青柳翔「Snow!」歌詞の意味(解釈)とは?

劇団EXILEの鈴木伸之さんが出演していた洋服の青山のCM「街中」篇で流れていた曲は劇団EXILEの青柳翔さんの「Snow!」です。

青柳翔さんの「Snow!」はどのような歌なのでしょうか。

青柳翔「Snow!」歌詞

作詞:小竹正人
作曲:金民智

「またね、きっと明日ね」約束いながら手を解く
人込み消えてく君が たまらなく好きで…
吐く息が白い 近頃急に寒くなったね
だけどそう 君の笑顔の残像(なごり) 僕の胸を 暖かくさせてくれる

Snow! 雪が降ってきたよ
君の元へと 走り寄って
コートの内側(なか) すっぽりと包んで
動けないくらい 強く抱いてあげたい

今日の雪が君だと 空想しながら見上げたら
思わず嬉しくなった 眩しいほど綺麗
多分幾つもの 悲しみ越えて やっと僕ら
出逢った だから揺るぐわけがない ずっとずっと 離れられるわけがない

Snow! 君が降ってきたよ
真冬の空に 僕の空に
色が変わる この街二人で
歩いていく 未来描きながらさ
ホントに君は 簡単に僕を幸せにするね

Snow! 雪が降ってきたよ
君の元へと 走り寄って
コートの内側(なか) すっぽりと包んで
動けないくらい 強く抱きたい
Snow! 君が降ってきたよ
真冬の空に 僕の空に
色が変わる この街二人で
歩いて行く未来描きながらさ

PR

青柳翔「Snow!」歌詞の意味考察

”「またね、きっと明日ね」約束いながら手を解く
人込み消えてく君が たまらなく好きで…
吐く息が白い 近頃急に寒くなったね
だけどそう 君の笑顔の残像(なごり) 僕の胸を 暖かくさせてくれる”

君のことが好きだから、冬になり寒くなってきたけれど、胸は暖かいと言っています。

別れても人混みへ消えていくのを見送るほど、好きな君を想っている事を表現しています。

”Snow! 雪が降ってきたよ
君の元へと 走り寄って
コートの内側(なか) すっぽりと包んで
動けないくらい 強く抱いてあげたい”

雪が降るほど寒いから君の元へ駆け寄って、コートの中で温めてあげたいと言っています。

”今日の雪が君だと 空想しながら見上げたら
思わず嬉しくなった 眩しいほど綺麗
多分幾つもの 悲しみ越えて やっと僕ら
出逢った だから揺るぐわけがない ずっとずっと 離れられるわけがない”

雪を君だと思うほど愛しているから。絶対離さないと言っているのです。

”Snow! 君が降ってきたよ
真冬の空に 僕の空に
色が変わる この街二人で
歩いていく 未来描きながらさ
ホントに君は 簡単に僕を幸せにするね”

雪を君にたとえています。君が僕に降ってきたと言っています。

寒い冬に君が降ってきた事で暖かくなったのでしょうか。また君が降ってきたから、街の色が変わったとも言っています。

これは君と出会えたから街の色まで変わって見えるという意味でしょう。

君は僕を簡単に幸せにするとも言っています。

”Snow! 雪が降ってきたよ
君の元へと 走り寄って
コートの内側(なか) すっぽりと包んで
動けないくらい 強く抱きたい
Snow! 君が降ってきたよ
真冬の空に 僕の空に
色が変わる この街二人で
歩いて行く未来描きながらさ”

これからは君と一緒に未来を描きたい、という思いが込められています。
君への気持ちを美しく表現した素敵な歌詞です。

青柳翔とは

青柳翔さんは劇団EXILEのメンバーです。

俳優として、ドラマ「明日の約束」や映画「たたら侍」に出演されています。

2016年には1stシングル「泣いたロザリオ」を発売し、俳優業と並行して歌手活動をスタートさせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です