『コンフィデンスマンJP』主題歌Official髭男dism「ノーダウト」歌詞の意味(解釈)とは?

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌はOfficial髭男dismの「ノーダウト」です。


Official髭男dismの「ノーダウト」はどのような曲なのでしょうか。

Official髭男dism「ノーダウト」歌詞

作詞:藤原聡
作曲:藤原聡

まるで魔法のように簡単に広まってく噂話
偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない

仕方ない どうしようもない
そう言ってわがまま放題大人たち
どうぞご自由に 嫌ってくれて別にかまわない

Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を oh
誰も ハリボテと 知るよしもない 完璧な
Lie and lie lie and lie そして少しの愛で
Let me show 欲張りの その向こうを

STOP! 偽のウォーアイニー まき散らして暴走してるあなたたち
使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー

怪しい おかしい
それ以外なにも感じられない私
時代の声に 責め立てられる筋合いはない

Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を oh
Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら

早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて
誰に何度裏切られても 目を覚まして 笑って
one more time

Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を oh
誰も ハリボテと 知るよしもない 完璧な
Lie and lie lie and lie そして少しの愛で
Let me show 欲張りの その向こうを

PR

Official髭男dism「ノーダウト」歌詞の意味考察

”まるで魔法のように広まっていく噂話
偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない”

世間では噂話だけがどんどん広まっていきます。

誰も事実を見ようとはしません。

本当か嘘かわからないものでも信じるのです。

”仕方ない どうしようもない
そう言ってわがまま放題大人たち
どうぞご自由に 嫌ってくれて別にかまわない”

大人たちは仕方がない、どうしようもないからと言って、大切なことを全然変えようとしません。

そんな大人たちにはいくら嫌われても全然気にならないのです。

”Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を oh
誰も ハリボテと 知るよしもない 完璧な
Lie and lie lie and lie そして少しの愛で
Let me show 欲張りの その向こうを”

ハリボテとは芝居の道具です。

一見そのように見えるけれど、実際は全然違うものをさすのではないでしょうか。

神様もハマってしまうような大嘘を見せて欲しいと言っています。

誰も事実を見ようとしていないので、みんな嘘には気づきにくいと揶揄しているように思います。

神様もハマるような嘘になら、騙されても仕方がないと言っているのかもしれません。

これは事実を見たほうがいいという意味です。

事実を見ないと後悔するのです。

本当か嘘かわからないような噂ばかり信じていると痛い目にあうと言っているのではないでしょうか。

また嘘をつくような詐欺師も偏見な目で見ると、心がないと思われますが、そこにも愛が隠れている可能性もあると言っているのかもしれません。

つまりあなたが見ているものすべて、もしかしたら偏見かもしれないと言っているようにも聞こえます。

”STOP! 偽のウォーアイニー まき散らして暴走してるあなたたち
使って華麗に浴びるわ9桁のビールシャワー”

嘘ばかりの世の中で、犯罪になっていないだけで、詐欺師と変わらないことを日常的に行なっている普通の人が世界にはたくさんいます。

私はそういう人に人生を狂わされた経験があります。

しかしそういう人たちは今もあなたの上司だったり、部下だったりするわけです。

そういう人を騙してお金を儲けている人がいるのです。

CMも考え方によっては騙していると捉えることはできないでしょうか。

保険なんて、病気にならなかった人からすると、最終的には詐欺だと考えることもできるのです。

9桁のビールシャワーとはとても高い酒のシャワーを浴びると言っている気がします。

9桁なので1億円の酒を浴びているのかもしれません。

あるいは大金持ちになったことを表現しているようです。

嘘ばかりついている人を逆に騙して、大儲けしているという意味なのでしょうか。

”怪しい おかしい
それ以外なにも感じられない私
時代の声に 責め立てられる筋合いはない”

いつも「怪しい」や「おかしい」と言っている自分を嘆いているのでしょうか。

そんなふうに思う必要はないのです。

そんなふうに思う自分を無くしたいのかもしれません。

”Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を oh
Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら”

文明みたいなものに埋もれた人に、野生の自然のかけらを思い出させてあげたいと言っている気がします。

嘘を信じたり、鵜呑みにしたりするのは自然の心を忘れてしまったからだと言っているのではないでしょうか。

”早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて
誰に何度裏切られても 目を覚まして 笑って
one more time”

たとえ騙されて苦しい目にあっても、なんてことはないのです。

またそこから這い上がれば問題はありません。

”Let me show 神様も ハマるほどの 大嘘を oh
誰も ハリボテと 知るよしもない 完璧な
Lie and lie lie and lie そして少しの愛で
Let me show 欲張りの その向こうを”

嘘ばかり信じて騙されてはいけないと言っています。

しかしもし騙されて痛い目にあったとしても、またやり直せるのです。

この歌はいい加減な情報を聞いて、それだけで人や出来事を判断していると、いつか騙されて大損すると言っています。

世間には噂話を信じる人があまりにも多いのです。

そういった世の中に警笛を鳴らしているのかもしれません。

しかしたとえ騙されたとしても、またやり直すことができます。

人生は何度でもやり直せるのです。

そういうことも伝えているのです。

コンフィデンスマンJP

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は見ている人を嘘で騙しまくるドラマです。

時には宿敵にハメられているように見えるけれど、それも嘘なのです。

大どんでん返しで痛快です。

脚本家は『リーガルハイ』シリーズの古沢良太さんです。

古沢さんお馴染みの大どんでん返しが楽しみです。

Official髭男dism

Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)は4人組のピアノPOPバンドです。

とても歌にセンスがあります。

これからの活躍を期待しています。

「ノーダウト」収録のアルバムは4月11日にリリースされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です