小沢健二「ラブリー」歌詞の意味(解釈)とは?

小沢健二さんがMusic Stationで名曲「ラブリー」を披露しました。

小沢健二さんの「ラブリー」はどのような曲なのでしょうか。

小沢健二「ラブリー」歌詞

作詞:小沢健二
作曲:小沢健二

夢で見た彼女と会って FEEL ALRIGHT
誰かのちょっと待ってなんて知らない
LIFE IS A SHOWTIME すぐに分かるのさ
君と僕とは 恋におちなくちゃ
夜が深く長い時を越え

OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす
それで LIFE IS COMIN’BACK 僕らを待つ
OH BABY LOVELY LOVELY こんなすてきなデイズ
いつか誰かと完全な恋におちる
OH BABY LOVELY LOVELY 甘くすてきなデイズ

暖かな手 僕に触れるのさ 君のハートが 僕に分かるのさ
夜が深く長い時を越え OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす

ダイナマイな魅力で FEEL ALRIGHT
お互いにギュッとつかめば IT’S SO TIGHT
LIFE IS A SHOWTIME ベルが鳴るような
こんなスリルが僕らを刺すのさ
夜が深く長い時を越え

OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす
それで LIFE IS COMIN’BACK 僕らを待つ
OH BABY LOVELY LOVELY こんなすてきなデイズ
いつか誰かと完全な恋におちる
OH BABY LOVELY LOVELY 甘くすてきなデイズ

強く僕は感じまくるのさ他の誰かじゃまるでダメなのさ
夜が深く長い時を越え OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす

LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A

LIFE IS A SHOWTIME すぐに分かるのさ
君と僕とは 恋におちなくちゃ
夜が深く長い時を越え

OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす
それで LIFE IS COMIN’ BACK 僕らを待つ
OH BABY LOVELY LOVERY こんなすてきなデイズ
いつか悲しみで胸がいっぱいでも
OH BABY LOVERY LOVERY 続いていくのさデイズ

LIFE IS A SHOWTIME ベルが鳴るような
こんなスリルが 僕らを刺すのさ
夜が深く長い時を越え
OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす

LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A

とても寒い日に 僕ら手を叩き 朝が来る光 分かりあってた!

それで LIFE IS COMIN’ BACK 僕らを待つ
OH BABY LOVERY LOVERY こんなステキなデイズ
世界に向かってハローなんつって手を振る
OH BABY LOVERY LOVERY 気嫌無敵なデイズ
いつか僕ら外に飛び出すよ 君と僕とはドキドキしてるよ
誰かの待つ歩道を歩いてく OH BABY LOVERY LOVERY WAY 息を切らす

Yeah
LIFE IS COMIN’ BACK…

PR

小沢健二「ラブリー」歌詞の意味考察

”夢で見た彼女と会って FEEL ALRIGHT
誰かのちょっと待ってなんて知らない
LIFE IS A SHOWTIME すぐに分かるのさ
君と僕とは 恋におちなくちゃ
夜が深く長い時を越え”

大好きな彼女と会ってとても幸せな気分になっています。

今は誰のことも気に留めてられないのです。

この幸せな気分を満喫したいようです。

”OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす
それで LIFE IS COMIN’BACK 僕らを待つ
OH BABY LOVELY LOVELY こんなすてきなデイズ
いつか誰かと完全な恋におちる
OH BABY LOVELY LOVELY 甘くすてきなデイズ”

好きな人と一緒に暮らすことが、とても幸せなのでしょう。

そして、そんな幸せな日々を僕らは待っているのです。

”暖かな手 僕に触れるのさ 君のハートが 僕に分かるのさ
夜が深く長い時を越え OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす”

君の手が僕に触れるだけで、僕は変わります。

君が触れるだけで君の愛が僕に伝わり、僕の心を変えてしまう力を賞賛しているのかもしれません。

”ダイナマイな魅力で FEEL ALRIGHT
お互いにギュッとつかめば IT’S SO TIGHT
LIFE IS A SHOWTIME ベルが鳴るような
こんなスリルが僕らを刺すのさ
夜が深く長い時を越え”

君と寄り添うだけで夜がこんなに楽しくなると言っています。

それはまるでショータイムのような気分なのです。

”強く僕は感じまくるのさ他の誰かじゃまるでダメなのさ
夜が深く長い時を越え OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす”

君でないとダメなようです。

一緒にいてくれる人は、誰でも良いわけではないと言いたいのではないでしょうか。

”LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A
LOVELY LOVELY WAY, CAN’T YOU SEE THE WAY? IT’S A”

とても愛おしい道だ。こんなに愛おしい道が見えないのか?と聴くひとに訴えています。

君と一緒にいるだけで、いつもは普通に走っている道も愛おしい道になるのではないでしょうか。

”OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす
それで LIFE IS COMIN’ BACK 僕らを待つ
OH BABY LOVELY LOVERY こんなすてきなデイズ
いつか悲しみで胸がいっぱいでも
OH BABY LOVERY LOVERY 続いていくのさデイズ”

君と一緒であれば、悲しみで溢れていても関係ないようです。

本当に君の力は素晴らしいのです。

君が一緒にいるだけで悲しみさえも失せてしまうのですから。

”とても寒い日に 僕ら手を叩き 朝が来る光 分かりあってた!”

とても辛い時でも僕らは手を叩き、一緒に希望を持ったと言っています。

愛する人と一緒ならば、互いに温め合いながら、どんな困難も乗り越えられるのです。

”それで LIFE IS COMIN’ BACK 僕らを待つ
OH BABY LOVERY LOVERY こんなステキなデイズ
世界に向かってハローなんつって手を振る
OH BABY LOVERY LOVERY 気嫌無敵なデイズ
いつか僕ら外に飛び出すよ 君と僕とはドキドキしてるよ
誰かの待つ歩道を歩いてく OH BABY LOVERY LOVERY WAY 息を切らす

Yeah
LIFE IS COMIN’ BACK…”

気嫌無敵は小沢健二さんが作った言葉かもしれません。

僕らはとても幸せだから、一緒に世界へ飛び出て、世界を幸せで包もうと言っているのではないでしょうか。

僕らは怒りとは無縁だから、その力で世界を変えようというのです。

この歌はとても楽しくなる歌です。

聴いているとなんでも忘れられそうな歌です。

大好きな人と一緒にいるだけで日常が楽しくなると、とても陽気に歌った曲なのかもしれません。

「ラブリー」

「ラブリー」は1994年にリリースされた曲です。

30年前に発表された曲ですが、今でも新しさを感じる歌詞が小沢健二さんの才能を物語っています。

一見とても陽気なパーティソングに見えますが、そうではなく愛する人と一緒ならばどんな困難も越えられると伝えているのです。

そしてそんな人がたくさん増えれば、世界は変わるかもしれないと言っているのかもしれません。

MV考察

とても陽気で豪華なパーティで踊っている小沢健二さんですが、それは夢オチだったと最後にわかります。

これは現実ではない歌の世界ですが、このような気分が世界を救うことを願っているとそんなふうに思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です