マイナビCM曲斉藤和義「美空ひばり」歌詞の意味(解釈)とは?

ドラえもんが空飛ぶマイナビのCMで流れている曲は斉藤和義さんの「美空ひばり」です。

斉藤和義さんの「美空ひばり」はどのような曲なのでしょうか。

斉藤和義「美空ひばり」歌詞

一人で行っちゃって 恥ずかしくなって
傘を閉じた途端 雨が降り出した

もっともらしい言葉で誰か教えてよ
そんな横文字じゃなくてさ よくある言葉で

恥かいてベソかいて汗かいていこう
いつも最後にはなんとかしてきただろう

空振りでも土砂降りでも 気にしないでいこう
いつも最後にはどうにかなるさ

(CMで公開されている部分のみの耳コピです)

斉藤和義「美空ひばり」歌詞の意味考察

”一人で行っちゃって 恥ずかしくなって
傘を閉じた途端 雨が降り出した”

空回りしてしまっている状態のようです。

”もっともらしい言葉で誰か教えてよ
そんな横文字じゃなくてさ よくある言葉で”

誰かに簡単な言葉で、注意してもらえるだけでよかったのだと言っています。

”恥かいてベソかいて汗かいていこう
いつも最後にはなんとかしてきただろう”

うまくいかなくても、いつもなんとかしてきたから大丈夫だと言っています。

”空振りでも土砂降りでも 気にしないでいこう
いつも最後にはどうにかなるさ”

この歌を聴いていると、嫌なことがあっても大丈夫じゃないかと思えるようになります。

力まずに肩を下ろしていけば、うまくいくかもしれません。

とても元気になる歌です。

就職活動

就職活動は採用されるか採用されないかは運命なのです。

面接官も担当者も運命の人を探しているのかもしれません。

結局のところ、その人が優秀かどうかではなく、見た目やフィーリングで採用しているケースも多いかもしれません。

ですので、内定が決まらなくても落ち込むことはないのです。

1年やって決まらなくても、1年後に決まる可能性もあるのです。

その運命の会社にたどり着けば、内定は出てくるのです。

美空ひばり

斉藤和義さんの「美空ひばり」は3月14日にリリースされるニューアルバム「Toys Blood Music」の収録曲です。
dヒッツにて先行配信中で、2月14日よりiTunes Storeやレコチョクなどの主要サイトでも配信される予定です。
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です