三井不動産CM曲トニー・オーランド&ドーン「幸せの黄色いリボン」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

蒼井優さんが出演している三井不動産のCMで使用されている曲はトニー・オーランド&ドーンの「幸せの黄色いリボン」です。

トニー・オーランド&ドーンの「幸せの黄色いリボン」はどのような曲なのでしょうか。

トニー・オーランド&ドーン「幸せの黄色いリボン」歌詞

I’m comin’ home,
I’ve done my time
Now I’ve got to know
what is and isn’t mine

僕は家に帰る途中
刑期を終えたところなんだ
今僕は何が僕のもので
何がそうでないのか
知らなきゃいけない

If you received my letter
telling you I’d soon be free
Then you’ll know just what to do
If you still want me
If you still want me

まもなく自由になれるって
君に告げた僕の手紙を
受け取ってくれたなら
何をすべきか君はわかってるね
君がまだ僕を求めてるのなら
君がまだ僕を好きでいてくれるなら

tie a yellow ribbon
‘round the old oak tree
It’s been three long years
Do ya still want me?
(still want me)

黄色いリボンを
古い樫の木に巻いておいてくれ
3年間は長かったけど
まだ僕を好きでいてくれるのかい?
(僕をまだ求めてくれ)

If I don’t see a ribbon
‘round the old oak tree
I’ll stay on the bus
Forget about us
Put the blame on me
If I don’t see a yellow ribbon
‘round the old oak tree

古い樫の木に
リボンが見つけられなかったら
僕はバスを降りない そして
二人のことはもう忘れるよ
それは僕のせいだから…
古い樫の木に黄色いリボンが
もしも巻かれてなかったらね

Bus driver, please look for me
‘Cause I couldn’t bear
to see what I might see

運転手さん
頼むから僕の代わりに見てよ
これから目に入る光景を
僕は確かめる勇気がない

I’m really still in prison
And my love, she holds the key

釈放こそされたけど
僕はまだ牢屋にいるようなものだ
ああ君がそこから出してくれる
鍵を持ってるんだよ

A simple yellow ribbon’s
what I need to set me free
I wrote and told her please

たった一つの黄色いリボンが
僕を自由にしてくれる
僕はそう書いて
あの子に託したんだ

tie a yellow ribbon
‘round the old oak tree
It’s been three long years
Do ya still want me?
(still want me)

黄色いリボンを
古い樫の木に巻いておいてくれ
3年間は長かったけど
まだ僕を好きでいてくれるかい?
(僕をまだ求めてくれ)

If I don’t see a ribbon
‘round the old oak tree
I’ll stay on the bus
Forget about us
Put the blame on me
If I don’t see a yellow ribbon
‘round the old oak tree

古い樫の木にリボンがなかったら
僕はバスを降りない
二人のことはもう忘れるんだ
すべて僕のせいにして…
古い樫の木に黄色いリボンが
もしも巻かれてなかったら…

Now the whole damned bus is cheerin’
And I can’t believe I see
A hundred yellow ribbons
‘round the ole oak tree

今やバスの中はみんな大騒ぎ
僕も信じられないよ
だって、百もの黄色いリボンが
古い樫の木に巻きつけられていたんだよ

I’m comin’ home, mmm, mmm

今僕は家に帰る途中なのさ…

(Tie a ribbon ‘round the ole oak tree)
(Tie a ribbon ‘round the ole oak tree)
(Tie a ribbon ‘round the ole oak tree)

(黄色いリボンが樫の木に巻きつけられてたよ)

Writer(s) Irwin Levine and L. Russell Brown

Released in 1973
US Billboard Hot100#1(4)
From The Album”Tuneweaving”
PR

トニー・オーランド&ドーン「幸せの黄色いリボン」歌詞の意味考察

”僕は家に帰る途中
刑期を終えたところなんだ
今僕は何が僕のもので
何がそうでないのか
知らなきゃいけない”

刑務所から出てきたから、自分にとって大切なものを整理しなければいけないと言っています。

”まもなく自由になれるって
君に告げた僕の手紙を
受け取ってくれたなら
何をすべきか君はわかってるね
君がまだ僕を求めてるのなら
君がまだ僕を好きでいてくれるなら”

君が僕をまだ好きでいてくれているか気になっています。

”黄色いリボンを
古い樫の木に巻いておいてくれ
3年間は長かったけど
まだ僕を好きでいてくれるのかい?
(僕をまだ求めてくれ)”

自分のことを忘れていても、悔やまないと言っているのかもしれません。

”古い樫の木に
リボンが見つけられなかったら
僕はバスを降りない そして
二人のことはもう忘れるよ
それは僕のせいだから…
古い樫の木に黄色いリボンが
もしも巻かれてなかったらね”

もしも黄色いリボンが巻きつけられていなかったら、諦める準備はできていると言っているのです。

”釈放こそされたけど
僕はまだ牢屋にいるようなものだ
ああ君がそこから出してくれる
鍵を持ってるんだよ”

刑務所からは釈放されたけれど、君が僕を待ってくれていなければそれは刑務所の中と同じだと言っています。

この歌詞がとても素晴らしいです。

”たった一つの黄色いリボンが
僕を自由にしてくれる
僕はそう書いて
あの子に託したんだ”

彼にとってはそのリボンがとても重要なものなのです。

それによって今後の人生が大きく変わるからです。

”今やバスの中はみんな大騒ぎ
僕も信じられないよ
だって、百もの黄色いリボンが
古い樫の木に巻きつけられていたんだよ”

とても感動の場面です。

”今僕は家に帰る途中なのさ…”

余韻に浸っています。

この歌詞はとても素晴らしい歌詞です。

人生には奇跡が起きるということと愛は永遠だということ、そして愛が人を救うことを表現しているのです。

このような物語を思いつくこともすごいですし、こんなに感動的な歌詞にすることもすごいことだと思います。

これは永遠の名曲なのかもしれません。

 CM考察

CMでは愛が永遠であることが表現されています。

三井不動産はそんな愛に溢れた暮らしを提供したいのかもしれません。

このCMでは素敵なことが語られています。

ご高齢のロッククライマー・マリーさんは高所恐怖症にも関わらず、クライミングをしています。

彼女は「恐怖をなくせば、自分の限界はもっと拡がる」と言っています。

恐怖を取り去れば新しいことができるかもしれないというのです。

”弱点は強くなるチャンスなのかもしれない”という蒼井優さんの言葉が響きます。

One thought on “三井不動産CM曲トニー・オーランド&ドーン「幸せの黄色いリボン」歌詞(和訳)の意味(解釈)とは?

  1. 泣けてきました。
    曲から入ったのですが(楽しくていいなと思い)
    歌詞の内容を知って驚き、感動しました。
    たった3分~4分で2時間の映画以上の感動を与えてくれる
    歌って素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です