amazarashi「月曜日」歌詞の意味(解釈)とは?

amazarashiの「月曜日」がiTunesランキングでTOP10に入りました。

amazarashiの「月曜日」はどのような曲なのでしょうか。

amazarashi「月曜日」歌詞

作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ

体育倉庫のカビたウレタンの匂い
コートラインは僕らを
明確に区分する

渡り廊下で鳩が死んでた
いつもより余所行きな
教科書の芥川

支柱に縛られた街路樹 まるで見せしめの磔
好きに枝を伸ばしたいのに 同じ制服窮屈そうに
右向け右で左見て 前ならえで列に背を向け
救いなのだその幼さが 君だけは大人にならないで

月曜日、蹴飛ばしたら
ゴミ箱にも嫌われて 転がって潮風に錆びた
息苦しいのは ここが生きる場所ではないから
僕ら地球外生命かもね

好きなこと好きって言うの こんなに難しかったっけ
それならば僕は息を止めて潜るよ
君の胸の内の深さには 遠く遠く及ばないとしても

駅ビルのコンコース 待ちぼうけ
ソフトクリーム溶けた 全音符のクラクション
近寄る度 多くを知る 知らないことは多いと
河川から望む学区外

明日の話はとにかく嫌い 将来の話はもっと嫌い
「儚いから綺麗」とか言った 花火が永遠ならよかった
見えてるものを見えない振り 知ってることを知らない振り
いつの間にそんなに大人びて笑うようになったのさ

月曜日、蹴飛ばしたら
川の水面で水切り 満月を真っ二つ切り裂いた
胸が苦しいのは 互いに思うことが伝わるから
僕ら超能力者かもね

嫌なこと嫌って言うの そんなに自分勝手かな
それならば僕は息を止めて潜るよ
君の胸の内の深さには 遠く遠く及ばないとしても

普通にも当たり前にもなれなかった僕らは
せめて特別な人間になりたかった
特別な人間にもなれなかった僕らは
せめて認め合う人間が必要だった

それが君で おそらく僕で
ゴミ箱にだって あぶれた僕らで
僕にとって君は とっくの昔に
特別になってしまったんだよ

月曜日、蹴飛ばしたら 大気圏で焼け落ちて
僕の胸に空いたクレーター
確かに似た者同士だったけれど
僕ら同じ人間ではないもんな

一番怖いのはさよなら それなら約束しよう
永遠に別れはないと
永遠なんてないと知って誓った
それが愛や友情には 遠く及ばないとしても

PR

amazarashi「月曜日」歌詞の意味考察

”体育倉庫のカビたウレタンの匂い
コートラインは僕らを
明確に区分する”

ウレタンとはクッションの匂いです。

体育倉庫に置かれたマットがカビたにおいかもしれません。

そして僕らはなぜかコートラインで区分されていたのです。

よく考えれば、私たちはあの時なんだったのでしょうか。

そんなことを考えることもできず、私はただ並んでいました。

この人はすごい感受性の持ち主だと思います。

”渡り廊下で鳩が死んでた
いつもより余所行きな
教科書の芥川”

渡り廊下で鳩が死んでいると、表情が変わるはずのない偉人の写真の表情も変わったように見えたと言っています。

これは自分の感情がそうさせているのかもしれません。

”支柱に縛られた街路樹 まるで見せしめの磔(はりつけ)
好きに枝を伸ばしたいのに 同じ制服窮屈そうに
右向け右で左見て 前ならえで列に背を向け
救いなのだその幼さが 君だけは大人にならないで”

学校では校則に縛られます。縛られれば縛られるほど、私たちはそれを破りたくなります。

自由を抑制されると反発したくなるのです。

全て許してみたら、もしかするとハメを外す人は少なくなるのではないでしょうか。

禁じるのは命に関わることだけでいいのかもしれません。

”月曜日、蹴飛ばしたら
ゴミ箱にも嫌われて 転がって潮風に錆びた
息苦しいのは ここが生きる場所ではないから
僕ら地球外生命かもね”

嫌なことがあって、ゴミ箱を蹴ったのかもしれません。

すると思った以上に痛かったのかもしれません。

そしてゴミ箱は転がっていき、かえって面倒なことになったのです。

苛立ちをゴミ箱にぶつけたのに、かえってまたストレスを招いてしまったと言っています。

それに対して、この人はなんて生きずらい世の中だと言っているのです。

”好きなこと好きって言うの こんなに難しかったっけ
それならば僕は息を止めて潜るよ
君の胸の内の深さには 遠く遠く及ばないとしても”

この世の中では好きなことをすることも出来ないのです。

好きなことをしたいのに、その前にまずは自分の身の回りの整備をしなければなりません。

お金を稼がなければ何も出来ないのです。

好きなことは二の次です。

”駅ビルのコンコース 待ちぼうけ
ソフトクリーム溶けた 全音符のクラクション
近寄る度 多くを知る 知らないことは多いと
河川から望む学区外”

コンコースは駅やデパートなどにある広場のことです。

ここで待ち合わせをする人が多いでしょう。

全音符とは音の長さの基準となる音符です。

丸の音符で、それを基準にして音符の長さは小さくなっていきます。

ここではクラクションの音は長いと言っているのではないでしょうか。

大きな音なのに長く煩わしいのです。

前半の4つの言葉が表現しているものはどれも面倒なことばかりです。

日常にある煩わしいことの例です。

そして後半はまだ私たちが見ていない世界のことを言っています。

あの川の向こうはどうなっているのだろうかという探究心を表しています。

”明日の話はとにかく嫌い 将来の話はもっと嫌い
「儚いから綺麗」とか言った 花火が永遠ならよかった
見えてるものを見えない振り 知ってることを知らない振り
いつの間にそんなに大人びて笑うようになったのさ”

希望を持てなくなっているのかもしれません。

しかし花火の美しさは格別なのです。

今の世の中で、見て見ぬ振り、知っているのに知らないふりをする人がたくさんいます。

皆面倒なことには関わりたくないし、触れたくもないのです。

そういう大人になりたくないと作者は言っています。

世の中には解決しなければならないことがたくさんあるのに、大人はいつも目を背けています。

たとえ電車内で何かが起きても、大半の人は無視をするでしょう。

そして誰かが必死で助けを訴えても、多くの大人は見て見ぬ振りをするのです。

”月曜日、蹴飛ばしたら
川の水面で水切り 満月を真っ二つ切り裂いた
胸が苦しいのは 互いに思うことが伝わるから
僕ら超能力者かもね”

辛いことがあって水面を蹴飛ばしたら、写っていた月が真っ二つになったと言っています。

本当に素晴らしい表現です。

そんなことを普通の人は見逃してしまうでしょう。

そして辛い人の顔を見ていると、悲しくなると言っているのではないでしょうか。

この人はその人に何かをしてあげたいのかもしれません。

”嫌なこと嫌って言うの そんなに自分勝手かな
それならば僕は息を止めて潜るよ
君の胸の内の深さには 遠く遠く及ばないとしても”

嫌なことややりたくないことをはっきりということは、そんなにいけないことかなと言っています。

私たちは学校でも社会でも、嫌なことでもやらなければならないのです。

私は働くことなんてやりたくありません。

そうそんなことも言えない世の中なのです。

こんな世の中は本当に正しいのでしょうか。

”普通にも当たり前にもなれなかった僕らは
せめて特別な人間になりたかった
特別な人間にもなれなかった僕らは
せめて認め合う人間が必要だった”

今はどうしようもない日々を過ごしていると言っています。

何者にもなれなくて、不甲斐ない感情を抱いているのです。

そういう時はお互いを認め合うことが必要だと言っています。

”それが君で おそらく僕で
ゴミ箱にだって あぶれた僕らで
僕にとって君は とっくの昔に
特別になってしまったんだよ”

そういう人が君や僕だと言っています。

特別何か秀でた才能などないし、特別なことなどできないけれど、君は僕にとって特別な存在なのです。

僕も君にとって特別な存在でありたいのです。

そうなることが唯一の救いなのかもしれません。

”月曜日、蹴飛ばしたら 大気圏で焼け落ちて
僕の胸に空いたクレーター
確かに似た者同士だったけれど
僕ら同じ人間ではないもんな”

もしかすると君と喧嘩をしてしまったのかもしれません。

それだけでとても苦しいのです。

”一番怖いのはさよなら それなら約束しよう
永遠に別れはないと
永遠なんてないと知って誓った
それが愛や友情には 遠く及ばないとしても”

サヨナラが一番怖いのです。だからもしできるのなら、絶対離れないと約束しようと言っています。

人は孤独でなければ、なんとか困難を乗り越えられるはずです。

そして誰かと一緒ならば、あなたにできないことだってできるのです。

力を合わせれば、世界を変えることだってできるかもしれません。

この人は普通の人にはない感受性を持っている人なのかもしれません。

こういう方は普通の人よりも、この世界を生きづらく思っているかもしれません。

しかしこういう人だからこそかける歌詞なのです。

私たちはこういう人から気づかれることがたくさんあるのです。

今は生きづらく、うまくいかないことばかりかもしれません。

しかし大丈夫です。生きていれば、そう遠くない未来に必ずチャンスが巡ってきます。

その時には絶対にそのチャンスを逃さないようにすべきなのです。

本当にどうしようもないときは私に連絡して下さい。

私が絶対にあなたを救います。

MV考察

日常の風景に言葉が怖いくらいに溢れ出てきています。

本当にこの人生は正しいのか?

そういうことを訴えかけているような動画です。

ジャケットの意味考察

ジャケットにはポロポロ涙を流す人が描かれています。

その目には誰かの存在があるのです。

泣いた人の前にいる他人と一緒になることがその人の幸せに繋がるのです。

amazarashi

amazarashiとは2007年に青森県で結成されたロックバンドです。

ビジュアルは公表していないのか、探してもイラストしか出てきません。

まだ知らない人も多いかもしれませんが、私は一気に引き込まれてしまいました。

これからのご活躍をお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です