レミオロメン「3月9日」歌詞の意味(解釈)とは?

歌詞考察

レミオロメンの「3月9日」は不朽の名作です。

レミオロメンの「3月9日」はどのような曲なのでしょうか。

レミオロメン「3月9日」歌詞

作詞:藤巻亮太
作曲:藤巻亮太

流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に
私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へとつづきます

溢れ出す光の粒が
少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に
少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい

砂ぼこり運ぶ つむじ風
洗濯物に絡まりますが
昼前の空の白い月は
なんだかきれいで 見とれました

上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて

青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ

この先も 隣で そっと微笑んで

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい

レミオロメン「3月9日」歌詞の意味考察

“流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に
私とあなたで夢を描く”

季節が冬から春になるにつれ、気温が暖かくなり始め、日の長さも長くなりました。

けれど3月は依然と忙しく、そんな忙しい日々の中でもあなたと希望を持てる季節になったのです。

”3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へとつづきます”

3月の穏やかで心地いい風に想いをのせるように、桜の蕾は実っています。

”溢れ出す光の粒が
少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に
少し照れてるあなたの横で”

寒かった朝も次第に暖かくなり、薄手でも外に出ることができる日が増えてきました。

そんな幸せな季節の訪れをあくびをしたあなたで表現しているのかもしれません。

”新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと”

これから花見や新生活といった、人と人との繋がりを感じることが多くなっています。

そんな中自分たちは決して孤独ではないと気づくのです。

”瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい”

本当に一人で孤独を感じた時に、あなたが側に居てくれるんだと感じることができたことがとても幸せだったと言っています。

そしてそんな幸せをあなたにも与えられていればいいと言っています。

”砂ぼこり運ぶ つむじ風
洗濯物に絡まりますが
昼前の空の白い月は
なんだかきれいで 見とれました”

つむじ風とは激しく渦巻状に吹く風をさします。

少し風が強く、洗濯物が暴れてしまうと言っているのではないでしょうか。

しかし暖かくなり、長く空を見れるようになって気づいたのは昼前に見えた白い月だったのかもしれません。

”上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて”

たとえうまくいかないことがあったとしても、空を見上げればそんな悩みがなんてちっぽけなことなんだと思えるでしょうと言っています。

悩んでいることなど、地球規模で考えると本当にちっぽけなことなのです。

”青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ”

羊雲はポツポツと小さな雲が一面に広がっている様子をさします。

自然の美しさに幸せを感じ、未来をともに分かち合うことができればそれはとても幸せだと言っています。

側にいてくれる人と暖かい季節の始まりを感じることができることを、とても幸せに思っているのかもしれません。

”この先も 隣で そっと微笑んで

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい”

離れている時にもあなたの存在を感じられたことで、どれほど強くなれたでしょうと言っています。

私もそんな存在でありたいのです。

この歌で書かれていることは支えるものの例ではないでしょうか。

あなた、暖かさ、桜の蕾、昼前の白い月、青い空、羊雲などそれらはくじけそうになった私の孤独感を緩和してくれるものなのかもしれません。

3月の季節の変わり目で、だんだんと暖かくなり長かった冬の寒さが癒え、それとともに希望が舞い降りてきたのかもしれません。

そんな変化の中で改めて、私も誰かの支えになりたいと思ったのではないでしょうか。

春の訪れとともに、人への感謝と優しさを描いたとても素晴らしい歌です。

MV考察

3月は別れの季節でもあります。

4月にはあまり知らなかった人との生活が始まりました。

しかし次第に気持ちを共有することができ、今ではかけがえのない人へとなったのです。

そういった当たり前に一緒に過ごしていた人たちと、離れ離れになりもう会うことのない人もいるのです。

そんな当たり前がなくなる時の寂しさを描いているような気がします。

3月9日の穏やかな気候はそんな寂しさを緩和するためのものなのかもしれません。

そして新たにスタートする日々は大人への第一歩となる、成長への架け橋なのかもしれません。

堀北真希さんの演技が光ります。