MEZZO「雨」歌詞の意味(解釈)とは?

歌詞考察

MEZZOの「雨」がiTunesStoreのランキングで上位にランクインしています。

MEZZOの「雨」はどのような曲なのでしょうか。

MEZZO「雨」歌詞

作詞:Shogo
作曲:Shogo・早川博隆

急に暗い雲が空を覆ってく
天気予報なんてアテにならない
予想なんて出来ないものがある
それは それは 恋の雨

rain of love…
rain of love…

降り出した雨 渇ききってる
心 潤していくよ
突然過ぎた恋のシャワーに為すすべもない

何故 あの日あの時あのベンチで
巡り会えたかなんて
運命以外 表す言葉
僕の中にありはしないよ

Ah こんなにも近くにいても
遠く感じてしまうから
無謀なんて知ってる 頭では分かってる
でも止められない (Can’t stop falling love)

この土砂降りの雨に傘なんて
余計に恋に溺れてくから
一秒だって構わないって 君に会いたくて
全て捨てて駆け出すよ

もう二度と太陽の光さえ
浴びなくていいと思えるほど
強がりだって分かってたって降り続いてる
雨は止むことを忘れてしまったかのようで

心地良ささえ 感じ始めた
雨音に耳を寄せて
君の街にも降っていること 願う夕立

Ah 独り占めしたい思いが
雨を降らせてしまうなら
悪いことと知ってる 罰を受けることさえ
覚悟してる (Love you forever)

雲に溜まる粒に想い馳せて
無数に降り雨に代わるから
愛してるって 伝えてもっと
君の手に触れて 乾くたびに強くなる

いたずらに加速する勢いは
もう僕にも止められないけど
せめて君が眠る頃は
優しくなって 夢の中までも包んで

気の済むまで 降った雨はやがて乾いて
この胸の熱を 上げてはまた降り出す 街中に

この土砂降りの雨に傘なんて
余計に恋に溺れてくから
一秒だって構わないって 君に会いたくて

全て捨てて駆け出すよ
もう二度と太陽の光さえ
浴びなくていいと思えるほど
強がりだって分かってたって降り続いてる
雨は止むことを忘れてしまったかのようで

PR

MEZZO「雨」歌詞の意味考察

”急に暗い雲が空を覆ってく
天気予報なんてアテにならない
予想なんて出来ないものがある
それは それは 恋の雨”

恋の不幸は降ってくると言っています。

昨日までうまくいっていたのに、急に機嫌が悪くなってうまくいかなくなることもあるのです。

そういう恋を嘆いています。

”降り出した雨 渇ききってる
心 潤していくよ
突然過ぎた恋のシャワーに為すすべもない”

そんな不幸には太刀打ちできないのです。

恋に降った雨だけは、なかなか修復できないことが多いのです。

なぜなら相手は同じ人間だからかもしれません。

一度壊れてしまった人の心は、そう簡単に元には戻らないのです。

”何故 あの日あの時あのベンチで
巡り会えたかなんて
運命以外 表す言葉
僕の中にありはしないよ”

君と出会えたことは、奇跡みたいなことだったのだよと言っています。

そうあなたに出会えたことは奇跡だったのです。

なのにそれを奇跡だと思わないように、二人は傷つけ合ってしまうことがあるのです。

もしかすると出会えた奇跡を、もっと大事にするべきなのかもしれません。

”Ah こんなにも近くにいても
遠く感じてしまうから
無謀なんて知ってる 頭では分かってる
でも止められない (Can’t stop falling love)”

恋をすると些細なことでも、相手のことを遠くに感じてしまうことがあるのです。

恋を寄せる相手の些細な行動で心を乱してしまう、自分を不甲斐なく思っているのかもしれません。

”この土砂降りの雨に傘なんて
余計に恋に溺れてくから
一秒だって構わないって 君に会いたくて
全て捨てて駆け出すよ”

たとえ君と喧嘩してしまっても、会いたいという気持ちは消えないから、何でもいいから会いにいってしまうんだと言っているのではないでしょうか。

こういう気持ちこそが恋なのではないかと思います。

”もう二度と太陽の光さえ
浴びなくていいと思えるほど
強がりだって分かってたって降り続いてる
雨は止むことを忘れてしまったかのようで”

ここでの雨とは、もしかすると心を乱している自分の心のことを言っているのかもしれません。

恋をしておかしくなってしまっている自分に気づいているけれど、君への恋心が心地良くて抜け出さなくてもいいと言っているように思います。

”心地良ささえ 感じ始めた
雨音に耳を寄せて
君の街にも降っていること 願う夕立”

この心の乱れは君にも起きていることを願いたいのです。

君もまた自分に恋してくれているととても幸せを感じられるからです。

”Ah 独り占めしたい思いが
雨を降らせてしまうなら
悪いことと知ってる 罰を受けることさえ
覚悟してる (Love you forever)”

君のことを自分だけのものにしたいと思うけれど、そんなことは許されないし面倒なことなのです。

でも恋をするとそう思ってしまうのは当然なのかもしれません。

愛する気持ちが大きいほど、自分だけのものにしたいと思うものです。

しかしそれが気持ち悪いことかもしれないなと、考えてしまうととても辛いのです。

”雲に溜まる粒に想い馳せて
無数に降り雨に代わるから
愛してるって 伝えてもっと
君の手に触れて 乾くたびに強くなる”

君への想いが溢れて、抑えられなくなったらその気持ちを少しでも伝えたいと言っています。

そうでなければ、君への想いをどこに向けていいのかわからなくなるのです。

”いたずらに加速する勢いは
もう僕にも止められないけど
せめて君が眠る頃は
優しくなって 夢の中までも包んで”

愛する人への気持ちは確かなようです。

君を優しさで包みたいと思っているのです。

こういう気持ちが愛なのかもしれません。

好きな人の幸せを望むことはとても素晴らしいことです。

”気の済むまで 降った雨はやがて乾いて
この胸の熱を 上げてはまた降り出す 街中に”

自分に降った恋の病はずっと続くわけではないく、時々降り止むから大丈夫だと言っているのではないでしょうか。

もしかすると恋の雨が止んだ後、実際に雨が降ると言っているのかもしれません。

そう思えたらとてもロマンチックです。

しかしこの部分の歌詞はとても難しいので真意はわかりません。

この歌は恋をするとおかしくなってしまうことを辛いと言った、歌なのではないでしょうか。

しかしそんな状況もずっと続くわけではないから心配しないでいいと言っています。

そして大事なことは恋の相手には幸せになって欲しいと思うことが、愛だということです。

愛する人を決して傷つけることなく、幸せを願うようにしなければならないのです。

MEZZOとは

MEZZOとはアニメ『アイドリッシュセブン』に登場する、四葉環(よつば たまき)と逢坂壮五(おうさか そうご)によるユニットです。

アニメ『アイドリッシュセブン』は元はスマホアプリ「アイドリッシュセブン」の人気から始まったニコ生のアニメです。

今年の1月からTOKYO MX放送され、iTunesのランキングにのるほど人気となったのです。

四葉環と逢坂壮五はアニメに登場するメイングループ”IDOLiSH7”から派生した二人のユニットです。

このアニメはそれぞれに問題を抱えたメンバーが互いに成長していくという話です。

四葉環と逢坂壮五はIDOLiSH7”の中でも特別な結びつきがあった二人なです。