BiSH「HiDE the BLUE」歌詞の意味(解釈)とは?

アニメ

BiSHの「HiDE the BLUE」がiTunesランキングで上位にランクインしました。

BiSHの「HiDE the BLUE」はどのような曲なのでしょうか。

BiSH「HiDE the BLUE」歌詞

夢が覚め 空眺て思う
胸を打つ あの言葉綺麗だ
うわべ飾らず 話せたらな
そびえ立つ 不安の塔が

ありのままでいいのかな
何億光年悩めばいいのだろう

さあすぐドア開けて 会いにいこう
意味などないよ ほとんどが
君に速攻で見抜かれるの怖れて
後悔ばかりだね 二人はきっと

ずっと見上げてた空はそっと
僕らの明日を照らす きっと
君に会いたいです
すごく簡単なことなんじゃんね
ほら 未熟者
青春ビリーバーです

直感で動けたら
簡単に出来上がる強者の僕が
簡単にするするいかないのは
よこしまが邪魔するのでしょう

ありのままで いいのかな
何億光年 悩めばいいのだろう

さあもう迷わずに
君のこと意味などない思い全部
理由なんてない近くに行きたいだけなのです
でも言えないよな 無口になっちゃう

ねえ神様もう少しだけ
優しくしてくださいお願い
あと少しなんです
すぐに素直になんてできないのが
未熟者
青春ビリーバーです

ありのままで いいのかな
何億光年 何億光年 何億光年
悩めばいいのだろう

さあすぐドア開けて 会いにいこう
意味などないよ ほとんどが
君に速攻で見抜かれるの怖れて
後悔ばかりだね二人はきっと

ずっと見上げてた空はそっと
僕らの明日を照らす きっと
君に会いたいです
すごく簡単なことなんじゃんね
ほら 未熟者
青春ビリーバーです

PR

(「HiDE the BLUE」はアニメ『3D彼女 リアルガール』のエンディングテーマです。)

BiSH「HiDE the BLUE」歌詞の意味考察

”夢が覚め 空眺て思う
胸を打つ あの言葉綺麗だ
うわべ飾らず 話せたらな
そびえ立つ 不安の塔が”

一人で空を眺めたときにふと思ったのかもしれません。

心のままに言われた言葉が素敵だと。

心から言われた本当の気持ちは不安を全部連れ去ったのかもしれません。

”ありのままでいいのかな
何億光年悩めばいいのだろう”

飾ることなく、本心を言えば良いのか悩んでいます。

ときに本心を言ってしまうと、相手を不快にさせてしまうことがあるのです。

”さあすぐドア開けて 会いにいこう
意味などないよ ほとんどが
君に速攻で見抜かれるの怖れて
後悔ばかりだね 二人はきっと”

不安なんてほとんど意味がないと言っているのではないでしょうか。

だから不安を感じて何もできないのであれば、そんな不安は捨てるべきなのかもしれません。

自分が相手を好きなことを伝えるのが怖くて行動を起こせないのはもったいないと言っている気がします。

なぜなら二人とも愛し合ってる可能性があるからです。

”ずっと見上げてた空はそっと
僕らの明日を照らす きっと
君に会いたいです
すごく簡単なことなんじゃんね
ほら 未熟者
青春ビリーバーです”

君に会いたいと思っているならそれを声に出すことはすごく簡単なのに、どうして目の前では言えないんだろうと嘆いているのではないでしょうか。

自分はなんて未熟者なんだと。

それも青春なのかもしれません。

若い時は言えなくていいと言っているのでしょうか。

そういうことを経験するといつか言える日がくるのではないでしょうか。

”直感で動けたら
簡単に出来上がる強者の僕が
簡単にするするいかないのは
よこしまが邪魔するのでしょう”

全部思った通りに動けたら良いのに、どうしてもそれができないのです。

よこしまとは正しくないことです。

自分の思った通りにできないのは、もしかしたらそれは正しくないかもしれないと思ってしまうからだと言っている気がします。

自分の行動が全て正しいとは限らないのです。

間違えて失敗する可能性もあります。

”ありのままで いいのかな
何億光年 悩めばいいのだろう”

失敗するのは怖いけれど、どうしてもやりたいことをやりたいと思う自分がいるのではないでしょうか。

”さあもう迷わずに
君のこと意味などない思い全部
理由なんてない近くに行きたいだけなのです
でも言えないよな 無口になっちゃう”

近くにいたいと正直に言いたいけれど、相手を目の前にすると色々飾ってしまって言えないのかもしれません。

本当はその思いを伝えたいのに、相手のことを気にしてしまったり、自分をかっこよく見せようとしてしまうのでしょうか。

”ねえ神様もう少しだけ
優しくしてくださいお願い
あと少しなんです
すぐに素直になんてできないのが
未熟者
青春ビリーバーです”

素直な気持ちを相手に伝える勇気が欲しいようです。

それができるだけで、ことは前に進んでくれるのです。

なのに明日も昨日と同じ状況が変わらないと嘆いているようです。

この歌は青春の頃のどうしても、相手に気持ちを伝える勇気が出ない状況を描いているのではないでしょうか。

まだ告白した経験もないので、想いを伝えた後、どうなるかわからないのです。

もしかしたら断られて、その辛さに対応できず、苦しむことになるかしれません。

そうなることが怖いのです。

それでももしも恋が実った時に、幸せがやってくると想像すると諦めることができないのかもしれません。

この歌はそういった葛藤をリアルに表現しているのです。

MV考察

このMVは自分の中の複雑な想いを表現しているのではないでしょうか。

心の中は切れ端だらけで、あちらこちらに整理のつかない気持ちが転がっています。

そのため自分自身もバラバラで、行動が定まっていない状況です。

早く気持ちを固めたいけれど、考えれば考えるほど、思考は奥深くへ深まっていくのです。

本当はこの想いから解放されてスッキリしたいのに、断られるリスクを考えると踏み切れないのです。

中盤のダンスはそんなリスクになんて恐れず、当たっていく勇者を表現している気がします。

本当はリスクを恐れず挑みたいのです。そうすれば状況は変わっていきます。

状況が変わる際に、物事は震えだすのです。

それでも思い悩んで、答えは出ないのかもしれません。

そんな時人生には予期せぬ出来事が待っているのです。

タイトルの意味

Hide the blueとは青を隠すという意味です。

青とは歌詞に出ている青春をさすのかもしれません。

恋で悩むのは青春の象徴ですが、悩んでいるだけでは恋は実りません。

本当は恋に悩まずスッキリしたいのです。

だから青春なんて隠してしまえばいいのですが、なかなかうまくいかないのようです。

このタイトルは青春を隠したいということ、つまり恋から解放されたいということを表現しているのではないでしょうか。

BiSHとは

BiSHは楽器を持たないパンクバンド(アイドル)です。

ドSなアイドルとして有名で、プロレスのような炎上商法を得意とするようです。