【歌詞考察】西野カナ「手をつなぐ理由」の歌詞の意味とは?

西野カナ

西野カナさんの「手をつなぐ理由」が日本レコード大賞にノミネートされましたが受賞は逃しました。

「手をつなぐ理由」はどのようなことを歌った曲なのでしょうか。

西野カナ「手をつなぐ理由」歌詞

作詞:Kana Nishino/Katsuhiko Yamamoto
作曲:Katsuhiko Yamamoto

恋をしてると 恋をしていると
なぜか身体が心で温もる
もし今君が記憶を失っても
大切な想いだけは消えないでいるよ

つないだ手の温もりはまだここにある
大丈夫 忘れない
いくつ歳を重ねても

恋をしてると 恋をしていると
なぜか身体が心で温もる
いつかふたりが凍えそうな時は
結んだ糸を強く引いてみて

大好きだよ 大好きだよ
今の気持ちが消えてしまわないように
手をつなぐの

時には傷ついたり
もう嫌いになってみたり
なぜだろうね
心と心が
強くひかれ合うほど

恋をしてると 恋をしていると
何度も何度も君を好きになるの
いつかふたりが凍えそうな時は
結んだ糸を強く引いてみて

大好きだよ 大好きだよ
今の気持ちが消えてしまわないように
手をつなぐの

もし今君が記憶を失っても
大切な想いだけは消えないでいるよ

西野カナ「手をつなぐ理由」歌詞の意味考察

“恋をしてると 恋をしていると
なぜか身体が心で温もる”

恋をしている人の心情を素敵な言葉で表現しています。身体が心で温まるという表現はとても素晴らしい表現です。

”もし今君が記憶を失っても
大切な想いだけは消えないでいるよ”

もし記憶を失っても想いだけは消えないと言えるほど、愛しているのかもしれません。

”つないだ手の温もりはまだここにある
大丈夫 忘れない
いくつ歳を重ねても”

君の愛を何歳になっても忘れないと言っています。

”恋をしてると 恋をしていると
なぜか身体が心で温もる
いつかふたりが凍えそうな時は
結んだ糸を強く引いてみて”

もし関係が冷えてしまってもお互いを引きあえばまた心が暖かくなると言っています。

”大好きだよ 大好きだよ
今の気持ちが消えてしまわないように
手をつなぐの”

大好きだという気持ちが消えないように手をつなぐと言っています。

まとめ

手をつなぐ理由は好きな気持ちが消えないようにするためだと言っています。

手をつなぐと心が身体を温めるとも言っています。

また、ケンカしたりして離れていてもお互いを引き寄せるためでもあると言っているのかもしれません。手をつなぐ理由を説いた美しい恋の歌となっています。