アサヒスーパードライCM曲福山雅治「桜坂」歌詞の意味(解釈)とは?

商品紹介

アサヒスーパードライのCM「桜のスーパードライ」篇 で流れている曲は福山雅治さんの名曲「桜坂」です。

福山雅治さんの名曲「桜坂」はどのような曲だったのでしょうか。

福山雅治「桜坂」歌詞

作詞:福山雅治
作曲:福山雅治

君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ
愛は今も愛のままで

揺れる木漏れ日薫る桜坂
悲しみに似た薄紅色

君がいた恋をしていた
君じゃなきゃダメなのに
ひとつになれず

愛と知っていたのに
春はやってくるのに
夢は今も夢のままで

頬にくちづけ染まる桜坂
抱きしめたい気持ちでいっぱいだった

この街でずっとふたりで
無邪気すぎた約束
涙に変わる

愛と知っていたのに
花はそっと咲くのに
君は今も君のままで

逢えないけど
季節は変わるけど
愛しき人

君だけがわかってくれた
憧れを追いかけて
僕は生きるよ

愛と知っていたのに
春はやってくるのに
夢は今も夢のままで

君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ
愛は今も愛のままで

福山雅治「桜坂」歌詞の意味考察

”君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ
愛は今も愛のままで”

君への愛が今も変わらないことを風を感じながら思い返しています。

”揺れる木漏れ日薫る桜坂
悲しみに似た薄紅色”

桜の木が揺れて木漏れ日が点滅しています。

そこから覗く桜の色は悲しみに似ていると言っているのです。

何か悲しいことがあったのかもしれません。

”君がいた恋をしていた
君じゃなきゃダメなのに
ひとつになれず”

君と一緒になりたいのに一つになれないと言っています。

”愛と知っていたのに
春はやってくるのに
夢は今も夢のままで”

愛を知っているのに、春はもうすぐやってくるのに、まだ私の夢は夢のままだと言っています。

もう直ぐ華やかなことが起きそうなのに、私の夢はまだまだ夢のようです。と嘆いているのです。

”頬にくちづけ染まる桜坂
抱きしめたい気持ちでいっぱいだった”

頬にキスしたらその辺りが桜色に染まったと言っています。

私はあなたを抱きしめたかったとも言っています。

”この街でずっとふたりで
無邪気すぎた約束
涙に変わる”

ずっと一緒にいれると思っていたのに、それは叶わなかったのかもしれません。

”愛と知っていたのに
花はそっと咲くのに
君は今も君のままで”

君への切ない思いを歌っています。

花は咲いているのに、世間は愛でたいのに私は悲しいのです。

”逢えないけど
季節は変わるけど
愛しき人”

逢えないまま季節は変わっていくけれど、愛しい人のことをずっと思っていると言っているのではないでしょうか。

”君だけがわかってくれた
憧れを追いかけて
僕は生きるよ”

この歌は付き合っていたけれど失恋してしまった人の心情を描いています。

たとえ離れてしまっても君の幸せを願っていると言っているのです。

その心は華やかな桜の木が教えてくれたのかもしれません。

しかし桜の華やかさはその人の心にはとても厳しく感じられるのです。

スーパードライ

あの名曲を背負ってスーパードライのパッケージが様変わりしました。

皆様の宴がこの歌で少し哀愁を漂うことを願っています。

PR