『いぬやしき』主題歌MAN WITH A MISSION「Take Me Under」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

佐藤健さん、木梨憲武さん主演の映画『いぬやしき』の主題歌はMAN WITH A MISSIONの新曲「Take Me Under」です。

MAN WITH A MISSIONの「Take Me Under」はどのような曲なのでしょうか。

MAN WITH A MISSION「Take Me Under」歌詞

I’m so addicted to this tiny world of my own
Stuck in my cage and so abused to the bone

俺は自分の小さな世界だけを見てるのさ

自分の檻の中で動かないから骨まで粗末にしてきたんだ

I’m so addicted to this tiny world of my own
Stuck in my cage and so abused to the bone
That was predicted too. See how they panic so good
Fed up with everything being out of order

俺はこの自分の小さな世界に没頭しているのさ

自分の檻の中で動かないから骨まで粗末にしてきたんだ

これはわかっていたことなんだ 皆がどうすればいいか迷うのを見るのが好きなんだ

乱れてしまって全てから見限られたんだ

I hear the morning love affairs
Wake me when it’s over 目を覚まさせて
Just like your God has sentenced time

朝の清々しい出来事を聞いてる

夜が明けると目覚めるんだ (目覚めさせて)

神が時間を宣告するようにさ

逆生して見せよ 終焉の浸透
Take me under, take me down with you
断ち切った想いを そうね Just take me under
Why don’t you take me down with you

(逆生して見せよ 終焉の浸透)

俺を守ってよ、君が下ろしてよ

(断ち切った想いを そうね)守ってくれよ

なんで守ってくれないんだい

So you’re addicted too 抜け出せぬまま
Fed up with everything ‘cause you’re just out of order
I see the floating worlds collide
Wake me when it’s over 今際の日まで
今際の日まで

君はハマりすぎているんだ (抜け出せぬまま)

乱れてしまったから 全てから見限られたんだ

俺は衝突して浮遊した世界を見ている

それが終わったら起こしてくれ (今際(いまわ)の日まで)

(今際の日まで)

逆生してリビドー まやかしよ
Take me under, take me down with you
消し去った記憶と そうね Just take me under
Why don’t you take me down with you

(逆生してリビドー まやかしよ)

俺を守ってよ、君が下ろしてよ

(消し去った記憶と そうね)守ってよ

どうして守ってくれないの

So take me down with you
‘Cause I’ll sing here with you

だから守ってって

君と一緒に歌うから

A fragile song
So hope it’s closer, hope it’s somewhere
When it’s over, hope we don’t care
I’ll be there to bear when it comes true

脆い歌

だからどこにいても、近くにいて欲しいと思うんだ

それが終わっても 構わないでいいことを願うんだ

So take me down with you
We’re born in fire, we ride again
そう Yes God, Just take me under!
Won’t you take me down with you

だから君が下ろしてよ

俺たちは炎の中で生まれたんだ だからもう一度立ち上がれる

(そう)神よ守ってよ

守りたくないのかい

逆生して見せよ 終焉の浸透
Take me under, take me down with you
断ち切った想いを そうね Just take me under
Why don’t you take me down with you

(逆生して見せよ 終焉の浸透)

守ってよ、俺を下ろしてよ

(断ち切った想いを そうね)守ってよ

どうして君が守ってくれないの

PR

MAN WITH A MISSION「Take Me Under」歌詞の意味考察

”俺は自分の小さな世界だけを見てるのさ
自分の檻の中で動かないから骨まで粗末にしてきたんだ”

自分の世界に閉じこもっていることを批判しているような気がします。

殻に閉じこもらないで出てこいと言っているのでしょうか。

”俺はこの自分の小さな世界に没頭しているのさ
自分の檻の中で動かないから骨まで粗末にしてきたんだ
これはわかっていたことなんだ 皆がどうすればいいか迷うのを見るのが好きなんだ
乱れてしまって全てから見限られたんだ”

誰の言うことも聞かずに、周りから見放されてしまったけれど、それは自分が仕向けたんだと言っています。

自分は皆から孤立したかったのかもしれません。

しかしその考え方も変わってきているのではないでしょうか。

”朝の清々しい出来事を聞いてる
夜が明けると目覚めるんだ 目覚めさせて
神が時間を宣告するようにさ”

今は目覚めの時だと言っているようです。

今からはまた始めるのです。

”逆生して見せよ 終焉の浸透
俺を守ってよ、君が下ろしてよ
断ち切った想いを そうね 守ってくれよ
なんで守ってくれないんだい”

逆生という言葉はないようです。

ですが、逆生歯という歯はあるようで、それは普通とは反対に生えてくる歯のことをさします。

皆と違うことをしてみてよと言っているような気がします。

終焉の浸透とは身が落ち着くところをしみこませるという意味かもしれません。

落ち着く場所を探したいのでしょうか。

皆と違うことが落ち着く場所なのかもしれません。

そこが俺を守ってくれるのかもしれません。

人と違った自分も守って欲しいと言っているのではないでしょうか。

”君はハマりすぎているんだ 抜け出せぬまま
乱れてしまったから 全てから見限られたんだ
俺は衝突して浮遊した世界を見ている
それが終わったら起こしてくれ 今際(いまわ)の日まで
今際の日まで”

今際(いまわ)とは死の間際という意味です。

もしかすると、世の中の争いにはついていけないから、そんな世界からは抜け出したいと言っている気もします。

その争いが終わるまで、俺は眠っていたいのではないでしょうか。

”逆生してリビドー まやかしよ
俺を守ってよ、君が下ろしてよ
消し去った記憶と そうね 守ってよ
どうして守ってくれないの”

リビドーとは抑えられない性的欲求のことをさします。

まやかしとは偽物のことです。

偽物は性的欲求に反対すると言っているのかもしれません。

欲求を満たすことを恐れてはいけないのです。

自分がしたいと思うことがたとえ普通の人とは違ったとしても、阻害しないで欲しいと訴えている気がします。

”だから守ってって
君と一緒に歌うから”

人を傷つけたいわけではないのです。

普通とは違う人も一緒に幸せになりたいだけなのでしょうか。

”脆い歌
だからどこにいても、近くにいて欲しいと思うんだ
それが終わっても 構わないでいいことを願うんだ”

人はもろい存在だから、誰かと一緒にいたいと思うのだと言っている気がします。

孤独が終わったら、もう大丈夫だから今は一緒に居させてほしいという意味ではないでしょうか。

寂しい時は誰かと一緒にいたいと思うのは当たり前なのです。

”だから君が下ろしてよ
俺たちは炎の中で生まれたんだ だからもう一度立ち上がれる
(そう)神よ守ってよ
守りたくないのかい”

たとえどんな状況であっても、もう一度立ち上がることはできると言っています。

誰かが必ず守ってくれるのです。

どんな人であろうと、必ず守ってくれる人がいるのです。

”(逆生して見せよ 終焉の浸透)
守ってよ、俺を下ろしてよ
(断ち切った想いを そうね)守ってよ
どうして君が守ってくれないの”

一度嫌いになったとしても、何度でも思い直して、守って欲しい。

愛を断ち切ることをやめないで欲しいと言っています。

たとえどんなに荒れ狂っても僕を宥めて、愛で包んでほしいと言っている気がします。

この歌は人が絶対に許してくれないような酷いことをしてしまったとしても、変わろうと思えば変われると言っているような気がします。

そして変わろうとしている人を見放したりしてはいけないのだと。

その人が過去にどんなことをしたとしても、心を入れ替えたなら守ってあげなければいけないのです。

またもし残虐なことを行ったとしても、そこにはその人なりの理由があったのかもしれないと考えることも大切だと言っている気もします。

この点については賛同できない人もたくさんいると思います。

たとえ人と違う考え方を持っていたとしても、幸せになりたいと思うこと、寂しさを感じることは同じだから、そういう人にも愛を与えてあげることが大切だと言っているようにも思います。

MAN WITH A MISSIONも変わった存在です。

だから疎外されてきた過去もあるのかもしれません。

そんな時に味わった孤独はとても強かったのではないでしょうか。

そういう人を守ってあげたいという思いが込められているのかもしれません。

MV考察

どんなに抗っても太刀打ちできない相手にも、何度も挑む姿が見えます。

たとえ何度悔しい思いをしたとしても立ち上がるのです。

命を失いそうになることがあるかもしれません。

それでも立ち向かうようです。

何度も立ち向かっているうちに必ず打開策は見つかるのではないでしょうか。

それが見つかったら、壁は乗り越えられるのです。

それまでは何度も立ち向かうしかないのかもしれません。

いぬやしき

『いぬやしき』は人間を超える力を手に入れた正義と悪が、互いの価値観を守るために、死闘を繰り広げる映画です。

主演は木梨憲武さん、それに対するのが悪役初挑戦の佐藤健さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です