないでしょうか。

それが世の常だと言っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です