HKT48「早送りカレンダー」歌詞の意味(解釈)とは?

HKT48の「早送りカレンダー」のMVが公開されました。

HKT48の「早送りカレンダー」はどのような曲なのでしょうか。

HKT48「早送りカレンダー」歌詞

1 2 3
太陽を WOW  急がせろ WOW
ロマンスが始まるよ
雨が(止んで) 雲が(消えて)
梅雨が明けたら
こっちのもの (Hey Hey Hey)
早送りカレンダー

街角のカフェのテラス
パラソルやっと開いて
待ち望んでいた夏が近づいて来る
天国に一番近い
あの海へ誘っていいかい?
今年こそ二人きりで泳ごう

ノースリーブ着替えた頃に
僕が君を迎えに行くよ
WOW WOW

1 2 3
青空を WOW  連れて来い WOW
もう恋の真っ最中
眩しい(日差し) 木々の(どこか)
セミが鳴いたら
ためらってる時間はないよ
すぐにキスしよう

君が好きだ!WOW  大好きだ!WOW
この気持ち伝えたい
季節(変わる) 前に(すでに)
首ったけなんだ
僕の負け (Hey Hey Hey)
早送りサレンダー

紫外線ジワリジワリと
何だか強くなって
袖をまくった分だけ肌が焼けるよ
この街を脱出したら
砂浜で見つめていたい
夕暮れがやって来るまで眠ろう

どんな水着 着替えるのかな?
でも誰にも見せたくないよ
WOW WOW

1 2 3
南風 WOW  吹いてくれ WOW
胸の奥 ザワザワと
青い(海に) 白い(波は)
まだ大人しい
考えてる猶予はないぞ
盛り上がろうぜ

僕を好きか?WOW  大好きか?WOW
そんなこと聞けないよ
夏が(来れば) きっと(言える)
この先に期待して
準備中 (Hey Hey Hey)
情熱は 誰んだ?

1 2 3
青空を WOW  連れて来い WOW
もう恋の真っ最中
眩しい(日差し) 木々の(どこか)
セミが鳴いたら
ためらってる時間はないよ
すぐにキスしよう

君が好きだ!WOW  大好きだ!WOW
この気持ち伝えたい
季節(変わる) 前に(すでに)
首ったけなんだ
僕の負け (Hey Hey Hey)
早送りサレンダー

早送りカレンダー

HKT48「早送りカレンダー」歌詞の意味考察

“1 2 3
太陽を WOW  急がせろ WOW
ロマンスが始まるよ
雨が(止んで) 雲が(消えて)
梅雨が明けたら
こっちのもの (Hey Hey Hey)
早送りカレンダー”

早く夏になってほしいという気持ちが伝わってきます。

ロマンスとは恋の話のことをさします。

夏は恋の季節だと言っているのかもしれません。

”街角のカフェのテラス
パラソルやっと開いて
待ち望んでいた夏が近づいて来る
天国に一番近い
あの海へ誘っていいかい?
今年こそ二人きりで泳ごう”

海の近く一帯は天国のようだと言っています。

そういう場所は恋する二人にぴったりなのです。

”ノースリーブ着替えた頃に
僕が君を迎えに行くよ
WOW WOW”

ノースリーブで肌を露出した恋人の姿に、トキメイているのかもしれません。

”1 2 3
青空を WOW  連れて来い WOW
もう恋の真っ最中
眩しい(日差し) 木々の(どこか)
セミが鳴いたら
ためらってる時間はないよ
すぐにキスしよう”

夏真っ只中では恋も実ると言っているのでしょうか。

夏は恋を加速させるのです。

なぜなら真っ青な空と眩しい日差しが、降り注いでいるからなのかもしれません。

”君が好きだ!WOW  大好きだ!WOW
この気持ち伝えたい
季節(変わる) 前に(すでに)
首ったけなんだ
僕の負け (Hey Hey Hey)
早送りサレンダー”

サレンダーは降伏をさします。

幸福とかけているのかもしれません。

夏になる前の春でも君に恋をしていると言っています。

早くこの恋を実らせたいけど、夏まではじっくり君との駆け引きを楽しみたいのでしょうか。

それも含めて幸せなのです。

”紫外線ジワリジワリと
何だか強くなって
袖をまくった分だけ肌が焼けるよ
この街を脱出したら
砂浜で見つめていたい
夕暮れがやって来るまで眠ろう”

海にいなくても袖をまくっただけで焼けてしまうのを体感して、海を思い出したのかもしれません。

街じゃなくて海で焼けたいと思ったのではないでしょうか。

するとあの天国のような景色を思い浮かべたのです。

今は海には行けないけれど、街でも見れる美しい景色(夕焼け)で我慢しようと言っている気がします。

”どんな水着 着替えるのかな?
でも誰にも見せたくないよ
WOW WOW”

早く好きな人の前で自分の水着姿を見せたいと言っている気がします。

本当はその前に友達にも見せて評判を聞きたいけれど、はじめに見せるのは好きな人が良いのでしょうか。

”1 2 3
南風 WOW  吹いてくれ WOW
胸の奥 ザワザワと
青い(海に) 白い(波は)
まだ大人しい
考えてる猶予はないぞ
盛り上がろうぜ”

早く夏が来てほしいと、待ち遠しく思っているようです。

春の海はまだ風が穏やかなので、緩(ゆる)やかなのでしょうか。

まだ夏は来ていないけれど、今日も盛り上がりたい気分でいっぱいなのです。

”僕を好きか?WOW  大好きか?WOW
そんなこと聞けないよ
夏が(来れば) きっと(言える)
この先に期待して
準備中 (Hey Hey Hey)
情熱は 誰んだ?”

夏になったら相手の気持ちを聞くために、今はイメージトレーニングをしているのかもしれません。

自分の中に情熱を燃やして夏には爆発させるのです。

告白がうまく行けば、楽しい未来が待っています。

この歌は夏は恋の季節だと言っているようです。

夏になれば、告白できるから早く夏になってほしい。

その後の夏の日を夢みて、ワクワクしているのかもしれません。

MV考察

まだ来ないけれど、恋は絶対にやってくると言っている気がします。

それを待ち遠しく感じているのです。

このMVを見ているとどんな状況でも楽しまなければ損だと思えてきます。

たとえまだ恋が訪れていなくても、毎日をハッピーで生きるべきなのです。

たとえ乗り越えなければいけない高い壁があろうと、一歩一歩は色とりどりに輝いているのではないでしょうか。

恋は叶わなくても追いかけている時はときめいているのです。

歌詞では海に行かなければ、恋を感じられないと言っている気がしました。

しかしこのMVを見ていると海に行かなくても、想像力で街は豊かになると言っている気がします。

その想像力が、やがて街のいたるところを、実際に恋にぴったりの場所に変えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です