アンナチュラル主題歌米津玄師「Lemon」歌詞の意味(解釈)とは?

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌は米津玄師さんの「Lemon」です。


米津玄師さんの「Lemon」はどのような歌なのでしょうか。

米津玄師「Lemon」歌詞

作詞:米津玄師
作曲:米津玄師

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ

何をしていたの 何を見ていたの
わたしの知らない横顔で

どこかであなたが今 わたしと同じ様な
涙にくれ 淋しさの中にいるなら
わたしのことなどどうか 忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光

自分が思うより
恋をしていたあなたに
あれから思うように
息ができない
あんなに側にいたのに
まるで嘘みたい
とても忘れられない
それだけが確か

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光

PR

米津玄師「Lemon」歌詞の意味考察

”夢ならばどれほど良かったでしょう
未だにあなたのことを夢に見る”

あなたとの思い出を忘れたいと思っているのではないでしょうか。

”忘れたものを取りに帰るように 古びた想い出の埃を払う
戻らない幸せがあることを 最後にあなたが教えてくれた”

忘れてしまったものは記憶を辿れば思い出すことができますが、思い出しても戻らないものがあるとあなたが教えてくれたと言っています。

思い出を思い出すことはできるけれど、あなた自身は戻らないと言っているのです。

”言えずに隠してた昏い過去もあなたがいなきゃ永遠に昏いまま
きっとこれ以上傷つくことなどありはしないとわかっている”

昏いとは不幸なこと指しているのではないでしょうか。

ずっと言えないで隠していた昏い過去も、それを言えるほどの愛する人がいないとずっと昏いままだと言っています。

これ以上傷つくことがないと思えるほどの、辛いことを経験したのでしょう。

もしも辛い過去を言えるほどの愛する人に出会えたら、その暗かった過去は癒えると言っているのかもしれません。

”あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
その全てを愛してたあなたと共に
胸に残り離れない苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光”

悲しさや苦しさはあなたへの想いとして残っているけれど、そんな辛い思い出でも私の光だと言っています。

まだ忘れられないあなたへの想いを綴っているのです。

”暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えてる
受け止めきれないものと出会う度
溢れて止まないのは涙だけ”

小さな頃、お母さんの背中をよく見ていました。

料理を作るお母さん、掃除をするお母さんの姿をずっと見ていたから、今でもお母さんの背中を手で書くことができるのです。

受け止めきれない時に出てくるのは涙だけだと言っています。

悲しみをとても生々しく表現しています。

”何をしていたの 何を見ていたの
私の知らない横顔で
どこかであなたが今 私と同じような
涙に暮れ寂しさの中にいるなら
私のことなどどうか忘れてください
そんなこと心から願うほどに
今でもあなたの光

今は死んでしまったお母さんはどうして死ななければならなかったのか。

私に見せる母の顔。そして私には見せない母の顔があったのです。

あなたは私の知らないところで何をしていたの?と今はもう聞けないあなたへの思いを描いています。

ありもしないことですが、もしもあなたが今でも私を想って泣いているのであれば忘れて欲しいと言っています。

そのように心配するほど、まだまだあなたのことを好きなのです。

”自分が思うより
恋をしていたあなたに
あれから思うように
息ができない
あんなに側にいたのに
まるで嘘みたい
とても忘れられない
それだけが確か”

あなたのことを愛していたのに離れ離れになってから、息ができないほど苦しいと言っています。

あなたとあんなに近くにいたのに、今は一切会うことができないのです。

それが悲しくてその悲しさだけが残っているのです。

本当に辛い心情だと思います。

まだ会うことができた日々が楽しければ楽しいほど、あなたに会えない時の悲しさは苦しいのです。

”あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光”

雨が降り止むまでは帰れないと言っています。

全ての悲しみが通り過ぎるまで、歩き出すことすらできないのです。

私はもしかすると永遠に幸せになれないのかもしれません。

あなたはもともと同じ個体だった片割れのようだと表現しています。

やはりこれは母と娘の話なのかもしれません。

米津さんのメロディと言葉はとても心に入ってくるので、より一層悲しさが伝わってきます。

この歌は愛する母親との死別を描いた曲なのかもしれません。

ドラマ「アンナチュラル」の主人公・ミコトはお母さんに睡眠薬を飲むよう言われ、無理心中をさせられます。

しかしミコトだけその睡眠薬を飲むことができず、練炭から離れた部屋で眠ったのです。

それが原因でミコトのみ一家四人無理心中から生き残りました。

どんなに母親を憎んでいたとしても、あなたとの思い出は私にとっての光なのです。

だからもしも私のことを心配して泣いているのなら、どうか私のことを忘れて下さいと願っています。

lemonの意味

レモンの香りはいつまで経っても取れません。

夕飯を作る際に絞ったレモン、唐揚げにかけるために絞ったレモン。

その匂いはいつまでも手についてはなれないのです。

この歌詞で使われている苦いレモンの匂いは、どんなレモンよりも長く手に残っているのかもしれません。

これはミコトが母親からもらった愛の匂いを表現しているのではないでしょうか。

どんなに苦い思い出もレモンの匂いのようにいつまでもミコトについてはなれないのだと思います。

MV考察

はじめはMVが伝えたいことが全くわかりません。

なぜ16:9の画角ではなく、4:3なのでしょうか。

米津さんたちがいる場所はどこなのでしょうか。

4:3は古いことを表現しているように思います。

古いということはずっと変わらないということかもしれません。

やはり、この歌は過去に囚われている人の歌なのでしょう。

そして後半に懺悔している人がいるので、この場所が教会であることがわかります。

米津さんを含め、出演者は皆懺悔をしているのです。

やはり、この人たちも過去の出来事に囚われているのかもしれません。

やがて懺悔した人たちは、究極の後悔を表現しダンスする女性を取り囲みます。

その女性はとても深々と腰を曲げて嘆いたりしています。

後半ではその教会に光が差し込んできます。

そしてダンスも希望に満ちたものに変わっていくのです。

懺悔した人々もそれと同時に過去から解放されていきます。

収録内容

「Lemon」は3月14日にリリースされました。

「レモン盤」「映像盤」「通常盤」の3形態で発売されます。

ジャケットは今作も、米津玄師の描き下ろしイラストだそうです。

収録内容は「Lemon」の他にもう2曲収録されています。

また新しい曲が聴ける日が来るのかもしれません。

さらにこちらのCDには「映像盤(初回限定)」があり、米津玄師さんの「2018 LIVE / Fogbound 1月10日 日本武道館公演の「砂の惑星」「春雷」「LOSER」などの映像が収録されています。

こちらの映像もとても楽しみです。

21 thoughts on “アンナチュラル主題歌米津玄師「Lemon」歌詞の意味(解釈)とは?

  1. これは母親が子供を亡くした歌ではないでしょうか…暗闇で背中をなぞって思い出すのは寝かしつけるとき。子供が自分より先に逝くこと以上この世に怖いことはないです。

    1. そうでしたか。

      コメントありがとうございます。

      とても参考になります。

      おそらくとても大切な方を亡くされたのではないでしょうか。

    2. ずっと側にいるはずだと信じて疑わなかった息子を、突然失ったばかりです。何も言わずに去ってしまいました。
      今日、その子の姉がLEMONを聞かせてくれました。おそらくこの歌詞を私に聴かせたかったのだと思います。
      いろいろな解釈ができると思いますが、今の私の想いを代弁しているかのようなLEMONの歌詞とメロディーに、涙がとまりません。
      レモンの俗語…欠陥品。

      1. 私も娘を天国に見送った経験があるので、歌詞を聴いて涙が止まりません。メロディも声も凄く心に染み渡りますね。これ以上の悲しみはないけれど、それでも、娘がかすかな光で導いてくれているそんな風に思えます。

  2. 「暗闇であなたの背をなぞった」
    これは向かい合って抱き合っている、つまり性行為を表しているのでは?
    私の解釈だと、この歌詞の人物は年配の方で
    若い頃に大恋愛をしたのでしょうが、不本意ながら別れざるをえない事になってしまった。
    この世の誰よりも愛していた人との別たことで「きっとこれ以上傷つくことなどありはしないとわかっている」。
    亡くなった方への歌ではなく、思い出の中に居る(別々の人生を歩むことになった)想い人への歌ではないでしょうか?

  3. レモンの俗語を調べると、米津さんの才に鳥肌が立ちます。
    いろいろある解釈の中で、あなたのが一番共感します。

  4. この作品を初めて聴いた時、遊園地のコーヒーカップに二人で向かい合わせに乗っているような感覚におちいりました。遠心力をすごく感じました。そして歌詞に気をかけたとき愕然としました。
    自分の死。でもそれは愛する人の死と鏡合わせ。
    悲しいほど昇華されています。

  5. 主題歌にもなっているアンナチュラルというドラマに出てくる中堂さんという人の心情を描いているのだと思いました。
    実際ドラマを見ているとすごくリンクするところがたくさんあります。
    中堂さんは愛していた恋人が突然何者かに殺されてその死因がまだ解明されないままで。

    “戻らない幸せがあることを最後にあなたが教えてくれた”という歌詞のところも突然いなくなった恋人のことを言っているのだと思います。

    “あれから思うように息ができない”
    “あんなに側にいたのにまるで嘘みたい”
    というところも突然恋人がいなくなったことをまだ受け止めきれていない中堂さんの想いそのものだと感じました。

    1. 私もあおいさんと同じ意見です。
      “暗闇であなたの背をなぞった その輪郭を鮮明に覚えている”
      “受け止めきれないものと出会うたび 溢れてやまないのは涙だけ”
      この部分は愛する人を解剖しなければいけないシーンにリンクすると思いました。
      切ない歌ですが、とてもいい歌だと思います。
      アンナチュラルもいいドラマですよね。

  6. この歌は聴く人の経験や状態によってどの様にも捉えられるような気がします。
    恋愛からの別れでも、相手のひと時の過ちが許せなかった、2人の境遇が結ばれることを許してもらえなかった、事故や病気による別れ。
    家族との急な別れでも親でも子供でも歌詞がしみいるように入ってきます。

  7. 私も同感です。
    ドラマの主題歌として作ったとの話なので、ドラマの中だとすれば中堂さんの心情がしっくり来ると個人的に感じました。

    それと”暗闇であなたの背をなぞった”
    からの2番となる部分は、中堂さんがモデルだとすれば、中堂さんの彼女の心情も有り得るような気がしていました。
    ”わたしのことなどどうか 忘れてください”
    との言葉は本来は生きている人に向けて伝える言葉。
    殺されてしまった彼女が自分の為に復讐をしようとしている中堂さんを止めたいと思い、自分の事を忘れて新しい人生を歩んで欲しいと思っているのかな…とも解釈出来る気がしました。

    そしてドラマをみている限り、自分が思うより彼女に恋をしていたのは中堂さんだと思うし…

    ミコトにもあてはまるかな?と思いますが、個人的にはドラマをみていると中堂さんの為の歌にしか聴こえません。
    ドラマの最終回、この曲が流れてきたら絶対泣くと思います…

  8. どこかで米津さん本人がおっしゃっていましたが
    この曲の制作期間にお爺様がお亡くなりになり、
    ただただ悲しいというきもちを歌にしたらこうなった。とのことでしたので
    母親ではなくお爺様との曲だと思います。

    私も最愛の祖父を亡くしましたがこの曲を聴いて
    今だけはちゃんと悲しんでもいいのかな、という気持ちになりました。
    とってもいい曲ですよね。

  9. MVを見る限りでは、恋人が亡くなった思いを歌っていると思います。
    映像で踊っている女性は妄想で、周りの人には見えておらず、途中と最後で消えています。
    場所はアメリカ映画でよくある傷ついた人たちの集団カウンセリングですね。米津さんは踊っている女性のハイヒールを履いており、彼女を思っていることを表現していると思います。
    最後女性が消えた後白い花が残っています。

  10. それぞれ大切な人を亡くすと同じ気持ちになりますよね…
    米津さんはお爺様に向けて、アンナチュラルでは中堂さんは恋人に向けて、ミコトさんはお母さんに向けて…
    それぞれの思いがあるでしょう。
    私は中堂さんの気持ちだと捉えたので、ドラマ最終回が本当に見逃せません…
    本当に深い曲です。米津さん大好き。

  11. 昨年最愛の人を亡くし、息が出来ないほど空っぽだった私はこの曲に出逢い大泣きしました。
    哀しくて辛くて、現実を見るのが嫌で思い出すのも怖くなって何も考えない様にしていた自分に、死を受け入れ1歩踏み出す勇気をくれた曲です。

    アンナチュラルの主題歌だと聞き、ドラマも全て見て自分にリンクした意味も知りました。
    歌詞については1番目はミコトの家族への愛、恋人に話せなかった事による暗いままの過去について、
    2番目は中堂さんの恋人への想い、亡くなってはいるがもしゆきこさんが同じ哀しみを感じる位ならば、自分(中堂さん)の事を忘れてくれていい。俺だけが覚えているだけで,,,っていう見返りのない無限の愛情表現、
    最後はミコトと中堂さんがそれぞれの相手を永遠に愛しているという共通の感情表現だったののかな,,,と勝手に解釈しました。
    Lemon,,,永遠の愛ですね,,,

  12. 自分は1番の歌詞はのこされた者が死んだ愛する者を想っており、2番の歌詞は死んだ者が愛するのこされた者に対しての想いを描いたものだと思ってた。
    この曲は中堂さんとミコトとどちらにも当てはまるように思います。
    ドラマのどの回にも曲とstoryが見事なまでにピタッと当てはまっており、さすがは米津玄師だと思いました。
    登場人物の誰に向けてでもない、誰にでも当てはまる心動かす曲だと思います。

  13. 「言えずに隠してた暗い過去もあなたがいなきゃ永遠に暗いまま」と「きっともうこれ以上傷つくことなどないと分かっている」は繋げないほうがよいかと。前者は、抱えている過去の色々な闇でもあなたがいたから何とか抑えることが出来ていたという意味。後者は、もうあなたがいなくなったということ以上にショッキングなことはないと分かっているけど、それでもこの悲しみが終わらないかのように辛い思いが消えないという意味。

    そして全体的には、恋人を亡くした悲しみの歌ですね。暗闇であなたの背をなぞったというのも、性行為でしょう。もちろんここは聞く人がそれぞれ自分と重ね合わせることで特別なものを感じるものです。しかし基本的には恋人との死別の歌でしょう。

  14. 1番のサビは、恋人が生きていた頃にあった悲しい出来事、苦しい出来事さえも今となっては愛しい思い出。つらい思い出もあなたとの思い出だから大切だという意味でしょう。

    2番のサビは、あなたが寂しさの中で泣いている姿を見るくらいなら私のことを忘れてくれた方がマシ。もちろん私のことは忘れて欲しくないけれど、あなたが悲しむくらいなら私を忘れてほしいと願ってしまうほどにあなたを大切に思っているということでしょう。2番はもしかしたら亡くなった恋人目線の歌詞かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です