キッコーマン(本つゆ)CM曲WANIMA「CHARM」歌詞の意味(解釈)とは?

キッコーマン(本つゆ)のCMで使用されている曲はWANIMAの「CHARM」です。

WANIMAの「CHARM」はどのような曲なのでしょうか。

WANIMA「CHARM」歌詞

作詞:KENTA
作曲:WANIMA

憧れぶら下げて走り続けて
心配なんかいらない さよなら ありがとう
フレーフレー 探し続けて
行き先なんか知らない まだ見ぬはじまりを…

いつまでもどこまでも
新しい歌が遠くにいるあなたに届くように
懐かしい歌がいつかまたあなたと歌える世に

昨日のミス 引き摺ったまま 飛び乗った電車
窮屈そうに 人混みに流され 変わらないで
この歌はお守りに

Hey もうすぐ それぞれ選んだ道まじわり
Hey いますぐ 花びら舞い散った

満たされないまま時は流れ
どんな言葉並べても不安定
建前や嘘にも慣れて
偽物が個々に立ってる
山積みの仕事 放り投げ
出逢い別れ すれ違いまたね
まだやれる まだまだやれる
直向きなその姿 未来花咲く ありのままで

Hey もうすぐ それぞれ選んだ道まじわり
はじまり向かう合図 花びら舞い散る頃
逢いたくなるから…

満たされないまま時は流れ
どんな言葉並べても不安定
建前や嘘にも慣れて
偽物が個々に立ってる
山積みの仕事 放り投げ
出逢い別れ すれ違いまたね
まだやれる まだまだやれる
直向きなその姿 未来花咲く ありのままで

変わらない生まれた町は飾らないぬくもりをくれた 何年経っても思い出して
凹んだ心膨らみ出して 支えられていた距離 時間も飛び越えて
振り返る海や星空 繰り返す日々は泡沫
おかえり ただいま 懐かしくなって
あの味忘れず覚えている
雨あがりの空の下で哀しみが綺麗に乾くまで

憧れぶら下げて走り続けて
心配なんかいらない さよなら ありがとう
フレーフレー探し続けて
行き先なんか知らない まだ見ぬはじまりを…

いつまでもどこまでも

WANIMA「CHARM」歌詞の意味考察

”憧れぶら下げて走り続けて
心配なんかいらない さよなら ありがとう
フレーフレー 探し続けて
行き先なんか知らない まだ見ぬはじまりを…”

憧れだけで夢を追う人のことを言っているのではないでしょうか。

まだこの夢は始まったばかりかもしれません。

”いつまでもどこまでも
新しい歌が遠くにいるあなたに届くように
懐かしい歌がいつかまたあなたと歌えるように”

あなたにWANIMAの新しい歌が届くように、そして懐かしい歌が届くようにと言っています。

歌があなたの心を癒すことを願っているのではないでしょうか。

”昨日のミス 引きずったまま 飛び乗った電車
窮屈そうに 人混みに流され 変わらないで
この歌はお守りに”

電車の中でぎゅうぎゅう詰めにされてストレスを感じたとしても、この歌を聞いている時に幸せが溢れるようにと願っています。

”Hey もうすぐ それぞれ選んだ道まじわり
Hey いますぐ 花びら舞い散った”

もうすぐ幸せなことがやってくると言っているのではないでしょうか。

”満たされないまま時は流れ
どんな言葉並べても不安定
建前や嘘にも慣れて
偽物がここに立ってる
山積みの仕事 放り投げ
出逢い別れ すれ違いまたね
まだやれる まだまだやれる
直向きなその姿 未来花咲く ありのままで”

直向き(ひたむき)とは一つの物事だけに心を向けているさまを指します。

どんなことがあっても直向きに頑張れば、未来で輝けると言っています。

だからありのままで生きようと言っているのではないでしょうか。

社会には建前や嘘がたくさんあって、もう慣れたかもしれないけれど、自分まで変わってしまわないでいてほしいと言っているのではないでしょうか。

そんな偽物がたくさんいても、自分だけは直向きに頑張りたいと言っている気がします。

”Hey もうすぐ それぞれ選んだ道まじわり
はじまり向かう合図 花びら舞い散る頃
逢いたくなるから…”

信じられる人は必ずいるから、そういう直向きな人と会って、咲き誇ろうと言っているのではないでしょか。

”変わらない生まれた町は飾らないぬくもりをくれた 何年経っても思い出して
凹んだ心膨らみ出して 支えられていた距離 時間も飛び越えて
振り返る海や星空 繰り返す日々は泡沫
おかえり ただいま 懐かしくなって
あの味忘れず覚えている
雨あがりの空の下で哀しみが綺麗に乾くまで”

泡沫(うたかた)とは水面に浮かぶ泡のこと、はかなく消えやすいもののたとえとして使用されます。

故郷で包まれた愛を、都会で忘れてしまっているかもしれないことを嘆いているのかもしれません。

また、海や星空などの綺麗な景色は、繰り返す日々の中で埋もれてしまいます。

しかしおかえりやただいまのような素敵な瞬間を忘れずに、生きたいと言っています。

悪いことがあっても必ずいいことがやってくるのです。

”憧れぶら下げて走り続けて
心配なんかいらない さよなら ありがとう
フレーフレー探し続けて
行き先なんか知らない まだ見ぬはじまりを…

いつまでもどこまでも”

人生は希望に溢れていると言っています。

1節目の夢の始まりは、人生には希望が溢れているということを伝えたかったのではないでしょうか。

世の中にはインチキなことがたくさんあります。上司だって正しいことを言っているとは限りません。

たとえ、そんな偽物だらけの世の中だとしても、自分は正しいことをやりたいと思いました。

タイトルの意味

「CHARM」とは人を惹きつける魅力のことです。

かわいくて愛嬌のある様を指しているではないでしょうか。

どんなに偽物だらけで、辛いことがあっても直向きに一生懸命やっている人はそれだけで魅力的だという意味だと思います。

この歌はそういった魅力的な人が増えることを願っているのではないでしょうか。

これはあなたに向けられた素敵なメッセージだったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です