東京事変「透明人間」歌詞の意味(解釈)とは?

東京事変の「透明人間」がNONIOのCMで流れています。

東京事変の「透明人間」はどのような曲なのでしょうか。

東京事変「透明人間」歌詞

作詞:椎名林檎
作曲:亀田誠治

僕は透明人間さ きっと透けてしまう
同じ人には判る
噂が走る通りは 息を吸い込め
止めた儘で渡ってゆける

秘密も愉しいけれど直ぐ野晒しになるよ
それを笑わないで

好きなひとやものなら有り過ぎる程有るんだ
鮮やかな色々

あなたが笑ったり飛んだり大きく驚いたとき
透き通る気持ちでちゃんと応えたいのさ

毎日染まる空の短い季節
真っ直ぐに仰いだら夕闇も恐ろしくないよ

僕は透明人間さ もっと透けて居たい
本当はそう願っているだけ

何かを悪いと云うのはとても難しい
僕には簡単じゃないことだよ

一つ一つこの手で触れて確かめたいんだ
鮮やかな色々

あなたが怒ったり泣いたり声すら失ったとき
透き通る気持ちを分けてあげたいのさ

毎日染まる空の短い季節
手を叩いて数えたら もうじきに新しくなるよ

恥ずかしくなったり病んだり咲いたり枯れたりしたら
濁りそうになったんだ

今夜は暮れる空の尊い模様を真っ直ぐに仰いでいる
明日も幸せに思えるさ

またあなたに逢えるのを楽しみに待って
さようなら

PR

東京事変「透明人間」歌詞の意味考察

”僕は透明人間さ きっと透けてしまう
同じ人には判る
噂が走る通りは 息を吸い込め
止めたままで渡ってゆける”

世界は噂だらけだから、透明人間にならなければ生きにくいのかもしれません。

”秘密も愉しいけれど直ぐ野晒しになるよ
それを笑わないで”

どんなに隠してもすぐに明るみに出てしまいます。

”好きなひとやものなら有り過ぎる程有るんだ
鮮やかな色々”

そしてすぐに目移りする世の中なのです。

”あなたが笑ったり飛んだり大きく驚いたとき
透き通る気持ちでちゃんと応えたいのさ”

でも大切な人に特別なことが起きた時は、きちんと応えてあげたいのです。

”毎日染まる空の短い季節
真っ直ぐに仰いだら夕闇も恐ろしくないよ”

夕焼けを真っ直ぐ見たらそのあとの暗闇も怖くないと言っています。

とても怖いものも見方を変えたり、時を変えれば美しく見えるのかもしれません。

あなたにとって嫌な人も、その行動には理由があると言っているのではないでしょうか。

”僕は透明人間さ もっと透けて居たい
本当はそう願っているだけ”

僕は透明人間になって見えなくなりたいと言っています。

”何かを悪いと云うのはとても難しい
僕には簡単じゃないことだよ”

こちらはぜひ批判する人に見てもらいたいです。

何かを批判することは本当はとても難しいことです。

なぜなら様々な可能性や知識を知っておかなければなりません。

そうでなければその批判は勘違いかもしれないのです。

あなたの批判によって、無意味に人を傷つける可能性があるのです。

”一つ一つこの手で触れて確かめたいんだ
鮮やかな色々”

世の中には様々なものがあるけれど、その全てを手に入れることはできません。

しかしもしもできるのであれば、人の意見ではなく実際に触って見てその感想を抱きたいのかもしれません。

”恥ずかしくなったり病んだり咲いたり枯れたりしたら
濁りそうになったんだ”

時に辛いことがあったら、心が濁ることもあると言っています。

”今夜は暮れる空の尊い模様を真っ直ぐに仰いでいる
明日も幸せに思えるさ”

しかし夕焼けを見たら明日への希望も持てるかもしれません。

”またあなたに逢えるのを楽しみに待って
さようなら”

またあなたとの幸せな日々があると願うことができれば、さよならもそんなに寂しいことではないのです。

椎名林檎さんらしい社会風刺的な歌詞となっています。

世間は様々なことに気を払わなければならずとても生きにくいので、透明人間になりたいと言っています。

しかし自分にとって大切にしたい人との時間はちゃんと存在して対応したいのです。

この汚れた社会で綺麗なもの大切なものを大事にしたいと言った、素敵な歌だと思います。

PR

CM考察

口臭を気にする人はとても多いのではないでしょうか。

口臭がして嫌われるのは避けたいことです。

世の中は様々なことを気にしなければなりません。

しかしNONIOを使うと、一つだけ悩みが消えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です