西川貴教「Bright Burning Shout」歌詞の意味(解釈)とは?

西川貴教さんの「Bright Burning Shout」がリリースされました。

西川貴教さんの「Bright Burning Shout」はどのような曲なのでしょうか。

西川貴教「Bright Burning Shout」歌詞

作詞:田淵智也
作曲:神前暁(MONACA)

「役者はいなくなった, once more?」
懲りることなくWho am I? が鈍く誘(いざな)う 慈悲無きendless
名も無き孤独はどうしたって 埋まらないと突き付けられてる 儚いlandscape

誰もが理由を探しては どうしようもないまま 抗う術もないbad trip
さあ今、優劣無く生まれ落ちた願いに価値はあるか?

目覚めろBright Burning Shout 無情すぎる世界でも
声に出したその希望を真実に変えようか
導けBright Burning Shout ほら生きたいと叫んでるから
果てなき空を睨め

It’s you 共に歩けるなら
運命の火はきっと灯る

「ヴェールは暴かれた, once more?」
問いかけだけが冷淡に響いている深層心理のdance hall
重ね続けた記憶の真偽も既に不明瞭なガラクタになりそうだけど

破滅も厭わない復讐と
守りたくて溢れだす怒り choose which
さあ今、信念を貫くため違いを見出せるか?

輝けBright Burning Shout 錆び付かない未来像が
見えなくてもその祈りが背中を押すだろう
信じたらBright Burning Shout まだ生きたいと叫べるから
荒れ狂う進路を辿れ

誰もが理由を探しては どうしようもないまま 抗う術もないbad trip
さあ今、後悔無きその最後(最期)を迎えに行こうか

目覚めろBright Burning Shout 無情すぎる世界でも
声に出したその希望を真実に変えようか

目覚めろBright Burning Shout 無情すぎる世界でも
その祈りが価値を作る 信じてくれないか
突き進めBright Burning Shout まだ生きたいと叫べるから
荒れ狂う進路を辿れ

It’s you 共に辿り着こう
どんな未来が待っていたとしたって
信念の灯はきっと光る

PR

西川貴教「Bright Burning Shout」歌詞の意味考察

”「役者はいなくなった, once more?」
懲りることなくWho am I? が鈍く誘(いざな)う 慈悲無きendless
名も無き孤独はどうしたって 埋まらないと突き付けられてる 儚いlandscape”

landscapeは景色という意味です。

また失敗して、いつも俺は何者だと聞いていると言っています。

この孤独感はどうしても埋まらないのです。

そんな気持ちで見る景色は儚いと言っています。

もしかしたらその時に見た景色は美しかったのかもしれません。

一人で様々なことに挑んで行くけれど、失敗した時に一人では耐えることができないほど孤独なのでしょうか。

”誰もが理由を探しては どうしようもないまま 抗う術もないbad trip
さあ今、優劣無く生まれ落ちた願いに価値はあるか?”

誰もがもがく世界を悪い旅のようだと言っています。

しかし思えば、優劣なく平等に生まれたのだから、生きる意味を求めることに価値はなどないのかもしれないと言っています。

生まれたことが奇跡なのだから、それには意味も理由もないのです。

あとは精一杯生きるだけかもしれません。

”目覚めろBright Burning Shout 無情すぎる世界でも
声に出したその希望を真実に変えようか
導けBright Burning Shout ほら生きたいと叫んでるから
果てなき空を睨め”

「Bright Burning Shout」とは輝く焼けた叫びです。

自分の願望を声にして、絶対に実現させようと思おうといっています。

そう思いながら、未来を見るのです。

”It’s you 共に歩けるなら
運命の火はきっと灯る”

そしてあなたは誰かと一緒ならば、きっと一人よりもうまくいくと言っています。

”「ヴェールは暴かれた, once more?」
問いかけだけが冷淡に響いている深層心理のdance hall
重ね続けた記憶の真偽も既に不明瞭なガラクタになりそうだけど”

世界は嘘か本当かわからないことだらけで、自分のことすら曖昧だと嘆いています。

”破滅も厭わない復讐と
守りたくて溢れだす怒り choose which
さあ今、信念を貫くため違いを見出せるか?”

復讐は破滅を厭わないでするものだと言っています。

そして怒りは守りたいものがあるからだと言っているのです。

その二つのどちらを選ぶのか?と問いかけています。

それは究極の選択なのかもしれません。

”輝けBright Burning Shout 錆び付かない未来像が
見えなくてもその祈りが背中を押すだろう
信じたらBright Burning Shout まだ生きたいと叫べるから
荒れ狂う進路を辿れ”

自分の願望を達成できるよう追い求めようと言っています。

たとえ行き先が荒れ果てているとわかっていても、迎えべきなのかもしれません。

”誰もが理由を探しては どうしようもないまま 抗う術もないbad trip
さあ今、後悔無きその最後(最期)を迎えに行こうか”

もうなんのために生きているのかなんてわからなくても、今回は最後だといつも探し続けようと言っています。

もしかすると今日はもう疲れ果ててしまったかもしれませんが、また一休みしたら活力は湧いてくるかもしれません。

”It’s you 共に辿り着こう
どんな未来が待っていたとしたって
信念の灯はきっと光る”

どんなに苦しい未来が待っていようとも、信念だけは消えることはないと言っています。

この歌はとても深い歌だと思います。

どんなに難しい目標でも、まだやりたいと思う心の叫びがある限り追い求めようと言っているのです。

自分の心の叫びを聞き入れ、その叫びを達成しようというとても素晴らしい歌です。

MV考察

平凡な少女が、命を賭けて戦う戦士の生き様を見て目を見開いています。

少女とは対照的に、その戦士たちの一瞬はとても濃いものなのです。

しかし本当は少女も戦士と同じように濃い日常を送るべきなのです。

その使命に気づいていないだけかもしれません。

タイトルの意味

Bright Burning Shoutとは輝く焼けた叫びという意味ですが、これは心の中にある自分も気づかない声だと思います。

現代の人は自分が本当に何がやりたいかなど、とうの昔に聞かないことにしているのではないでしょうか。

なぜならそんなことは絶対にできないとわかっているからです。

しかしあなたの心の声こそ、あなたが生まれた意味なのかもしれません。

あなたはその声の願望をするために、生まれてきたのかもしれないのです。

そう思うと早いうちにその声を聞き入れ、達成できるよう努力することが専決かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です